事務代行リルデイジーはオンラインでアシスタントが業務を代行し、人手不足を解消するサービスです

サムネイル制作のプロ外注で集客力アップ!おすすめ依頼先と相場を解説

YouTubeやInstagramのサムネイル、みなさんどうやって作っていますか?

「クリック数が伸び悩んでいて、どうしたらいいかわからない…」
「サムネイル作りに時間がかかりすぎて、他の業務に支障が出ている」
「デザインが苦手で、魅力的なサムネイルが作れない」

こんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

サムネイルは、コンテンツのクリック率に大きな影響を与えます。でも、魅力的なサムネイルを作るには、デザインスキルと時間が必要です。

「デザイナーを雇いたいけど、人件費が高くて…」
「社内の誰かに頼んでみたけど、クオリティが今ひとつで…」

こんな経験をした方も多いのではないでしょうか。そのため、多くの企業がサムネイル制作のプロへの外注を検討しています。

この記事では、サムネイル制作の外注方法や、おすすめの依頼先、料金相場などを詳しく解説します。プロの力を借りて、クリック率アップと業務効率化をつなげる方法をご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

それでは、サムネイル制作の外注について、具体的に見ていきましょう。

サムネイル制作の外注先、こんなところがあります

サムネイル制作を外注する方法はいくつかあります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、インターネットを通じて不特定多数の人に仕事を依頼できるサービスです。サムネイル制作に適した主なサービスには以下のようなものがあります。

サービス名特徴仕事の取引形態システム手数料登録会員数
クラウドワークス国内最大級、仕事の種類が豊富[1][2]プロジェクト形式、コンペ形式、タスク形式[1][2]5~20%[1]約480万人[2]
ランサーズ老舗サービス、IT・Web制作に強み[1][2]プロジェクト方式、コンペ方式、タスク方式[1]5~20%[1]129万人[3]
ココナラスキル販売型、固定価格制[1]プロジェクト形式[1]25%[1]情報なし
シュフティ比較的新しいサービス[1]プロジェクトタイプ、タスクタイプ[1]10%[1]情報なし
JOB HUBパソナグループ運営、高単価案件が多い[1][2]エキスパート方式、コンペ方式[1][2]10%(発注者負担)[1][2]情報なし

主な特徴:

  1. クラウドワークス:仕事の種類が200種類以上と多様で、初心者向けのサポート制度も充実しています[1][2]。
  2. ランサーズ:IT・Web制作やデザイン業界での利用が多く、ライティングや翻訳などの需要も高いです[3]。
  3. ココナラ:固定価格制のスキル販売型サービスで、独自の特徴を持っています[1]。
  4. シュフティ:比較的新しいサービスですが、プロジェクトタイプとタスクタイプの両方に対応しています[1]。
  5. JOB HUB:パソナグループが運営しており、高単価案件が多いのが特徴です。また、受注者のシステム利用手数料が無料(発注者負担)という点も特徴的です[1][2]。

クラウドソーシングのメリットは、多様なクリエイターから選べること、比較的安価に依頼できることです。ただし、品質にばらつきがあることもあるので、実績や評価をよく確認しましょう。

フリーランスデザイナー

フリーランスのデザイナーに直接依頼するのも一つの方法です。個人のポートフォリオサイトやSNSで見つけることができます。

フリーランスデザイナーとの付き合い方のポイントは、しっかりとコミュニケーションを取ることです。要望や修正点を明確に伝え、お互いの認識にズレがないようにしましょう。

長期的な関係を築けば、自社のブランドイメージを理解したサムネイルを継続的に制作してもらえるメリットがあります。

デザイン会社

デザイン会社に依頼すると、高品質で一貫性のあるサムネイルを期待できます。複数のデザイナーがチームで対応してくれるので、短期間で大量のサムネイル制作も可能です。

ただし、費用は他の方法と比べて高くなる傾向があります。資金に余裕がある場合や、ブランディングを重視する場合におすすめです。

アウトソーシング企業の活用

アウトソーシング企業を利用すると、サムネイル制作だけでなく、関連する業務も一括して依頼できます。例えば、動画編集やSNS運用なども含めて外注することで、コンテンツ制作全体の効率化が図れます。

