事務代行リルデイジーはオンラインでアシスタントが業務を代行し、人手不足を解消するサービスです

文字起こし・テープ起こし業者9社を徹底比較!選び方と精度を上げるコツを解説

音声データの文字起こし、皆さんはどのように行っていますか?社内で対応していると、膨大な時間と労力を要し、本来の業務に支障をきたすことも少なくありません。

そんな悩みを解決する一つの方法が、専門の文字起こし業者の活用です。プロの力を借りることで、作業時間を大幅に削減し、より重要な業務に集中できるようになります。

この記事では、文字起こし業者の活用方法から選び方のポイント、さらには実際におすすめの9社まで、詳しくご紹介します。業者それぞれの特徴を比較しながら、皆さんのニーズに合った最適な選択肢を見つけていただければと思います。

ぜひ最後までお読みいただき、効率的な業務運営のヒントにしていただければ幸いです。

文字起こし業者に依頼できるもの

皆さんは、どのような場面で文字起こしが必要になるでしょうか?実は、ビジネスの様々な場面で文字起こしサービスを活用できるのです。ここでは、文字起こし業者に依頼できる主な内容をご紹介します。

  1. 会議の議事録
    毎回の会議後、議事録作成に追われていませんか?会議の内容を正確に記録し、参加者全員で共有するのは大切ですよね。でも、これがなかなか大変な作業なのです。プロの業者に任せれば、正確で読みやすい議事録を効率的に作成できます。時間の節約にもなりますよ。
  2. インタビュー記事
    専門家や著名人、社内の方、お客様へのインタビュー。その内容を記事にする際、言葉のニュアンスや間も大切な情報になります。ここは経験豊富な業者の腕の見せどころ。微妙な表現も逃さず、魅力的な記事に仕上げてくれるでしょう。
  3. 動画の字幕制作
    動画コンテンツに字幕をつけたいけれど、自分でやるのは大変…そう思ったことはありませんか?プロの業者なら、見やすくて読みやすい字幕を作成してくれます。視聴者の理解度アップにつながりますよ。
  4. 講義やセミナーの記録
    長時間の講義や、専門用語がたくさん出てくるセミナー。これらの内容を文字に起こすのは本当に骨の折れる作業です。でも、業者に頼めば、キーワードやタグもつけてくれるかもしれません。後から情報を探すのも楽になりますね。
  5. 医療分野のカウンセリング記録
    医療分野の文字起こしは、専門性が高く個人情報の取り扱いにも気を使います。だからこそ、医療知識のあるスタッフがいて、セキュリティ対策もしっかりしている業者を選ぶことが大切です。安全で正確な記録を作成できますよ。
  6. コールセンターの通話記録
    たくさんの通話データ、どう活用すればいいのかお悩みではないですか?文字起こし業者を使えば、効率的にデータを文字化できます。さらに、そのデータを分析すれば、顧客対応の改善や新しいニーズの発見にもつながるかもしれません。

いかがでしょうか?文字起こし業者を上手に活用すれば、業務の効率アップと品質の向上を同時に実現できそうですね。次は、そんな頼もしい文字起こし業者の選び方について詳しく紹介します。

文字起こし業者の選び方

文字起こしを外注する際、どんな点に注目して業者を選べばいいのでしょうか?ここでは、5つの重要なポイントをご紹介します。

  1. 品質
    何といっても大切なのは仕上がりの品質です。以下の点をチェックしてみましょう。
    ・文字起こしの正確性はどうか
    ・誤字脱字のチェック体制はあるか
    ・難しい専門用語にも対応できるか

業者のウェブサイトに掲載された実績や、口コミサイトの評価を確認するのも良い方法です。中には無料でサンプル作成をしてくれる業者もありますので、気になる場合は問い合わせてみるのもおすすめです。

  1. 料金
    予算に見合った料金設定かどうかも重要なポイントです。一般的に、1時間の音声データで15,000~20,000円程度が相場といわれています。ただし、音声の品質や内容の専門性、納期によって料金は変わってきます。複数の業者から見積もりを取って比較するのが賢明でしょう。
  2. 納期
    急ぎの案件もあるはずです。業者の標準的な納期と、特急対応の可否を確認しておきましょう。一般的に、1時間の音声データで3~5営業日程度が目安です。納期に余裕がある場合、割引プランを提供している業者もあるので要チェックです。
  3. セキュリティ体制
    機密性の高い内容を扱う場合、情報管理は特に重要です。以下の点を確認しましょう。
    ・プライバシーマークやISO 27001認証などのセキュリティ認証を取得しているか
    ・データの受け渡し方法は安全か
    ・秘密保持契約を結べるか
  4. 専門性や対応言語
    医療や法律など、専門性の高い内容や、外国語の文字起こしが必要な場合は、その分野や言語に強い業者を選ぶことが大切です。対応可能な分野や言語を事前に確認し、実績も聞いておくと安心ですね。

