事務代行リルデイジーはオンラインでアシスタントが業務を代行し、人手不足を解消するサービスです

名寄せの効率的な方法とは?エクセル活用のコツから外注活用まで徹底解説

中小企業の経営者や管理職の方々、こんな悩みを抱えていませんか?

  • 「顧客リストの重複が多くて、どの情報が最新なのかわからない…」
  • 「営業担当者が変わるたびにリストが別々に管理されて、統一できていない」
  • 「データ整理に時間を取られすぎて、本来の業務に集中できない」

これらは、多くの企業が日々直面している課題です。その解決策として注目を集めているのが「名寄せ」という作業です。

本記事では、エクセルを使った名寄せの基本から応用テクニック、さらには外注活用まで、実践的な方法を段階的に解説していきます。これらの手法を活用することで、貴社のデータ管理を効率化し、本業により多くの時間を割ける環境を整えることができるでしょう。

それでは、効率的なデータ管理の実現に向けて、具体的な方法を見ていきましょう。

名寄せとは?

名寄せとは、簡単に言えば「同一人物や同一企業の情報を一つにまとめる作業」のことです。例えば、顧客データベースに「山田太郎」さんの情報が複数存在する場合、それらを一つの正確な情報にまとめる作業を指します。

なぜ名寄せが重要なのでしょうか?その理由は主に以下の3点です:

  1. データの正確性向上: 重複や古い情報を整理することで、より正確な顧客情報を維持できます。これは、的確な営業活動や顧客サービスの提供につながります。
  2. 業務効率の改善: 統一されたデータを使用することで、情報検索や分析にかかる時間を大幅に削減できます。その結果、本来の業務により多くの時間を割くことが可能になります。
  3. コスト削減: 重複したデメールの送信やカタログの郵送を防ぐことができ、無駄なコストを抑えられます。

ある製造業の中堅企業では、名寄せの実施後、顧客への重複連絡が30%減少し、営業活動の効率が20%向上したという事例もあります。

しかし、名寄せの重要性は理解していても、「どうやって始めればいいのか分からない」という声もよく聞きます。次は、最も身近なツールであるエクセルを使った名寄せの基本的な方法について解説していきます。

エクセルを使った名寄せの基本

多くの中小企業では、顧客データの管理にエクセルを利用しています。そこで、まずはエクセルを使った名寄せの基本的な方法を見ていきましょう。

データの準備と整理

名寄せの第一歩は、データの準備です。以下の手順で進めていきます:

a) 全てのデータを一つのシートにまとめる b) 列の項目を統一する(例:「会社名」「企業名」「社名」→「会社名」に統一) c) 全角・半角、スペースの有無などの表記ゆれを修正する

基本的な関数の活用

エクセルには名寄せに便利な関数がいくつかあります。代表的なものを紹介します。

a) VLOOKUP関数: データの照合や統合に使用します。例えば、会社名をキーにして、別シートの最新の住所データを取得する際に活用できます。

使用例: =VLOOKUP(A2,新データ!A:B,2,FALSE)

b) CONCATENATE関数: 複数のセルの文字列を結合します。名寄せの際、分かれている姓と名を一つのセルにまとめる時などに便利です。

使用例: =CONCATENATE(A2,” “,B2)

オートフィルタ機能の使い方

オートフィルタは、大量のデータから必要な情報を素早く抽出するのに役立ちます。

使用方法: a) データ範囲を選択 b) 「データ」タブから「フィルター」をクリック c) 各列のヘッダーに表示される▼マークをクリックして、条件を設定

例えば、特定の業種の顧客だけを抽出したり、重複している可能性が高い同名の顧客を見つけ出したりする際に活用できます。

これらの基本的な機能を使いこなすことで、名寄せの作業効率が大きく向上します。ある小売業の経営者は、「エクセルの基本機能を活用するだけで、月に約10時間かかっていたデータ整理の時間を半分以下に削減できた」と話しています。

