事務代行リルデイジーはオンラインでアシスタントが業務を代行し、人手不足を解消するサービスです

事務代行の料金相場はいくら?サービス内容と価格の関係を解説

事務作業というのは、ビジネスを円滑に進めていく上で欠かせない存在ですよね。でも、人件費や教育費用、設備投資などのコストがかかるため、社内で処理するのはなかなか大変。そんな中、事務代行サービスの活用が注目を集めています。

でも、事務代行サービスを導入する前に、気になるのが料金のこと。一体いくらぐらいかかるのか、サービス内容によって価格は変わるのか、といった疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、事務代行サービスの料金相場について詳しく解説します。サービス内容と価格の関係性や、料金の決まり方などを理解することで、自社に最適な事務代行サービスを選ぶことができるはずです。コストパフォーマンスの高い事務代行を実現するためのヒントが、きっと見つかりますよ。

事務代行・バックオフィス代行は
女性オンラインアシスタントのリルデイジーへ

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

専属ディレクターによる
業務分析と対応

各企業に専属のディレクターがつき、業務内容を詳しくヒアリング。最適な業務フローを設計し、適切なスタッフをアサインします。

女性スタッフによる
きめ細やかなサポート

リルデイジーのスタッフは全員が女性。女性ならではの細やかな心配りと柔軟なコミュニケーションで、クライアントのニーズに的確に対応。

総勢200人のスタッフによる
安定したサービス提供

フリーランスのクラウドソーシングと違い多数のスタッフが常駐。途中で業務を投げ出されるリスクがありません。

事務代行サービスの料金体系

事務代行サービスの料金体系は、大きく分けると定額課金制と従量課金制の2つのパターンがあります。

定額課金制の場合、毎月または毎年といった一定期間で定額の料金が発生します。事務代行サービスでは、月額制のプランを提案している企業が多いのが特徴です。長期契約になるほど月額料金が割安になったり、オプションサービスの有無で料金が変動したりすることもありますが、一般的には月額6万円から12万円程度が相場となっています。

仮に月間の稼働時間が30時間だとすると、時間当たりの料金は2,000円から4,000円ほどになります。この点を考慮して、定額課金制と従量課金制のどちらがお得かを比較検討してみるのも良いでしょう。

一方、従量課金制は業務量に応じて料金が変動する仕組みです。タスクの内容によって単価は異なりますが、一例としてメール対応1件につき100円、書類作成1枚につき1,500円などが相場として挙げられます。

従量課金制の場合、各業務の単価と契約期間内の業務量によって料金が決まるため、不要なコストを抑えられるのが大きなメリット。比較的シンプルで定型的な業務を代行してもらいたい場合には、従量課金制のサービスがおすすめです。

ただし、料金設定の詳細は事務代行サービスの会社によって異なります。見積もりを取る際には、自社の業務内容やニーズを伝えた上で、各社の料金体系を比較検討することが大切。定額課金制と従量課金制、それぞれのメリットとデメリットを理解した上で、自社に最適なプランを選びましょう。

事務代行サービスを活用することで、業務の効率化とコスト削減を実現できる可能性は大いにあります。料金体系の特徴を押さえつつ、自社の状況に合ったサービスを選ぶことが、事務代行を成功に導くカギとなるでしょう。

了解です。ご指摘いただいた点を踏まえて、「事務代行サービス導入のコストメリット」の部分を修正し、より具体的にコスト削減の効果について解説します。

事務代行サービス導入のコストメリット

事務代行サービスを導入すると、どのようにコストメリットにつながるのでしょうか。具体的な数字を交えながら見ていきましょう。

まず、社内で事務スタッフを雇用する場合と比較してみます。仮に月間の稼働時間を30時間とすると、事務代行サービスの一般的な相場は月額6万円から12万円程度。つまり、時間当たりの料金は2,000円から4,000円ほどになります。

一方、社内で事務スタッフを雇用する場合、給与だけでなく社会保険料や福利厚生費など、様々な経費がかかります。仮に月給25万円のスタッフを雇用するとすると、これらの経費を含めた人件費は月額35万円以上になることも珍しくありません。

つまり、月30時間の業務を事務代行に任せることで、最大で月額23万円以上のコスト削減効果が期待できるんです。年間では276万円以上の節約になる計算。この分のコストを、本業の成長に向けた投資に回すことができれば、会社の競争力強化にもつながるでしょう。

加えて、スタッフの採用・教育にかかる時間と費用も大幅に節約できます。事務代行サービスであれば、既に専門スキルを持ったスタッフがスタンバイしています。彼らに業務を任せることで、社内の人材育成にかかる手間とコストを削減できるんです。

また、業務の繁閑に合わせて柔軟に事務代行サービスを活用できる点も大きなメリット。繁忙期には業務量を増やし、閑散期には業務量を減らすことで、無駄なコストを抑えられます。これにより、業務量に応じた最適なコスト管理が可能になるんです。

さらに、事務代行サービスを活用することで、社内リソースを本来の業務に集中させられる点も見逃せません。その分、業務の効率化と品質向上が期待でき、結果として会社全体の生産性アップにつながります。

以上のように、事務代行サービスの導入は、人件費の削減、採用・教育コストの節約、柔軟なリソース管理、業務効率化など、様々な角度からコスト削減に貢献します。月額6万円から12万円程度の料金で、これだけの効果が得られるのは大きな魅力だと言えるでしょう。

