事務代行リルデイジーはオンラインでアシスタントが業務を代行し、人手不足を解消するサービスです

【保存版】総務の7月繁忙期を乗り切る!9つのタスクと効率化のコツ

7月は総務部門の繁忙期

総務部門は、企業の縁の下の力持ち的な存在であり、年間を通して様々な業務に携わっています。しかし、その中でも特に7月は、多くの企業で総務部門にとって繁忙期となる月です。総務部門の年間業務スケジュールを見ると、7月は法定業務や季節対応など、複数の重要タスクが重なる時期だと言えます。例えば、賞与の支払いや算定基礎届の提出など、労務関連の手続きが集中します。また、お中元の発送や暑中見舞いの送付など、季節に応じた業務も加わります。加えて、7月は1年の折り返し地点でもあるため、上半期の締めや下半期の計画策定など、総務部門の業務量が増える傾向にあります。社内外のスケジュールが輻輳し、通常業務に加えて特別な対応が必要となるケースが多くなるのです。このように、7月は総務部門にとって一年の中でも特に忙しい月と言えます。業務内容が多岐にわたり、それぞれの締め切りに追われる中で、いかに効率的に業務を進めていくかが課題となります。総務部門の皆様には、この繁忙期を乗り切るための準備と対策が求められるでしょう。

事務代行・バックオフィス代行は
女性オンラインアシスタントのリルデイジーへ

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

専属ディレクターによる
業務分析と対応

各企業に専属のディレクターがつき、業務内容を詳しくヒアリング。最適な業務フローを設計し、適切なスタッフをアサインします。

女性スタッフによる
きめ細やかなサポート

リルデイジーのスタッフは全員が女性。女性ならではの細やかな心配りと柔軟なコミュニケーションで、クライアントのニーズに的確に対応。

総勢200人のスタッフによる
安定したサービス提供

フリーランスのクラウドソーシングと違い多数のスタッフが常駐。途中で業務を投げ出されるリスクがありません。

総務部門を7月の繁忙期に追い込む9つのタスク

7月は総務部門にとって繁忙期ですが、具体的にはどのような業務が重なるのでしょうか。ここでは、総務部門を7月の繁忙期に追い込む9つのタスクを見ていきます。

  1. 賞与の支払いと関連届出
  2. お中元の発送
  3. 暑中見舞いの送付
  4. 算定基礎届の提出
  5. 源泉所得税の納付
  6. 労働保険料の支払いと年度更新手続き
  7. 全国安全週間への対応
  8. 新卒採用の面接対応
  9. 通常業務

【社内対応】

  1. 賞与の支払いと関連届出多くの企業では、7月を夏の賞与支給月に設定しています。支給額の計算や従業員への通知に加え、被保険者賞与支払届の提出など、労務関連の手続きが発生します。

【クライアント対応】

2. お中元の発送お客様や取引先へのお中元の手配は、7月初旬から中旬にかけて行われることが多く、総務部門が中心となって進めます。

3. 暑中見舞いの送付お中元と同様に、暑中見舞いの送付も総務部門の重要なタスクです。

【社外対応】

4. 算定基礎届の提出算定基礎届は7月10日までに提出が必要です。

5. 源泉所得税の納付4月から6月分の源泉所得税の納付が、7月の総務部門の業務となります。

6. 労働保険料の支払いと年度更新手続き労働保険料の支払いと年度更新手続きも、7月に行われます。

【その他】

7. 全国安全週間への対応全国安全週間(7月1日~7日)への対応も、総務部門の業務です。

8. 新卒採用の面接対応7月は新卒採用の面接が本格化する時期でもあります。

9. 通常業務上記の特別な業務に加え、総務部門の通常業務もこなしていかなければなりません。このように、総務部門は7月に様々な業務が重なり、多忙を極めます。限られた時間の中で、優先順位を適切に判断し、効率的に業務を進めていく必要があります。9つのタスクを確実にこなすことが、総務部門にとって7月の繁忙期を乗り切るカギとなるでしょう。

7月の総務業務を効率化する2つのポイント

7月の総務部門は、様々なタスクが重なり多忙を極めます。しかし、業務を効率化することで、繁忙期を乗り切ることができます。ここでは、7月の総務業務を効率化する2つのポイントを紹介します。

ポイント1:スケジュール管理で締め切りを逃さない

7月は、賞与の支払いや算定基礎届の提出など、期限が決まっている業務が多くあります。これらの締め切りを逃さないためには、しっかりとしたスケジュール管理が不可欠です。まず、7月に行うべきタスクを洗い出し、優先順位を付けましょう。そして、それぞれの業務の締め切りを確認し、スケジュールに落とし込みます。余裕を持ったスケジュールを立てることで、万が一の遅れにも対応できます。また、スケジュールは総務部門内で共有し、進捗状況を定期的に確認することが大切です。これにより、業務の遅れを早期に発見し、対策を講じることができます。