次は、さらに効率を上げるための高度なテクニックを紹介します。基本をマスターしたら、ぜひチャレンジしてみてください。

名寄せの効率を上げるテクニック

基本的な方法を押さえたところで、より効率的に名寄せを行うためのテクニックを紹介します。これらを活用することで、作業時間の短縮と精度の向上が期待できます。

データクレンジングの重要性

データクレンジングとは、データの品質を高めるために行う一連の作業のことです。具体的には以下のような作業が含まれます:

a) スペースや改行の削除:TRIM関数を使用 例:=TRIM(A2)

b) 全角・半角の統一:JIS関数やASC関数を使用 例:=JIS(A2) # 半角を全角に変換

c) 表記ゆれの修正:置換機能や条件付き書式を活用

あるIT企業の管理職は「データクレンジングを徹底したことで、名寄せの精度が約15%向上し、後工程での手直しが大幅に減った」と話しています。

高度な関数の活用

a) XLOOKUP関数(Excel 2021以降): VLOOKUPの進化版で、より柔軟な検索が可能です。

使用例: =XLOOKUP(A2,顧客マスタ!A:A,顧客マスタ!B:B,”該当なし”,0)

b) INDEX関数とMATCH関数の組み合わせ: 複数の条件でデータを検索する際に威力を発揮します。

使用例: =INDEX(顧客データ!C:C,MATCH(1,(顧客データ!A:A=A2)*(顧客データ!B:B=B2),0))

マクロの基本と活用法

繰り返し行う作業は、マクロを使って自動化することができます。

マクロの基本的な作成手順: a) 「開発」タブから「マクロの記録」をクリック b) 必要な作業を順番に行う c) 「マクロの停止」をクリックして記録を終了

例えば、データクレンジングの一連の作業をマクロ化することで、数十分かかっていた作業が数秒で完了するようになります。

ある製造業の経営者は「マクロを活用し始めてから、月に約20時間かかっていた名寄せ作業が5時間程度まで短縮された」と効果を語っています。

これらのテクニックを駆使することで、名寄せの効率は飛躍的に向上します。しかし、データ量が膨大になったり、より複雑な処理が必要になったりした場合、エクセルだけでは限界が来ることもあります。次は、そういった場合の対処法について考えていきましょう。

エクセルでの名寄せの限界

エクセルは非常に便利なツールですが、企業の成長に伴いデータ量が増えると、いくつかの限界に直面することがあります。ここでは、エクセルでの名寄せの主な課題と、その影響について見ていきましょう。

大量データ処理の困難さ

エクセルは約100万行のデータを扱えますが、データ量が増えるにつれて処理速度が遅くなります。ある小売チェーンの管理職は「顧客データが50万件を超えたあたりから、単純な並べ替えでも数分かかるようになった」と話しています。

具体的な問題点

  • ファイルの読み込みや保存に時間がかかる
  • 関数やマクロの実行速度が遅くなる
  • 頻繁にフリーズや強制終了が起こる

人的ミスのリスク

手作業での名寄せは、どうしてもヒューマンエラーのリスクが伴います。特に同じ作業などを繰り返していると疲労がたまって、ミスの確率が高くなります。

よくあるミスの例

  • データの入力ミス
  • コピー&ペーストの際の範囲選択ミス
  • 関数やマクロの設定ミス

ある製造業の経営者は「人的ミスによる顧客情報の取り違えで、重要な商談の機会を逃してしまったことがある」と苦い経験を語っています。

時間とコストの問題

データ量が増えれば増えるほど、名寄せに要する時間も増加します。その結果、本来の業務に支障をきたす可能性があります。

具体的な影響

  • 営業活動や顧客対応の時間が減少
  • データ管理のための人員増加
  • 残業時間の増加によるコスト増

あるIT企業の管理職は「月末の名寄せ作業で毎回残業が発生し、社員の負担が大きくなっていた」と当時を振り返ります。

これらの課題に直面した時、多くの企業が頭を悩ませます。「業務効率を上げたいのに、かえって非効率になっている」というジレンマに陥るのです。

では、こうした状況を打開するにはどうすればよいのでしょうか?次は、その解決策の一つとして、名寄せの外注という選択肢について考えてみましょう。

名寄せの外注という選択肢

エクセルでの名寄せに限界を感じたとき、多くの経営者や管理職の方が検討するのが「外注」という選択肢です。ここでは、名寄せを外注することのメリットと、選ぶべき外注先の条件について見ていきましょう。

外注のメリット

a) 専門知識とノウハウの活用:
外注先は名寄せの専門家です。彼らの持つ高度なスキルとツールを活用することで、より精度の高い名寄せが可能になります。

b) 時間の節約:
社内で行うと数日かかる作業も、外注すれば短時間で完了することができます。ある製造業の経営者は「月に3日かかっていた名寄せ作業が、外注によって半日で済むようになった」と話しています。

c) コスト削減:
一見、外注はコストがかかるように思えますが、長期的に見ればコスト削減につながることが多いです。人件費や残業代、ミスによる損失などを考慮すると、外注の方が経済的な場合があります。

d) 本業への集中:
データ管理に時間を取られず、本来の業務に集中できるようになります。ある小売業の管理職は「名寄せを外注してから、顧客サービスの質が向上し、リピート率が10%上がった」と効果を語っています。

