事務代行リルデイジーはオンラインでアシスタントが業務を代行し、人手不足を解消するサービスです

属人化で悩む事務作業の効率化策!業務の「見える化」と外部リソース活用のすすめ

「この作業って、〇〇さんにしかわからないんだよね」
「〇〇さんが休みの日は、この業務が止まっちゃうんだよね」

こんな会話、オフィスで聞いたことありませんか?特定の人にしかできない業務、いわゆる「属人化」した業務があると、社員の休暇取得はおろか、欠員の補充ですら難しくなってしまいます。

属人化の弊害は、業務の停滞だけではありません。属人化が進むと、社員のモチベーションは下がり、ワークライフバランスも崩れてしまいます。
結果、会社全体の生産性は低下の一途をたどるでしょう。

でも、属人化した業務を改善するのは簡単じゃない。
「あの人にしかわからない」
「マニュアルがないから、新しい人に教えられない」
こんな状況に陥ると、なかなか抜け出せません。

そんな属人化に悩むあなたに、この記事では業務の「見える化」と外部リソースの活用という2つの処方箋をご提案します。
この2つのアプローチを組み合わせることで、属人化の解消への道が開けるはずです。

事務作業の属人化は、多くの企業を悩ませる共通の課題。
でも、解決不可能な問題ではありません。
一緒に、属人化の呪縛から解き放たれる方法を探っていきましょう!

事務代行・バックオフィス代行は
女性オンラインアシスタントのリルデイジーへ

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

専属ディレクターによる
業務分析と対応

各企業に専属のディレクターがつき、業務内容を詳しくヒアリング。最適な業務フローを設計し、適切なスタッフをアサインします。

女性スタッフによる
きめ細やかなサポート

リルデイジーのスタッフは全員が女性。女性ならではの細やかな心配りと柔軟なコミュニケーションで、クライアントのニーズに的確に対応。

総勢200人のスタッフによる
安定したサービス提供

フリーランスのクラウドソーシングと違い多数のスタッフが常駐。途中で業務を投げ出されるリスクがありません。

属人化の弊害を知ろう!業務効率低下とモチベーション低下の悪循環

属人化の弊害を知ろう!業務効率低下とモチベーション低下の悪循環
まずは、属人化がもたらす弊害を正しく理解することが大切です。
属人化した業務は、一見スムーズに回っているように見えて、実は大きなリスクを抱えているのです。
最大の問題は、業務効率の低下です。
特定の人にしかできない業務があると、その人が休みの日や繁忙期には、業務が滞ってしまいます。
他の社員がカバーしようにも、ノウハウが共有されていないので、すぐには対応できません。
また、属人化は社員のモチベーションにも悪影響を及ぼします。
「自分にしかできない」というプレッシャーは、社員のストレスを高めます。
休暇を取得しづらくなり、ワークライフバランスが崩れてしまうでしょう。
加えて、属人化は人材育成の観点からも問題があります。
業務ノウハウが特定の人に偏っていると、新しい社員の教育がうまくいきません。
結果、人材の流動性が低下し、組織の新陳代謝が滞ってしまいます。
こうした属人化の弊害が積み重なると、業務効率の低下とモチベーションの低下が悪循環を引き起こします。
会社の生産性は下がり、社員のエンゲージメントも低下の一途をたどるでしょう。
属人化は、放っておくと組織を蝕む厄介な問題なのです。
だからこそ、早めの対策が欠かせません。
業務の「見える化」と、外部リソースの活用。
この2つのアプローチで、属人化の悪循環を断ち切っていきましょう!

まずは、属人化がもたらす弊害を正しく理解することが大切です。 属人化した業務は、一見スムーズに回っているように見えて、実は大きなリスクを抱えているのです。

最大の問題は、業務効率の低下です。 特定の人にしかできない業務があると、その人が休みの日や繁忙期には、業務が滞ってしまいます。 他の社員がカバーしようにも、ノウハウが共有されていないので、すぐには対応できません。

また、属人化は社員のモチベーションにも悪影響を及ぼします。 「自分にしかできない」というプレッシャーは、社員のストレスを高めます。 休暇を取得しづらくなり、ワークライフバランスが崩れてしまうでしょう。

加えて、属人化は人材育成の観点からも問題があります。 業務ノウハウが特定の人に偏っていると、新しい社員の教育がうまくいきません。 結果、人材の流動性が低下し、組織の新陳代謝が滞ってしまいます。

こうした属人化の弊害が積み重なると、業務効率の低下とモチベーションの低下が悪循環を引き起こします。 会社の生産性は下がり、社員のエンゲージメントも低下の一途をたどるでしょう。

属人化は、放っておくと組織を蝕む厄介な問題なのです。 だからこそ、早めの対策が欠かせません。 業務の「見える化」と、外部リソースの活用。 この2つのアプローチで、属人化の悪循環を断ち切っていきましょう!

業務の「見える化」で属人化を解消!マニュアル作成とナレッジ共有のコツ

業務の「見える化」で属人化を解消!マニュアル作成とナレッジ共有のコツ

属人化解消の第一歩は、業務の「見える化」です。
つまり、業務プロセスを可視化し、誰でも理解できるようにすることです。
その中でも特に重要なのが、マニュアルの作成とナレッジの共有です。

まずは、属人化している業務を洗い出し、業務フローを明確にしましょう。
誰が、どんな手順で、何をしているのか。
その流れを図式化することで、業務の全体像が見えてきます。

次に、業務フローをもとにマニュアルを作成します。
マニュアルには、業務の目的や手順、注意点などを詳しく記載しましょう。
その際、専門用語は避け、誰が読んでもわかる平易な言葉で書くことがポイントです。

