事務代行リルデイジーはオンラインでアシスタントが業務を代行し、人手不足を解消するサービスです

バックオフィス業務は専門家に任せる時代!税務・経理のアウトソーシング事情

経理や税務、人事労務など、バックオフィス業務の重要性は年々高まっています。 しかし、これらの業務を社内で処理するのは、なかなか大変。 専門知識が必要な上に、ミスが許されない繊細な作業だからです。

「専任の担当者を置けばいいじゃないか」と思うかもしれません。 でも、優秀な経理や税務のスペシャリストを見つけるのは至難の業。 たとえ採用できたとしても、彼らのスキルを維持・向上させるためには、継続的な教育が欠かせません。

そんな中、注目を集めているのがバックオフィス業務のアウトソーシングです。 特に税務と経理の分野では、専門家に業務を任せるケースが増えています。 アウトソーシングすることで、社内リソースの負担を減らし、業務の正確性を高められるからです。

でも、「アウトソーシングって、うちの会社には関係ないんじゃ……」と思っているあなた。 ちょっと待ってください。 バックオフィス業務のアウトソーシングは、large enterpriseだけのものではありません。 中小企業や、個人事業主にこそ、大きなメリットがあるのです。

本記事では、税務・経理業務のアウトソーシング事情を詳しく解説。 アウトソーシングのメリットと、実際の進め方をお教えします。 経理や税務に頭を悩ませているあなた、ぜひ参考にしてみてください。 専門家の力を借りることで、バックオフィス業務の効率化と正確性の向上を実現できるはずです。

それでは、税務・経理のアウトソーシングが注目される理由から見ていきましょう。

事務代行・バックオフィス代行は
女性オンラインアシスタントのリルデイジーへ

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

専属ディレクターによる
業務分析と対応

各企業に専属のディレクターがつき、業務内容を詳しくヒアリング。最適な業務フローを設計し、適切なスタッフをアサインします。

女性スタッフによる
きめ細やかなサポート

リルデイジーのスタッフは全員が女性。女性ならではの細やかな心配りと柔軟なコミュニケーションで、クライアントのニーズに的確に対応。

総勢200人のスタッフによる
安定したサービス提供

フリーランスのクラウドソーシングと違い多数のスタッフが常駐。途中で業務を投げ出されるリスクがありません。

税務・経理業務のアウトソーシングが注目される理由

バックオフィス業務は専門家に任せる時代!税務・経理のアウトソーシング事情

近年、バックオフィス業務、特に税務と経理のアウトソーシングが大きな注目を集めています。
多くの企業が専門家に業務を任せる選択をする理由は、主に3つあります。

理由1:専門性の高さ

税務と経理は、非常に専門性の高い分野です。
税法の解釈や適用、財務諸表の作成など、高度な知識と経験が必要です。
しかし、社内にそのようなスキルを持った人材を確保・育成するのは容易ではありません。

アウトソーシングを活用すれば、豊富な知識と経験を持つ専門家に業務を任せることができます。
彼らは最新の税務・会計知識を常にアップデートしているので、変化の激しい制度にも柔軟に対応可能です。
社内でスペシャリストを育てる手間と比べれば、アウトソーシングの方が効率的だと言えるでしょう。

理由2:業務の正確性と効率性の向上

税務と経理の業務は、正確性が何より求められます。
ミスがあれば、税務調査や罰則のリスクも発生します。
しかし、社内の担当者が兼務で処理していると、集中力が散漫になり、ミスも起こしやすくなります。

アウトソーシングを活用すれば、業務の正確性を大幅に高められます。
税務・経理のプロフェッショナルが、責任を持って業務を遂行してくれるからです。
彼らのチェックを経ることで、ミスのリスクを最小限に抑えられるのです。

また、アウトソーシングは業務の効率化にも寄与します。
請求書の処理や帳簿の記帳など、定型的な作業は外部に任せることで、社内リソースを戦略的な業務に振り向けられます。
バックオフィス業務を効率化することで、企業の生産性向上につなげられるのです。

理由3:コスト削減

税務・経理のスペシャリストを社内で雇用すれば、人件費や教育コストがかさみます。
特に、中小企業や個人事業主にとって、専任の担当者を置くのは財務的な負担が大きいものです。

アウトソーシングなら、必要な時に必要な分だけ、専門家のリソースを活用できます。
固定費を抑えつつ、高品質なバックオフィス業務を遂行できるのです。
また、業務の一部をアウトソーシングすることで、社内の担当者の労働時間を減らすことができます。
残業代の削減にもつながるでしょう。

税務・経理業務をアウトソーシングする3つの理由をご紹介しました。
専門性の高さ、業務の正確性と効率性、コスト削減。
いずれも、企業にとって大きなメリットと言えます。
ただし、アウトソーシングを成功させるには、適切な準備と委託先選定が重要です。
次は、税務・経理のアウトソーシングを進める際のポイントを解説します。

税務・経理のアウトソーシングを進める際のポイント

税務・経理のアウトソーシングは、企業にとって大きなメリットをもたらします。
しかし、いきなり全ての業務を外部に委託するのは現実的ではありません。
アウトソーシングを成功させるには、段階的に進めることが大切です。
ここでは、税務・経理のアウトソーシングを進める際の3つのポイントを解説しましょう。

