事務代行リルデイジーはオンラインでアシスタントが業務を代行し、人手不足を解消するサービスです

【コスト削減】総務業務を事務代行に任せて、賢くリソースを活用!

総務部門は、会社の縁の下の力持ち的存在。社内の様々な部署をつなぎ、業務が円滑に回るようにサポートしています。でも、その重要な役割を担う総務業務には、実は思いのほか多くの時間と労力が費やされているのをご存知でしょうか。

総務の仕事は本当に幅広いんです。社内ルールの整備、勤怠管理、福利厚生の手続き、社内イベントの企画・運営など、やることリストは結構長いんですよ。しかも、それぞれの業務に専門的な知識も必要とされるから、簡単にこなせるものではありません。こうした業務を社内で回すためには、しっかりとした人材の確保と教育が欠かせません。さらに、業務に必要な設備や機材の導入・維持にもお金がかかります。

でも、ここで一つ考えてみてください。総務業務に過度に時間と労力を割いてしまうと、本来注力すべき会社の中核事業に集中できなくなるリスクがあるんです。限られた経営リソースを、より戦略的に配分することが求められる中、総務業務の効率化とコスト削減は喫緊の課題だと言えるでしょう。

そこで注目されているのが、事務代行サービスの活用。総務業務のプロフェッショナルである事務代行サービスに業務を任せることで、社内リソースの最適化と、大幅なコスト削減を実現することができるんですよ。うまく事務代行を活用することが、会社の成長を加速させる鍵になるかもしれません。

本記事では、総務業務にかかるコストの現状を分析し、事務代行サービスを活用したコスト削減の方法について詳しく解説していきます。総務業務の効率化とコスト最適化を実現するヒントが、きっと見つかるはずですよ。

事務代行・バックオフィス代行は
女性オンラインアシスタントのリルデイジーへ

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

専属ディレクターによる
業務分析と対応

各企業に専属のディレクターがつき、業務内容を詳しくヒアリング。最適な業務フローを設計し、適切なスタッフをアサインします。

女性スタッフによる
きめ細やかなサポート

リルデイジーのスタッフは全員が女性。女性ならではの細やかな心配りと柔軟なコミュニケーションで、クライアントのニーズに的確に対応。

総勢200人のスタッフによる
安定したサービス提供

フリーランスのクラウドソーシングと違い多数のスタッフが常駐。途中で業務を投げ出されるリスクがありません。

総務業務にかかるコストの現状

総務部門は会社にとってなくてはならない存在ですが、そこにかかるコストは意外と馬鹿にならないんです。総務業務に関連する主なコストとしては、以下のようなものが挙げられます。

  1. 人件費
    総務の仕事を社内でこなすためには、専門知識を持った人材の確保が不可欠。総務スタッフの採用や教育にかかる費用、また、その人件費は、会社にとって大きな負担となります。特に、経験豊富な総務スタッフを確保するためには、高い報酬が必要になるんですよね。
  2. 教育費用
    総務の仕事って、実は結構専門性が高いんです。社内規程や労務管理、各種手続きなど、総務スタッフがこなすべき業務は多岐にわたります。こうした業務を適切に遂行できるようにするためには、継続的な教育と研修が必要不可欠。教育費用は、総務業務のコストを押し上げる要因の一つなんです。
  3. 設備・機材費用
    総務の仕事を社内で回すためには、業務に必要な設備や機材の導入が欠かせません。勤怠管理システムや、社内規程の整備に必要なソフトウェア、また、福利厚生の手続きに必要な書類や印刷機器など、総務業務に必要な設備・機材への投資は意外と馬鹿になりません。しかも、これらの維持・管理にもコストがかかるんですよね。
  4. 機会損失
    総務スタッフが事務作業に追われることで、本来の戦略的な業務に十分な時間を割くことができなくなるのも、大きな問題。総務部門には、社内の様々な部署をつなぎ、円滑なコミュニケーションを促進することが求められているんです。でも、事務作業に時間を取られることで、こうした本来の役割を十分に果たせなくなる可能性があるんですよね。

このように、総務業務には思った以上にコストがかかっているのが実情です。でも、こうしたコストを削減し、業務を効率化することは、会社の成長にとって必要ですよね。次は、事務代行サービスを活用したコスト削減の方法について詳しく解説していきますね。

事務代行サービスを活用したコスト削減の方法

ここまで、総務業務にかかるコストの現状について見てきましたが、ここからは事務代行サービスを活用したコスト削減の方法について詳しく解説していきます。

事務代行サービスとは、総務業務を専門とするプロフェッショナルが、企業の総務業務をオンラインでサポートするサービスのこと。企業は、自社の総務業務を事務代行サービスに任せることで、業務の効率化とコストの最適化を実現することができるんです。