また、専任のディレクターがつくケースも多いので、自社の要望を細かく伝えやすいのもメリットです。

次は、これらの外注方法の料金相場について詳しく見ていきましょう。サムネイル制作にかけられる予算の参考にしてください。

予算は?サムネイル制作の料金事情

サムネイル制作を外注する際、気になるのが料金ですよね。ここでは、各外注先の料金相場を比較し、料金に影響する要因についても解説します。

外注先別の相場を徹底比較

  • クラウドソーシング
  • 1枚あたり500円~5,000円程度
  • 経験の浅いクリエイターなら低価格で依頼可能
  • 高スキルのクリエイターは比較的高額
  • フリーランスデザイナー
  • 1枚あたり3,000円~10,000円程度
  • スキルや知名度によって大きく異なる
  • 継続的な依頼で割引が期待できることも
  • デザイン会社
  • 1枚あたり10,000円~30,000円程度
  • 高品質だが、その分コストは高め
  • 大量発注でボリュームディスカウントの可能性あり
  • アウトソーシング企業
  • 月額制が多く、10万円~50万円程度。時給制やワンショットでの依頼も可能な場合も
  • サムネイル制作以外の関連業務も含めた包括的なサービス
  • 制作枚数や他のサービス内容によって料金が変動

料金の決まり方、知っておくと得する豆知識

サムネイル制作の料金は、以下の要因によって変動します:

  • デザインの複雑さ
    シンプルなものか、イラストや複雑な合成が必要なものかで料金が変わります。
  • 修正回数
    無制限の修正が含まれるか、回数制限があるかで料金が異なります。
  • 納期
    急ぎの場合は割増料金が発生することがあります。
  • 著作権の譲渡
    著作権を譲渡してもらう場合、料金が高くなる傾向があります。
  • 発注数
    まとめて多くの枚数を発注すると、1枚あたりの単価が下がることが多いです。

ポイント:安さだけで選ぶのはNG!

「とにかく安ければいい」と考えがちですが、品質の低いサムネイルはかえってブランドイメージを損なう可能性があります。予算と品質のバランスを考えて選びましょう。

また、最初は少量を発注してクオリティを確認し、満足できれば長期的な関係を築くのがおすすめです。信頼関係ができれば、料金交渉の余地も生まれやすくなります。

次は、実際におすすめの外注先をいくつかご紹介します。それぞれの特徴を押さえて、自社に合ったサービスを見つけていきましょう。

おすすめの外注先、ここをチェック!

ここでは、実際にサムネイル制作を依頼できる外注先をいくつかご紹介します。それぞれの特徴をつかんで、自社のニーズに合ったサービスを見つけてください。

クラウドソーシングサービス

  • クラウドワークス
    特徴:国内最大級のクラウドソーシング。多様なクリエイターから選べる。
    料金:500円~5,000円程度/枚
    使い方:案件を投稿し、応募してきたクリエイターの中から選択。
  • ランサーズ
    特徴:高スキルのクリエイターが多い。品質重視の方におすすめ。
    料金:1,000円~10,000円程度/枚
    使い方:プロジェクトを公開し、提案を受けたクリエイターと契約。
  • ココナラ
    特徴:個人向けサービスも充実。気軽に依頼できる。
    料金:500円~5,000円程度/枚
    使い方:サービス一覧から好みのクリエイターを選んで直接依頼。

デザイン制作会社

YouTubeサムネイル制作が得意なデザイン会社5社をまとめた表を作成しました:

会社名特徴価格帯納期
MONO JOURNALグラフィックデザイン制作に強み、動画編集も可能5,000円〜20,000円程度要問い合わせ
株式会社CACTASYouTube運用代行やコンサルも提供要問い合わせ要問い合わせ
株式会社チェリービー企画提案から撮影・編集までワンストップで対応30万円〜60万円(動画制作含む)要問い合わせ
株式会社オーバリッジ人材業界向けの制作実績あり要問い合わせ要問い合わせ
サムネ制作.jpYouTubeサムネイル専門のサービス3,500円〜(30%オフキャンペーン中)要問い合わせ
  1. MONO JOURNAL:グラフィックデザインに強みがあり、サムネイル制作と動画編集の両方に対応できます[2]。
  2. 株式会社CACTAS:サムネイル制作だけでなく、YouTube運用代行やコンサルティングも提供しており、総合的なYouTube戦略をサポートできます[3]。
  3. 株式会社チェリービー:企画提案から撮影、編集までワンストップで対応可能で、専任のディレクターがつくため、細かなやり取りができます[3]。
  4. 株式会社オーバリッジ:人材業界向けの制作実績があり、業界特有のニーズに対応できる可能性があります[3]。
  5. サムネ制作.jp:YouTubeサムネイル制作に特化したサービスを提供しており、専門性が高いと考えられます[5]。

これらの会社は、プロフェッショナルなサービスを提供し、高品質なサムネイルを制作することが期待できます。価格帯や納期は会社によって異なるため、具体的な要件に応じて各社に問い合わせることをおすすめします。

アウトソーシング企業

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい
  • リルデイジー
    特徴:サムネイル制作だけでなく、総合的なバックオフィス支援が可能。
    料金:時給1,500円~
    使い方:専属のディレクターがつき、チャットで簡単に依頼可能。

リルデイジーのサービスの特徴

  • 経験豊富なスタッフによる高品質なサムネイル制作
  • サムネイル制作以外の業務も一括して依頼可能(動画編集、SNS運用など)
  • 柔軟な対応が可能で、急な依頼にも対応
  • 長期的な関係構築により、ブランドイメージに合った一貫性のあるデザインを提供
  • 専属ディレクターによるきめ細やかなサポート

リルデイジーを利用すると、サムネイル制作の手間を省きながら、プロの技術を活かした効果的なサムネイルを継続的に制作できます。また、関連する業務も含めて外注することで、マーケティング活動全体の効率化が図れるのが大きな魅力です。

次は、クリック率を高めるサムネイルデザインのポイントをご紹介します。プロに依頼する際のブリーフィングにも活用できる情報ですので、ぜひチェックしてください。

クリック率アップのサムネイル、プロの技を大公開

魅力的なサムネイルは、視聴者の目を引き、クリック率を大きく向上させます。ここでは、プロが実践している効果的なサムネイルデザインのコツをご紹介します。外注する際のブリーフィングにも活用してください。

思わずタップしたくなるデザインの秘密

  • コントラストを効かせる
    背景と文字やオブジェクトのコントラストを強くすることで、視認性が上がります。明るい背景に暗い文字、またはその逆を使うのが効果的です。
  • 適切なフォントの選択
    読みやすく、印象的なフォントを選びましょう。太字のサンセリフフォントが人気です。文字の縁取りやドロップシャドウを付けると、背景との区別がつきやすくなります。
  • 色使いを工夫する
    鮮やかな色や補色の組み合わせは目を引きます。ただし、ブランドカラーとの一貫性も考慮しましょう。
  • 人の顔を効果的に使う
    人の表情豊かな顔は視聴者の注目を集めます。特に驚いた表情や笑顔は効果的です。
  • シンプルに保つ
    情報過多は避け、核心的なメッセージや画像に絞りましょう。余白を効果的に使うことで、重要な要素が際立ちます。

YouTube、Instagram、それぞれのコツ

  • YouTube向けサムネイルのポイント
  • 解像度は1280×720ピクセルが推奨
  • 右下の角に動画の長さが表示されるため、重要な要素はそこを避ける
  • タイトルの一部をサムネイルに入れると効果的
  • 数字や矢印を使って「How to」感を出す
  • Instagram向けサムネイルのポイント
  • 正方形(1:1)と横長(1.91:1)の両方に対応できるデザインを
  • 明るく鮮やかな色使いが人気
  • 文字は最小限に抑え、ビジュアルで魅せる
  • ブランドのロゴや特徴的な要素を入れて認知度を上げる