費用対効果の考え方

外注を検討する際は、以下の点を考慮して費用対効果を判断しましょう:

  • 現在の名寄せにかかる人件費と時間
  • 名寄せの精度向上による業務効率化の程度
  • 外注によって生まれる時間の活用方法

選ぶべき外注先の条件

信頼できる外注先を選ぶためのポイントは以下の通りです:

a) セキュリティ対策:
顧客データを扱うため、セキュリティ対策が万全であることが不可欠です。

b) 柔軟な対応力:
企業によってデータの形式や要望は様々です。臨機応変に対応できる能力が求められます。

c) 実績と信頼性:
過去の実績や顧客の声を確認し、信頼性を判断しましょう。

d) コミュニケーション能力:
こちらの要望を正確に理解し、適切なフィードバックができることが重要です。

ある IT 企業の経営者は「外注先選びで失敗しないコツは、小規模な案件で試してみること。その上で、長期的なパートナーとしての可能性を見極めることが大切」とアドバイスしています。

名寄せの外注は、多くの企業にとって有効な選択肢となっています。しかし、名寄せだけでなく、他のバックオフィス業務も含めて総合的に効率化を図ることで、さらなる成果が期待できます。次は、バックオフィス業務全体の効率化について考えてみましょう。

バックオフィス業務全体の効率化

名寄せは確かに重要な業務ですが、これはバックオフィス業務全体から見ると一部分に過ぎません。ここでは、名寄せ以外の煩雑な業務と、それらを含めた総合的なアプローチの必要性について考えてみましょう。

名寄せ以外の煩雑な業務

多くの中小企業が抱える煩雑なバックオフィス業務には、以下のようなものがあります:

a) 経理処理:
請求書発行、支払い管理、経費精算など。ある小売業の経営者は「毎月の経費精算に2日もかかっていて、他の業務に支障が出ていた」と振り返ります。

b) 人事管理:
勤怠管理、給与計算、社会保険手続きなど。「従業員が50人を超えたあたりから、人事関連の作業量が急激に増えた」とある製造業の管理職は話します。

c) 在庫管理:
在庫数の把握、発注管理、棚卸しなど。「正確な在庫管理ができず、機会損失や過剰在庫が発生していた」という声も聞かれます。

d) カスタマーサポート:
問い合わせ対応、クレーム処理など。「本来の業務に集中できず、新規開拓の時間が取れない」という悩みをよく耳にします。

総合的なアプローチの必要性

これらの業務を個別に効率化するのではなく、総合的に見直すことで、より大きな効果が得られます。

a) 業務の可視化:
まずは、各業務にかかる時間とコストを可視化しましょう。ある IT 企業では「業務の可視化により、想像以上に多くの時間が非効率な作業に費やされていることが分かった」そうです。

b) 業務のスリム化:
不要な作業や重複している作業がないか見直します。「定期的に発生する報告書の70%は誰も見ていないことが判明し、大幅に削減できた」という事例もあります。

c) テクノロジーの活用:
適切なツールやソフトウェアの導入で、多くの業務を自動化できます。「クラウド会計ソフトの導入で、経理作業が半減した」という声もよく聞きます。

d) 外部リソースの活用:
すべての業務を社内で行う必要はありません。専門性の高い業務や定型作業は、外部のプロフェッショナルに任せることで、質の向上とコスト削減を同時に実現できます。

ある製造業の経営者は「バックオフィス業務全体を見直し、一部を外部委託したことで、社員が本来の業務に集中できるようになった。その結果、新製品開発のスピードが1.5倍に向上した」と効果を語っています。

このように、バックオフィス業務全体を効率化することで、企業の競争力を大きく向上させることができます。では、具体的にどのようなサービスを活用すれば良いのでしょうか?次は、総合的なバックオフィス支援サービスの一例として、リルデイジーのサービスを紹介します。

リルデイジーの事務代行サービス紹介

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

バックオフィス業務の効率化に悩む中小企業の皆様に、リルデイジーの事務代行サービスをご紹介します。リルデイジーは、名寄せを含む幅広いバックオフィス業務をトータルでサポートし、多くの企業の業務効率化に貢献しています。