ポイント1:アウトソーシングする業務の選定

まずは、アウトソーシングする業務を選定することから始めましょう。
税務・経理業務の中でも、特に専門性が高く、社内リソースで対応が難しい業務から外部委託を検討するのが賢明です。

例えば、法人税の申告書作成や、国際税務への対応など、高度な知識が必要な業務は、アウトソーシングに適しています。
また、請求書の処理や、帳簿の記帳など、定型的な業務も外部委託することで、社内リソースの負担を大幅に減らすことができるでしょう。

自社の状況を見極めて、アウトソーシングによるメリットが大きい業務を選ぶことが重要です。

ポイント2:適切な委託先の選定

次に、適切な委託先を選定することが大切です。
税務・経理のアウトソーシングでは、機密情報を扱うことになるため、信頼できるパートナーを見つけることが何より重要です。

委託先を選ぶ際は、まず実績と専門性を確認しましょう。
税務・経理業務の経験が豊富で、高い専門性を持ったスタッフが在籍しているかどうかがポイントです。
また、セキュリティ管理体制が整っているかどうかも重要な判断材料になります。

加えて、自社のニーズに柔軟に対応してくれるかどうかも見極めましょう。
自社の業務フローに合わせたサービス提供が可能か、きめ細やかなサポート体制が整っているかなどをチェックすることが大切です。

ポイント3:社内体制の整備

最後に、社内体制の整備も欠かせません。
アウトソーシングを進める際は、社内の業務フローや責任範囲を明確にしておく必要があります。

委託先とのコミュニケーション方法や、情報共有のルールを定めておくことが重要です。
また、アウトソーシングによって生み出された時間を、どのように活用するのかも考えておきましょう。
単に業務を外部に任せるだけでなく、社内リソースを戦略的に活用することが、アウトソーシングの成果を最大化するカギとなります。

以上、税務・経理のアウトソーシングを進める際の3つのポイントをお伝えしました。
業務選定、委託先選定、社内体制の整備。
これらを念頭に置きながら、段階的にアウトソーシングを進めていくことが大切です。

とはいえ、適切な委託先を見つけるのは簡単ではありません。
次は、税務・経理のアウトソーシングに強い事務代行サービス「リルデイジー」を詳しく紹介します。
専門性の高さと柔軟な対応力が魅力の、頼れるパートナーです。

リルデイジーを利用したクライアントの声

税務・経理業務のアウトソーシングは、実際にどのような効果をもたらすのでしょうか。
ここでは、リルデイジーを利用したクライアントの声を紹介します。
アウトソーシングがもたらす具体的なメリットを、ぜひ参考にしてください。

クライアントA社の声「専門性の高いサポートで、税務申告の質が向上」
A社は、急成長を遂げるベンチャー企業。
事業拡大に伴い、税務申告業務の負担が増大していました。
社内に税務の専門家がいないため、申告書の作成に不安を感じていたそうです。

そこで、A社はリルデイジーに税務申告業務をアウトソーシング。
税務のプロフェッショナルによるサポートを受けることで、申告書の質が大幅に向上したといいます。
専門家ならではの視点で、税務上の問題点を指摘してもらえたことも大きかったそうです。

クライアントB社の声「バックオフィス業務の効率化で、本業に注力できる」
B社は、人材不足に悩む中堅製造業。
経理担当者が退職したことをきっかけに、リルデイジーに経理業務を委託することにしました。

リルデイジーは、B社の業務フローに合わせて、最適な業務分担を提案。
請求書の処理や帳簿の記帳など、定型的な業務を中心に引き受けてくれたそうです。
バックオフィス業務の負担が減ったことで、B社は本業に注力できる環境が整ったといいます。

以上、リルデイジーを利用したクライアントの声をご紹介しました。
専門性の高いサポートによる質の向上、バックオフィス業務の効率化、コスト削減と正確性の向上。
アウトソーシングがもたらす効果は、多岐にわたります。

税務・経理業務の改善に悩む企業は、ぜひリルデイジーの活用を検討してみてください。
貴社の業務効率化と、本業へのフォーカス強化に役立つはずです。

次は、本記事のまとめと、税務・経理のアウトソーシングを検討する際の留意点をお伝えします。
アウトソーシングの成功のカギは、適切な準備と、信頼できるパートナー選びにあります。

バックオフィス業務を専門家に任せたい方はお気軽にご相談ください

事務のアウトソーシングなら、お気軽にご相談ください







    事務担当が退職を希望したすぐに人手が欲しい月ごとに仕事量が変わるので人を雇えない一つだけでなく複数の業務を依頼したいコストダウンしたい経理や総務も依頼したい


    営業事務・事務経理総務秘書マーケティング・リサーチWebSNS・運用、制作その他






    関連記事

    「一人経理」のリスクと対策とは?中小企業の経営者必見!効率化と安全性の両立

    事業拡大期の事務作業を乗り切る!業務負荷対策のポイント

    総務BPOのメリットとは?中小企業の業務効率化を実現する導入ステップを解説

    経理業務フローの改善で効率アップ!作成手順と効果的な活用法

    マニュアル作成 代行完全ガイド|選び方から活用法まで

    事務作業のアウトソーシングで人手不足を解消!業務効率化と経費削減を同時に実現する方法

    PAGE TOP