事務代行サービスを賢く活用して、コストを最適化しつつ業務の効率化を図る。それが、会社の成長を加速させる一つの鍵になるはずです。

はい、承知しました。それでは、「事務代行サービスの選び方」と「事務代行サービス「リルデイジー」のご紹介」の部分を作成します。

事務代行サービスの選び方

自社に最適な事務代行サービスを選ぶためには、いくつかの重要なポイントがあります。

まず、自社の業務内容とニーズに合ったサービスを選ぶことが大切です。事務代行サービスによって、得意とする業務領域や提供しているサービスの範囲は異なります。自社の課題やニーズを明確にした上で、それに合致するサービスを提供している会社を探しましょう。

また、料金体系だけでなく、サービスの質や実績にも注目が必要です。安価な料金設定に惹かれるあまり、サービスの質が低い会社を選んでしまっては本末転倒。事務代行会社の実績やスタッフの専門性、サポート体制などもしっかりとチェックしましょう。

見積もりを取る際は、複数の会社に相見積もりを依頼するのがおすすめ。各社の料金体系やサービス内容を比較することで、自社に最適なパートナーを見つけやすくなります。また、トライアルサービスや試用期間がある場合は、実際にサービスを利用してみるのも一つの手。実際の業務を通じて、サービスの質や使い勝手を確かめられます。

サービス導入後のサポート体制も重要な選定ポイント。業務を進める中で、疑問や課題が出てくることは避けられません。そんな時に、迅速かつ適切にサポートしてくれる体制が整っているかどうかも確認しておきたいところです。

事務代行サービスは、会社によって特色が大きく異なります。料金体系や提供サービスの詳細を吟味し、自社の業務フローに合ったパートナーを選ぶことが何より重要。じっくりとサービス内容を比較検討し、自社の業務効率化とコスト削減に最大限貢献してくれる事務代行会社を見つけましょう。

事務代行サービス「リルデイジー」のご紹介

最後に、事務代行サービス「リルデイジー」についてご紹介します。

リルデイジーは、バックオフィス業務全般を網羅する総合的な事務代行サービスです。経理や総務、人事、営業事務など、幅広い業務領域をカバー。プロフェッショナルなスタッフによる高品質なサービスが特長です。

リルデイジーの大きな強みは、業務内容に合わせて柔軟にサービスをカスタマイズできること。定型的な事務作業から、より専門性の高い業務まで、自社のニーズに合わせてサービス内容を組み立てられます。この柔軟さにより、無駄のないコスト最適化と、業務の効率化を実現できるんです。

また、リルデイジーでは業務の引き継ぎやマニュアル整備にも力を入れています。サービス導入時には、自社の業務フローを詳しくヒアリング。それを基に、効率的な業務マニュアルを作成してくれます。これにより、スムーズな業務移行が可能になるんです。

料金体系も明瞭で分かりやすいのが魅力。業務量や内容に応じて、柔軟にプランを選べます。トライアルプランもあるので、まずは気軽に使ってみるのもおすすめ。サービス品質と自社の業務適性を確かめつつ、最適なプランを選択できます。また、相場よりも安い時給1500円~が目安となっております。

実際にリルデイジーを活用した企業からは、「業務効率が大幅に改善した」「コストを削減しつつ、業務品質が向上した」など、高い評価の声が上がっています。

事務代行サービスの導入を検討されている方は、ぜひリルデイジーにも注目してみてください。その高品質なサービスときめ細やかなサポートが、御社の業務効率化とコスト最適化に貢献するはずです。

まとめ

本記事では、事務代行サービスの料金体系について、一般的な相場感を交えながら詳しく解説してきました。

事務代行サービスの活用は、人件費の削減や業務の効率化など、様々な角度からコストメリットにつながります。月額6万円から12万円程度の料金で、社内リソースの最適化と大幅なコスト削減が実現できるのは魅力的ですよね。

また、自社に合ったサービスを選ぶことの重要性についても解説しました。料金体系だけでなく、サービス内容や実績、サポート体制など、総合的に判断することが大切です。

最後にご紹介した「リルデイジー」は、柔軟なサービスカスタマイズと高品質な業務サポートが特長の事務代行サービス。バックオフィス業務の効率化とコスト最適化を実現するパートナーとして、ぜひ検討してみてください。

事務代行サービスを上手に活用して、業務効率を高めつつコストを最適化する。それが、競争力を高め、会社の成長を加速させる一つの鍵となるでしょう。

本記事を参考に、自社に最適な事務代行サービスを見つけて、バックオフィス業務の効率化に役立ててくださいね。

事務代行サービスについてもっと詳しく知りたい方は、ぜひリルデイジーにお問い合わせください。経験豊富なスタッフが、御社の業務課題やニーズをお伺いした上で、最適なソリューションをご提案します。お気軽に、ご相談ください。

事務代行サービスの料金相場について、お気軽にお問い合わせください

事務のアウトソーシングなら、お気軽にご相談ください







    事務担当が退職を希望したすぐに人手が欲しい月ごとに仕事量が変わるので人を雇えない一つだけでなく複数の業務を依頼したいコストダウンしたい経理や総務も依頼したい


    営業事務・事務経理総務秘書マーケティング・リサーチWebSNS・運用、制作その他






    関連記事

    事務作業を効率化する7つの方法 | 生産性向上のコツを徹底解説

    バックオフィス業務は専門家に任せる時代!税務・経理のアウトソーシング事情

    リモートアシスタントとは?おすすめサービス7選と選び方を徹底解説

    【保存版】総務の7月繁忙期を乗り切る!9つのタスクと効率化のコツ

    【2024年版】動画の字幕・文字入れ編集アプリ おすすめ10選と活用のコツ

    失敗しないデザイン発注のコツ!中小企業向けおすすめサービス9選

    PAGE TOP