事務代行サービスを活用することで、まず人件費を大幅に削減できます。総務スタッフを自社で雇用する代わりに、必要な業務を事務代行サービスに任せることで、人件費を変動費化することができるんですよ。つまり、業務量に応じて柔軟にコストを調整できるようになるわけです。これにより、総務業務にかかる固定費を大幅に減らすことができます。

加えて、事務代行サービスを活用すれば、総務スタッフの教育費用も削減できます。事務代行サービスのスタッフは、総務業務のプロフェッショナル。彼らは既に高い専門性を持っているため、企業側が改めて教育を施す必要がありません。これにより、総務スタッフの教育にかかる時間と費用を大幅に削減できるんです。

さらに、事務代行サービスを活用することで、総務業務に必要な設備・機材への投資も抑えられます。事務代行サービスは、業務に必要なシステムやソフトウェア、機材を既に揃えています。企業側は、これらを自前で用意する必要がないんです。こうした初期投資を削減できることも、事務代行サービス活用の大きなメリットと言えるでしょう。

このように、事務代行サービスを活用することで、総務業務にかかるコストを大幅に削減できるんです。固定費を変動費化し、教育費用や設備投資を抑えられることが、事務代行サービス最大の魅力ですね。

事務代行サービスを活用したリソースの有効活用

事務代行サービスを活用することで、コスト削減だけでなく、社内リソースの有効活用も実現できます。

総務スタッフが事務作業に追われていると、本来の戦略的な業務に十分な時間を割くことができません。しかし、事務代行サービスに業務を任せることで、総務スタッフは事務作業から解放されます。これにより、彼らは社内の様々な部署をつなぎ、円滑なコミュニケーションを促進するという、本来の役割に集中できるようになるんです。

また、事務代行サービスを活用することで、総務業務から解放されたリソースを、会社の成長に直結する施策に振り向けることができます。例えば、新規事業の立ち上げや、営業活動の強化、社員教育の充実化など、これまで人手不足で着手できなかった施策に取り組めるようになるんですよ。

さらに、事務代行サービスを活用することで、総務業務の属人化を防ぐこともできます。特定の社員に総務業務のノウハウが偏在していると、その社員が休みや退職した際に、業務が滞ってしまうリスクがあります。しかし、事務代行サービスを活用することで、総務業務のノウハウを社外に保持できるんです。これにより、総務業務の属人化リスクを回避し、業務の継続性を担保することができます。

このように、事務代行サービスを活用することで、社内リソースを有効に活用できるんです。総務スタッフが本来の役割に集中でき、新規施策にリソースを振り向けられるようになります。また、属人化リスクを回避し、業務の継続性も担保できるんです。事務代行サービスの活用は、会社の成長を加速させる鍵になるかもしれません。

事務代行サービス導入時の留意点

事務代行サービスを導入することで、総務業務の効率化とコスト削減を実現できることが分かりましたね。でも、サービスを導入する際には、いくつか留意しておくべきポイントがあります。

まず大切なのは、自社に合ったサービスを選ぶこと。事務代行サービスによって、提供される業務の範囲や品質、料金体系は様々です。自社の総務業務の特性や、業務量の変動パターンを踏まえて、最適なサービスを選ぶことが重要です。提供業務の範囲が自社の需要と合っているか、スタッフの専門性は十分か、料金体系は自社の予算に合っているかなど、様々な角度から検討することをおすすめします。

また、事務代行サービスを導入する際には、社内との連携を円滑に行うための工夫も必要です。事務代行サービスのスタッフは、社外の人材。彼らが効率的に業務を遂行するためには、社内の担当者とスムーズにコミュニケーションを取れる体制を整える必要があります。業務の引き継ぎ方法や、定期的な連絡会議の設定など、社内との連携方法をあらかじめ決めておくことが大切ですね。

さらに、事務代行サービス導入後の運用体制の整備も重要です。事務代行サービスに業務を任せっきりにするのではなく、社内でサービスの活用状況を定期的にモニタリングする体制を整えましょう。業務の質は適切か、期待通りの効率化が実現できているかなど、定期的に確認することが大切。また、サービス提供者とも継続的にコミュニケーションを取り、サービス改善に向けた提案や要望を積極的に伝えていくことが重要です。

事務代行サービスを導入する際には、このような点に留意しながら進めていくことが大切。自社に合ったサービスを選び、社内との連携を円滑に行い、導入後の運用体制を整備することで、事務代行サービスの効果を最大限に引き出すことができるはずです。

導入事例

事務代行サービスの導入を検討する際、他社の導入事例を参考にすると、イメージがよりつかみやすくなりますよね。ここでは、事務代行サービスを導入し、コスト削減と業務効率化を実現した企業の事例をご紹介します。