事務代行サービスの特徴

a) 幅広い業務範囲:
経理、総務、人事、Webサイト運用など、バックオフィス業務を網羅的にカバーします。ある IT 企業の経営者は「1つの窓口で様々な業務を依頼できるので、管理が非常に楽になった」と評価しています。

b) 専属女性ディレクター制:
経験豊富な女性ディレクターが担当し、きめ細やかなサポートを提供します。「女性ならではの気配りで、細かな要望にも柔軟に対応してくれる」と、多くの利用企業から好評です。

c) リモートワーク対応:
オンラインでのサポートが基本なので、場所や時間の制約を受けずに業務を依頼できます。「東京の本社と地方の支社で異なる業務を同時に依頼できるのが便利」という声も聞かれます。

d) 柔軟な料金プラン:
必要な時間だけ利用できる料金体系で、コスト効率の良いサービス利用が可能です。「繁忙期と閑散期で利用時間を調整でき、無駄なコストがかからない」と、多くの経営者から支持されています。

名寄せを含むデータ管理サポート

リルデイジーでは、名寄せを含む総合的なデータ管理サポートを提供しています:

a) 大量データの処理:
エクセルでは扱いきれない大量のデータも、専門ツールを使って効率的に処理します。

b) 高精度な名寄せ:
独自のアルゴリズムと人力チェックの組み合わせで、高精度な名寄せを実現します。

c) データクレンジング:
表記ゆれの統一や重複データの削除など、きめ細やかなデータクリーニングを行います。

d) 定期的なデータ更新:
顧客情報の変更や新規データの追加を定期的に行い、常に最新の状態を維持します。

導入事例と効果

a) 製造業A社の事例:
「月に40時間かかっていた名寄せと顧客データ管理の時間が、リルデイジー導入後は5時間程度まで削減された。営業部門の生産性が25%向上し、新規受注が15%増加した」

b) 小売業B社の事例:
「データ管理の精度が向上し、ターゲットを絞ったキャンペーンメールの効果が従来の3倍に。売上が20%アップした」

c) サービス業C社の事例:
「バックオフィス業務全般をリルデイジーに任せたことで、社員が本業に集中できるようになった。顧客満足度が向上し、リピート率が30%上昇した」

リルデイジーのサービスを活用することで、名寄せだけでなく、バックオフィス業務全体の効率化が図れます。その結果、本業への集中度が高まり、企業の成長につながるのです。

皆様の企業でも、リルデイジーのサービスを活用して業務効率化を実現してみませんか?

まとめ

ここまで、名寄せの重要性から始まり、エクセルを使った方法、さらにバックオフィス業務全体の効率化まで見てきました。名寄せ効率化のポイントとして、データの準備と整理の重要性、エクセルの機能の最大活用、そして大量データ処理の限界認識が挙げられます。

外注活用のメリットには、専門知識とツールの活用による高精度な名寄せ、時間とコストの削減、さらに総合的なバックオフィス業務の効率化があります。次のステップとしては、現状の棚卸しと目標設定、外部サービスの検討、そして継続的な見直しが重要です。

ある中小企業の経営者は「名寄せの外注をきっかけに、バックオフィス業務全体を見直しました。社員の残業時間が減少し、新規プロジェクトにチャレンジする余裕が生まれました」と語っています。

皆様の企業でも、名寄せやバックオフィス業務の効率化に取り組んでみてはいかがでしょうか。リルデイジーは、そんな皆様の挑戦を全力でサポートいたします。まずは、お気軽にご相談ください。皆様の業務効率化の道筋を、一緒に考えていきましょう。

名寄せを含めた業務効率化をご検討の方は、お気軽にお問い合わせください。

事務のアウトソーシングなら、お気軽にご相談ください







    事務担当が退職を希望したすぐに人手が欲しい月ごとに仕事量が変わるので人を雇えない一つだけでなく複数の業務を依頼したいコストダウンしたい経理や総務も依頼したい


    営業事務・事務経理総務秘書マーケティング・リサーチWebSNS・運用、制作その他






    関連記事

    領収書整理の悩みを解決!領収書代行サービス活用法

    スタートアップが事務作業を外注すべき5つの理由とは?

    マニュアル作成 代行完全ガイド|選び方から活用法まで

    中小企業必見!バックオフィス業務代行の活用法

    事務コストを抑えて利益率アップ!経営者が知るべき業務効率化のコツ

    大学事務のアウトソーシングで業務効率化!メリットと導入事例を徹底解説

    PAGE TOP