これらのポイントを押さえて業者を選べば、きっと満足のいく文字起こしが得られるはずです。次は、実際におすすめの文字起こし業者を9社ご紹介します。それぞれの特徴を比較しながら、皆さんのニーズに合った業者を見つけていきましょう。

おすすめの文字起こし業者比較9選

それでは、実際におすすめの文字起こし業者を9社ご紹介します。各社の特徴を比較しながら、皆さんのニーズに合った業者を探してみましょう。

リルデイジー

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

文字起こしを含む総合的なバックオフィス支援サービスを提供しています。

特徴: ・経験豊富な女性ディレクターによるきめ細やかなサポート ・文字起こし以外の業務も含めた包括的なサービス ・柔軟な料金プランで企業のニーズに対応 ・高度なセキュリティ対策を実施

料金:時給1500円~

HELP YOU

HELP YOUは、オンラインアウトソーシングサービスの一環として文字起こしを提供しています。

特徴: ・幅広い業務に対応可能な優秀なスタッフが在籍 ・チーム制で安定したサービス提供 ・専属ディレクターによるきめ細やかなサポート ・海外在住の日本人スタッフによる時差を活用した対応も可能

料金:月額10万円~(30時間~)

コエラボ

2008年からサービスを開始し、幅広い案件に対応しています。

特徴: ・800人以上の書き起こしライターが在籍 ・ISO 27001認証取得でセキュリティ面も安心 ・用途に合わせた「起こし方」「フォーマット」に対応

料金:200円/分(税別)

東京反訳

2006年設立の文字起こし専門会社です。

特徴: ・学術研究用や多言語翻訳など専門性の高い案件に強み ・20万件以上の受託実績 ・ISMS/ISO27001:2013取得

料金:300円/分(税別)

アトリエ・ソレイユ

三重県鈴鹿市にある個人事務所で、きめ細やかな対応が特徴です。

特徴: ・顧客のリピート率が高い ・学校や官公庁、マスメディアなどの実績が豊富 ・クラウドでのデータやり取りが可能

料金:260円/分(税別)

文書システムサービス

テープ起こしに加え、速記者の派遣や録音の出張サービスも提供しています。

特徴: ・専門用語に精通した点検者による見直し ・会議記録の冊子製作・印刷も可能 ・独自のクラウドサービスでデータをやり取り

料金:要見積もり

テープリライト

1963年創業の老舗企業です。

特徴: ・ライターと校閲者の2人体制で対応 ・英語以外の多言語にも対応 ・大量案件にも対応可能

料金:1時間まで20,000円(税抜)

ACN

迅速な文字起こしが強みです。

特徴: ・1時間の文字起こしが最短で翌日納品 ・一律料金で分かりやすい ・テープ起こし技術者の養成講座も開講

料金:210円/分(税抜)

アミット

60カ国以上の言語に対応する翻訳エージェンシーです。

特徴: ・外国語のテープ起こしに特化 ・マイナー言語にも対応 ・翻訳から多言語DTPまでワンストップで対応

料金:10分あたり5,000円~(税抜)

いかがでしょうか?各社それぞれに特徴があり、皆さんのニーズによって最適な選択肢が変わってきそうですね。次は、これらの業者に文字起こしを依頼するメリットについて、さらに詳しくお話しします。

文字起こしを業者に依頼するメリット

文字起こしの外注、実はかなりお得なんです。どんなメリットがあるのか、具体的に見ていきましょう。

本業に集中できる

文字起こしって大切な仕事ですよね。でも、会社の看板となる仕事かというと、ちょっと違うかもしれません。それなのに、結構な時間がかかってしまう…そんな経験ありませんか?

例えば、1時間の音声を文字に起こすのに、慣れていない人だと4~6時間もかかることがあるんです。これはかなりの時間ですよね。

この作業を外部のプロに任せれば、社員の皆さんは会社の成長に直結する仕事に集中できます。営業に力を入れたり、新しい商品を開発したり、お客様サービスを良くしたり…。そういった本業により多くの時間を使えるようになるんです。

ある IT企業の方の話を聞いてみたところ「文字起こしを外注してから、社員が顧客との商談や新しいプロジェクトの企画に使える時間が2割も増えたんです。おかげで、新規契約が15%も増えました。」と回答いただきました。すごいですよね。

プロの技で高品質な仕上がりに

文字起こし、簡単そうに見えて、実はなかなか難しいんです。

専門用語がバンバン出てくる会議、みんながワイワイ話すインタビュー、音がよく聞こえない録音…。こういうのを正確に文字にするのは、かなりの腕が必要なんです。

プロの文字起こし業者さんは、こういう難しい案件もお手の物。熟練のスタッフが、高品質な文字起こしを提供してくれます。

最近はAIの文字起こしも増えていますが、ビジネスでは人の目で確認が必要ですよね。特に、ちょっとしたニュアンスや話の流れを理解する必要がある時は、プロの力が大きな違いを生みます。