A社は、従業員数100名規模の製造業。総務業務を社内の2名体制で行っていましたが、業務量の増加に伴い、残業が常態化していました。そこで、事務代行サービスを導入することを決断。総務業務の約70%を事務代行サービスに任せることで、残業時間を月平均50時間から10時間に削減することに成功。また、コスト面でも、事務代行サービスの活用により、年間約300万円の削減効果があったそうです。

B社は、従業員数50名規模のIT企業。少人数体制で運営していたため、総務担当者は他の業務との兼任状態でした。そのため、総務業務が属人化し、担当者の負荷が高まっていました。そこで、事務代行サービスを導入し、総務業務の大部分をアウトソーシング。これにより、担当者の業務負荷を大幅に軽減できただけでなく、属人化のリスクも解消できたそうです。また、総務業務にかかるコストも、年間約150万円削減できたとのこと。

このように、事務代行サービスを導入することで、人員の最適化やコスト削減、属人化リスクの解消など、様々な効果を実現できるんです。自社の状況に合わせて、事務代行サービスを上手に活用することで、総務業務の効率化とコスト最適化を実現してみてはいかがでしょうか。

オンラインアシスタント「リルデイジー」のご紹介

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

ここまで、事務代行サービスの活用方法や導入事例について見てきましたが、最後に、オンラインアシスタント「リルデイジー」についてご紹介します。

リルデイジーは、総務業務に特化したオンラインアシスタントサービス。経理や人事、秘書業務など、総務業務全般をカバーしています。リルデイジーの最大の特徴は、業務に合わせて柔軟にサービスを組み合わせられること。必要な業務だけを選んでアウトソーシングできるので、無駄のないコスト最適化が可能なんです。

また、リルデイジーのスタッフは、総務業務のプロフェッショナル。豊富な業務経験と高い専門性を持っているので、質の高いサービスを提供できます。スタッフ一人ひとりが、クライアント企業の業務効率化と生産性向上に全力を尽くしているんです。

実際にリルデイジーを導入したクライアントからは、「総務業務の負担が大幅に減った」「コストを削減しつつ、業務の質が向上した」など、嬉しい声が寄せられているそうです。リルデイジーのサポートにより、総務業務の効率化とコスト削減を実現できた企業が多数あるんです。

もし、総務業務のアウトソーシングを検討しているなら、リルデイジーは最適な選択肢の一つ。豊富な実績と、質の高いサービスが魅力のオンラインアシスタントです。総務業務の効率化とコスト削減を実現するために、リルデイジーを活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?本記事では、総務業務を事務代行に任せることで、コスト削減とリソースの有効活用を実現する方法について解説してきました。

事務代行サービスを活用することで、総務業務にかかる人件費や教育費用、設備投資を大幅に削減できることが分かりましたね。また、社内リソースを最適化し、本来の業務に集中できる環境を整えられることも、大きなメリットだと言えます。

事務代行サービスの導入は、もはや総務業務の効率化に欠かせない選択肢。自社に合ったサービスを選び、社内との連携を円滑に進めることで、その効果を最大限に引き出すことができるはずです。

特に、オンラインアシスタント「リルデイジー」は、総務業務に特化したサービスとして注目を集めています。豊富な実績と、質の高いサービスが魅力。総務業務のアウトソーシングを検討しているなら、ぜひリルデイジーに相談してみてはいかがでしょうか。

総務業務の効率化とコスト削減は、企業の成長に直結する重要な課題。事務代行サービスを上手に活用することが、その解決のカギとなるはずです。本記事を参考に、自社の総務業務の最適化に向けた一歩を踏み出してみてください。

リルデイジーでは、総務業務のアウトソーシングに関する様々な相談を受け付けています。もし、総務業務の効率化に悩んでいるなら、ぜひ一度お問い合わせください。経験豊富なスタッフが、御社の課題解決に向けて、最適なソリューションをご提案します。お問い合わせは、こちらのフォームから。お気軽にご連絡ください。

総務業務のアウトソーシングについて、お気軽にお問い合わせください

事務のアウトソーシングなら、お気軽にご相談ください







    事務担当が退職を希望したすぐに人手が欲しい月ごとに仕事量が変わるので人を雇えない一つだけでなく複数の業務を依頼したいコストダウンしたい経理や総務も依頼したい


    営業事務・事務経理総務秘書マーケティング・リサーチWebSNS・運用、制作その他






    関連記事

    X(旧Twitter)運用代行で企業の魅力発信!

    スタートアップが事務作業を外注すべき5つの理由とは?

    事務コストを抑えて利益率アップ!経営者が知るべき業務効率化のコツ

    女性スタッフが活躍!オンライン秘書による事務代行サービス

    「一人経理」のリスクと対策とは?中小企業の経営者必見!効率化と安全性の両立

    プレゼン資料作成を自動化!おすすめAIツール比較12選

    PAGE TOP