A/Bテストの重要性

プロの間では、複数のサムネイルバージョンを作成し、どれが最も効果的かをテストすることが一般的です。これをA/Bテストと呼びます。

例えば、同じ動画に対して2種類のサムネイルを用意し、どちらがより多くのクリックを集めるかを比較します。このテストを繰り返すことで、自社のオーディエンスに最も響くデザインの傾向がわかってきます。

リルデイジーのようなアウトソーシングサービスを利用する場合、このA/Bテストの実施や結果分析まで依頼できるのが大きなメリットです。データに基づいた継続的な改善が可能になります。

次は、サムネイル制作を外注する際の注意点をご紹介します。失敗しないための重要なポイントですので、しっかりチェックしてくださいね。

外注時の注意点、失敗しないためのアドバイス

サムネイル制作を外注する際、気をつけるべきポイントがいくつかあります。ここでは、よくある失敗とその対策、デザイナーとの上手な付き合い方をご紹介します。

  1. 「こんなはずじゃなかった」を避けるコツ
  • 具体的な指示を心がける
    「かっこいいデザインで」といった曖昧な指示は避けましょう。具体的な例を示したり、好みのサンプルを提供したりすることで、イメージのズレを防げます。
  • ブランドガイドラインを共有する
    自社のロゴ使用規定や色指定、フォントなどをまとめたブランドガイドラインがあれば、一貫性のあるデザインが期待できます。
  • 修正回数と納期を明確にする
    無制限の修正を期待していたのに、実際は1回だけだった…といったトラブルを避けるため、事前に修正回数と納期を確認しましょう。
  • 著作権の取り扱いを確認する
    デザインの著作権が自社に譲渡されるのか、使用権のみなのかを事前に確認。後々のトラブルを防ぎます。
  1. デザイナーとの上手な付き合い方
  • 相互理解を深める
    最初の段階で、自社の事業内容やターゲット層、サムネイルに求める役割などをしっかり説明しましょう。デザイナーの理解が深まれば、より適切な提案が期待できます。
  • フィードバックは具体的に
    「なんとなく違う」ではなく、「この部分をこう変更してほしい」と具体的に伝えましょう。建設的なフィードバックが良い関係を築きます。
  • 信頼関係を築く
    デザイナーのプロフェッショナリズムを尊重し、適切な期限設定や報酬支払いを心がけましょう。良好な関係は長期的に質の高い成果物につながります。
  • コミュニケーションツールを活用する
    メールだけでなく、Slackやチャットツールを使うと、スムーズなやり取りが可能です。リルデイジーのようなサービスでは、専用のチャットシステムが用意されていることも多いです。
  1. 長期的な視点を持つ

サムネイル制作は一回限りのものではありません。継続的に制作していくことを考えると、以下の点に注意しましょう。

  • 一貫性を保つ
    視聴者がチャンネルやアカウントを一目で認識できるよう、ある程度のデザインの一貫性を保つことが重要です。
  • データを活用する
    クリック率や視聴回数などのデータを分析し、効果的なデザインの傾向を把握しましょう。リルデイジーのようなサービスでは、このようなデータ分析もサポートしてくれる場 合があります。
  • 柔軟性を持つ
    トレンドの変化や自社の方針変更に応じて、サムネイルのデザインも適宜更新していく必要があります。外注先と良好な関係を築き、柔軟な対応ができる体制を整えておきましょう。

これらの点に注意しながら外注を進めれば、効果的なサムネイル制作が実現できるはずです。次は、サムネイル制作を外注することのメリットとデメリットを詳しく見ていきます。

サムネイル制作、外注のメリット・デメリットを正直に語ります

サムネイル制作の外注を検討する際、そのメリットとデメリットをしっかり理解しておくことが大切です。ここでは、時間とお金の観点、そして品質とブランドイメージへの影響という観点から、率直に解説していきます。

  1. 時間もお金も、本当に得するの?