ポイント2:関連部署との連携を密にする

総務部門の業務は、他部署との連携が必要なものが多くあります。例えば、賞与の支払いには経理部門との連携が、新卒採用の面接対応には人事部門との連携が欠かせません。7月の繁忙期を乗り切るためには、関連部署とのコミュニケーションを密にし、スムーズな連携を図ることが重要です。業務の進め方や締め切りについて、事前に関連部署と調整しておくことで、無用なトラブルを避けることができます。また、関連部署との情報共有を積極的に行うことも大切です。総務部門が把握している情報を関連部署に提供し、逆に関連部署からの情報を総務部門で共有することで、業務の効率化につながります。7月の総務業務は多岐にわたり、時間との勝負でもあります。スケジュール管理を徹底し、関連部署との連携を密にすることで、効率的に業務を進めることができます。これらの2つのポイントを意識して、7月の繁忙期を乗り切っていきましょう。

事務代行サービスを活用して総務部門の負担を軽減

7月は総務部門にとって繁忙期であり、様々な業務が重なります。しかし、すべての業務を社内で処理するのは大変な負担となります。そこで、事務代行サービスを活用することで、総務部門の負担を軽減することができます。

事務代行サービスを提供している企業は、総務業務に精通した専門スタッフを揃えています。彼らは豊富な経験と知識を持ち、的確かつスピーディーに業務を処理することができます。

例えば、お中元の発送や暑中見舞いの送付は、事務代行サービスに任せることで、総務部門の手間と時間を大幅に削減できます。専門スタッフが適切な贈答品の選定や発送手配を行い、円滑に業務を進めてくれます。

また、労務関連の手続きや届出業務も、事務代行サービスの得意分野です。賞与の支払いに関する届出や、算定基礎届の提出など、専門的な知識が必要な業務を任せることで、ミスのリスクを減らし、業務の効率化を図ることができます。

事務代行サービスを活用することで、総務部門は本来の業務に集中することができます。重要な意思決定や社内調整など、総務部門でしか行えない業務に注力することで、業務の質を高めることができるのです。

さらに、事務代行サービスを導入することで、コスト面でのメリットも期待できます。総務部門の人員を増やすことなく、業務を効率化できるため、人件費の削減につながります。

7月の繁忙期を乗り切るためには、社内の業務効率化と並行して、事務代行サービスの活用を検討することをおすすめします。専門スタッフによる的確なサポートを受けることで、総務部門の負担を軽減し、生産性の向上を実現することができるでしょう。

まとめ:事務代行で7月を乗り切る総務部門へ

本記事では、7月の総務部門の繁忙期について、その背景にある業務内容と、乗り切るためのポイントを解説してきました。

7月は、賞与の支払いや算定基礎届の提出、お中元の発送など、総務部門にとって様々なタスクが重なる時期です。これらの業務は、いずれも期限が決まっており、確実に処理していく必要があります。

繁忙期を乗り切るためには、スケジュール管理の徹底と、関連部署との連携が欠かせません。業務の優先順位を明確にし、締め切りを意識したスケジュールを立てることで、効率的に業務を進めることができます。また、経理部門や人事部門など、関連部署とのコミュニケーションを密にすることで、スムーズな業務遂行が可能になります。

さらに、事務代行サービスを活用することで、総務部門の負担を大幅に軽減することができます。専門スタッフによる的確なサポートを受けることで、業務の効率化と品質向上を実現できるのです。

事務代行サービスは、総務部門の強力な味方となります。7月の繁忙期に事務代行を上手に活用することで、総務部門は本来の業務に集中でき、会社の成長により一層貢献できるでしょう。

総務部門の皆様におかれましては、ぜひ本記事で紹介したポイントを実践し、事務代行サービスも積極的に活用していただければと思います。事務代行の専門家である私たちは、総務部門の皆様の活躍を心よりサポートいたします。

繁忙期の総務・事務業務サポートについて、お気軽にお問い合わせ下さい

事務のアウトソーシングなら、お気軽にご相談ください







    事務担当が退職を希望したすぐに人手が欲しい月ごとに仕事量が変わるので人を雇えない一つだけでなく複数の業務を依頼したいコストダウンしたい経理や総務も依頼したい


    営業事務・事務経理総務秘書マーケティング・リサーチWebSNS・運用、制作その他






    関連記事

    プロに任せるInstagram運用術|代行サービスの選び方ガイド

    【初級編】バックオフィス業務とは?事務代行のプロが解説

    中小企業必見!事務作業のコスト削減策5選

    アウトソーシングって何?メリットからデメリットまでわかりやすく解説

    名寄せの効率的な方法とは?エクセル活用のコツから外注活用まで徹底解説

    中小企業必見!バックオフィス業務代行の活用法

    PAGE TOP