ある出版社の方はこんなことを言っていました。「昔は社内で文字起こしをしていたんですが、専門用語を間違えたり、話の意味を取り違えたりすることが多かったんです。プロに頼むようになってから、そういうミスがぐっと減って、編集の仕事がすごくはかどるようになりました。」

このように、文字起こしをプロに任せると、時間の節約と質の向上を同時に実現できちゃうんです。でも、もっといい結果を得るには、頼み方にもコツがあります。次は、そのコツについてご紹介しますね。

文字起こしを業者に依頼する時のポイント

プロの業者に文字起こしを依頼すると決めたら、次は上手な依頼の仕方を知っておくことが大切です。ここでは、より良い結果を得るための3つのポイントをご紹介します。

文字起こしの形式を確認する

文字起こしには、主に3つの形式があります。用途に応じて適切な形式を選びましょう。

素起こし:音声をそのまま文字に起こします。「えーと」や「あの」といった言葉もそのまま残ります。
ケバ取り:余計な言葉を削除し、読みやすくします。
整文:さらに読みやすく編集し、書き言葉に近い形に整えます。

例えば、会議の雰囲気まで伝えたい場合は素起こし、内容を簡潔にまとめたい場合は整文が適しているでしょう。業者に依頼する際は、どの形式で仕上げて欲しいかを明確に伝えましょう。

表記のルールを決める

文章の統一感を出すために、表記のルールを決めておくと良いでしょう。例えば:

・敬語を使うか、ですます調にするか
・数字は漢数字か算用数字か
・固有名詞の表記方法
・略語の使用可否

こういったルールを事前に業者と共有しておくと、修正の手間が大幅に減りますよ。

資料や用語集を用意する

専門用語が多く出てくる会議やインタビューの場合、資料や用語集を用意しておくと文字起こしの精度が格段に上がります。

例えば、会議資料、出席者リスト、専門用語の一覧などを提供すると、業者側も内容を理解しやすくなります。ある製薬会社の方は「専門用語リストを渡すようになってから、文字起こしの修正箇所が半分以下になりました」と話していました。

また、音声データと一緒に議題や目的を簡単に説明しておくと、より適切な文字起こしが期待できます。

これらのポイントを押さえて依頼すれば、きっと満足のいく文字起こしが得られるはずです。そして、高品質な文字起こしは会議の振り返りや情報共有をより効果的にてくれます。

これで文字起こし業者の選び方から上手な依頼の仕方まで、一通り見てきました。最後に、これらの情報をまとめて、皆さんのビジネスに文字起こしをどう活かせるか、考えてみましょう。

まとめ

文字起こしは、ビジネスの様々な場面で活躍する重要な作業です。しかし、自社で行うと時間と労力がかかるため、プロの業者に任せるのが効果的です。

文字起こし業者を活用するメリット:

  1. 時間の節約:本業に集中できる
  2. 高品質な仕上がり:プロの技術で正確な文字起こしが可能

業者選びのポイント:
・品質
・料金
・納期
・セキュリティ
・専門性

依頼時の注意点:
・文字起こしの形式を明確に
・表記ルールを決める
・必要な資料を提供する

うまく活用すれば、情報共有がスムーズになり、仕事の効率アップにつながります。簡単なものは自社で、専門性の高いものや大量の文字起こしが必要な時はプロに、といった使い分けも効果的です。

皆さんの会社でも、文字起こし業者を活用して、生産性の高い職場づくりを目指してみてはいかがでしょうか。

総合的なバックオフィス支援をお探しなら、リルデイジーをぜひご検討ください。文字起こしを含む様々な業務サポートで、皆さんのビジネスの成長をお手伝いします。まずはお気軽にご相談ください。

文字起こし(テープ起こし)を委託したい方は、お気軽にご相談ください

事務のアウトソーシングなら、お気軽にご相談ください







    事務担当が退職を希望したすぐに人手が欲しい月ごとに仕事量が変わるので人を雇えない一つだけでなく複数の業務を依頼したいコストダウンしたい経理や総務も依頼したい


    営業事務・事務経理総務秘書マーケティング・リサーチWebSNS・運用、制作その他






    関連記事

    女性スタッフが活躍!オンライン秘書による事務代行サービス

    業務改善提案書の作り方:パワーポイントで説得力のある資料を作成するコツ

    【2024年版】動画の字幕・文字入れ編集アプリ おすすめ10選と活用のコツ

    人事・労務管理業務の負担を減らす方法とは?業務効率化のコツを伝授!

    バックオフィス業務は専門家に任せる時代!税務・経理のアウトソーシング事情

    事務作業のアウトソーシングで人手不足を解消!業務効率化と経費削減を同時に実現する方法

    PAGE TOP