メリット:

  • 時間の節約:
    サムネイル制作に費やしていた時間を、本業や戦略立案に充てられます。
  • 専門スキルの活用:
    プロのデザイナーのスキルを借りられるため、自社で一から学ぶ必要がありません。
  • コストの予測可能性:
    特に月額制のサービスを利用する場合、コストが安定し、予算管理がしやすくなります。

デメリット:

  • 初期コストの発生:
    良質な外注先を見つけるまでに、試行錯誤のコストがかかる可能性があります。
  • コミュニケーションコスト:
    要望を伝えたり修正を依頼したりする時間も必要です。
  • 柔軟性の低下:
    急な変更や修正が必要な場合、自社で行うよりも時間がかかることがあります。
  1. 品質とブランドイメージへの影響は?

メリット:

  • プロの技術による品質向上
    デザインの専門家が作るため、高品質なサムネイルが期待できます。
  • 一貫性の維持
    特定の外注先と長期的に付き合うことで、ブランドイメージの一貫性を保ちやすくなります。
  • 新しいアイデアの獲得
    外部のプロから新鮮なアイデアやトレンドの情報を得られます。

デメリット:

  • ブランド理解の難しさ
    外部の人間には、自社のブランドを完全に理解してもらうのが難しい場合があります。
  • 品質のばらつき
    特にクラウドソーシングを利用する場合、デザイナーによって品質にばらつきが出ることがあります。
  • 独自性の喪失リスク
    同じ外注先を使っている競合他社と似たデザインになる可能性があります。
  1. 総合的に見て、外注はおすすめ?

結論から言えば、多くの企業にとって外注はメリットが大きいと言えるでしょう。特に以下のような場合におすすめです:

  • デザインスキルを持つ社内人材が不足している
  • サムネイル制作に多くの時間を取られ、本業に支障が出ている
  • 一貫性のあるブランディングを目指している
  • コストを抑えつつ、プロ品質のサムネイルが欲しい

ただし、完全に丸投げするのではなく、自社の方針やブランドイメージをしっかり伝え、外注先と協力しながら進めていくことが大切です。

リルデイジーのようなアウトソーシングサービスを利用すれば、専属のディレクターがつくため、自社の要望を細かく伝えやすく、長期的な関係構築も可能です。サムネイル制作だけでなく、関連する業務も含めて効率化を図れるのも大きなメリットです。

まとめ:サムネイル制作、外注で楽しくラクに

サムネイル制作の外注について詳しく見てきました。成功のカギは、自社のニーズを明確にし、適切な外注先を選ぶことです。効果的なブリーフィングとコミュニケーション、そしてデータを活用した継続的な改善が重要です。

外注を始めるなら、リルデイジーのようなアウトソーシングサービスがおすすめです。サムネイル制作だけでなく、関連業務も一括して依頼でき、専属ディレクターのサポートで自社の要望を細かく伝えられます。柔軟な対応と高品質な制作、さらにはデータ分析やA/Bテストのサポートまで受けられるのが魅力です。

プロの力を借りることで、クリック率アップと業務効率化の両立が可能になります。まずは小規模な依頼から始めて、徐々に範囲を広げていくのがよいでしょう。リルデイジーなら無料相談から始められるので、気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

サムネイル制作の外注で、あなたの大切な時間を本業やクリエイティブな企画立案に使えるようになります。プロの技術を活かした魅力的なサムネイルで、コンテンツのクリック率アップを実現しましょう。新しい一歩を踏み出し、より効果的なコンテンツマーケティングを始めてみませんか?

サムネイル制作依頼については、お気軽にご相談ください

事務のアウトソーシングなら、お気軽にご相談ください







    事務担当が退職を希望したすぐに人手が欲しい月ごとに仕事量が変わるので人を雇えない一つだけでなく複数の業務を依頼したいコストダウンしたい経理や総務も依頼したい


    営業事務・事務経理総務秘書マーケティング・リサーチWebSNS・運用、制作その他






    関連記事

    中小企業必見!バックオフィス業務代行の活用法

    総務BPOのメリットとは?中小企業の業務効率化を実現する導入ステップを解説

    リモートアシスタントとは?おすすめサービス7選と選び方を徹底解説

    テレアポリスト作成のコツ:効率的な見込み客獲得と成約率向上のための完全ガイド

    事務代行の料金相場はいくら?サービス内容と価格の関係を解説

    データ入力外注のすすめ|メリットと選び方

    PAGE TOP