マニュアルができたら、実際に使ってみることが大切です。
新入社員や他部署の社員に試してもらい、フィードバックをもらいましょう。
「わかりにくい点はないか」「もっと効率的な方法はないか」など、率直な意見を聞くことで、マニュアルをブラッシュアップできます。

マニュアル作成と並行して、ナレッジの共有も進めましょう。
属人化の原因の一つは、暗黙知の存在です。
ベテラン社員の頭の中にある、言葉では表しにくいコツやノウハウ。
これを可能な限り言語化し、共有することが重要です。

ナレッジ共有の方法は様々です。
社内報やブログで情報発信したり、勉強会を開いたり。
日常的にナレッジを共有する文化を作ることが、属人化解消の鍵となります。

業務の「見える化」は一朝一夕にはできません。
地道な努力の積み重ねが必要です。
でも、マニュアル作成とナレッジ共有を着実に進めることで、属人化のリスクは確実に減らせるはず。
あきらめずに、一歩ずつ前進していきましょう!

属人化解消にはIT活用が有効!ツール導入で業務を標準化しよう

属人化解消にはIT活用が有効!ツール導入で業務を標準化しよう

業務の「見える化」と並行して、IT活用も属人化解消に欠かせません。
適切なツールを導入することで、業務の標準化を進められるからです。

例えば、クラウド上で情報共有できるツールを活用しましょう。
マニュアルやナレッジを、誰でもアクセスできる場所に保存することで、情報の属人化を防げます。
最新版のマニュアルがいつでも確認でき、業務の標準化が進むでしょう。

また、業務フローを自動化するツールの導入も効果的です。
例えば、経費精算や請求書発行など、定型的な事務作業は、ワークフローシステムを使って自動化できます。
人的ミスを減らせるだけでなく、属人化のリスクも軽減できるのです。

コミュニケーションツールの活用も忘れてはいけません。
チャットやビデオ会議のツールを使えば、気軽に相談や情報共有ができます。
属人化の原因の一つである、コミュニケーション不足を解消するのに役立つでしょう。

ただし、ツール導入には注意点もあります。
社員の ITリテラシーを考慮し、使いやすいツールを選ぶことが大切です。
高機能だけど使い方が難しいツールでは、かえって業務の属人化を助長してしまうかもしれません。

また、ツールの使い方を社員に丁寧に教育することも重要です。
マニュアルを作成したり、勉強会を開いたりして、全社的にITツールの活用を推進しましょう。

IT活用は、属人化解消の強力な武器となります。
業務の「見える化」とあわせて、ITツールの導入を検討してみてください。
標準化された業務プロセスと、円滑な情報共有。
その実現に、ITの力を借りてみるのはいかがでしょうか。

社内だけでは限界も。事務代行サービスで属人化リスクを低減

社内だけでは限界も。事務代行サービスで属人化リスクを低減

ここまで、社内での属人化解消策を見てきました。
業務の「見える化」や、ITツールの活用は、確かに有効な方法です。
でも、社内リソースだけで属人化解消を進めるのは、なかなか大変。
アイデアが枯渇したり、人手が足りなくなったりすることもあるでしょう。

そんな時は、事務代行サービスの活用がおすすめです。
事務代行サービスを使えば、属人化のリスクを外部に委ねることができるからです。

事務代行サービスは、事務作業のプロフェッショナル集団。
彼らは、様々な企業の事務フローを見てきた経験があります。
その知見を活かして、属人化しにくい業務フローを設計してくれるでしょう。

また、事務代行会社には、業務マニュアルの作成やナレッジの整理も任せられます。
社内では気づきにくい非効率な点も、外部の目線だからこそ発見できるかもしれません。

加えて、事務代行サービスを使えば、社員の負担も大幅に減らせます。
属人化した業務を社外に任せることで、社員は本来の業務に集中できるようになるのです。
結果、ワークライフバランスの改善や、モチベーションアップにもつながるでしょう。

もちろん、事務代行サービスを利用する際は、情報セキュリティには十分注意が必要です。
機密情報の取り扱いについては、事前にしっかりとルールを決めておくことが大切。
信頼できる事務代行会社を選ぶことも、重要なポイントですね。

属人化解消は、社内の努力だけでは限界があります。
外部リソースを上手に活用することで、より効果的に属人化のリスクを低減できるはず。
事務代行サービスという選択肢も、ぜひ視野に入れてみてください。
きっと、属人化の呪縛から解き放たれる道が見えてくるはずです。

属人化解消を加速する「リルデイジー」のトータルサポート

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

ここまで属人化解消の方策を見てきましたが、社内リソースだけで実行するのは大変だと感じた方もいるのではないでしょうか。
そんな時、頼りになるのが事務代行サービス「リルデイジー」です。

リルデイジーは、属人化解消に特化した事務代行サービス。
業務の「見える化」から、マニュアル作成、ナレッジ整理、ITツールの導入まで、属人化解消のためのサービスを包括的に提供しています。

リルデイジーの特長は、専任の女性担当者が付くこと。
担当者はお客様の業務を深く理解し、属人化解消のための施策を提案。
社内の業務改善チームのように寄り添い、きめ細やかなサポートを提供します。

リルデイジーのスタッフは、事務作業のプロフェッショナル集団。
高いスキルと豊富な経験を活かし、お客様の属人化解消をサポートします。
業務フローの見直しやマニュアル作成など、実践的なアドバイスが得られるでしょう。

また、リルデイジーではお客様の事情に合わせ、柔軟にサービスをカスタマイズ可能。
社内の状況やニーズに応じて、最適な属人化解消の計画を立案します。
段階的な改善も可能なので、無理のないペースで属人化解消を進められます。

属人化の問題は、一朝一夕には解決できません。
だからこそ、頼れるパートナーとの協働が欠かせないのです。
リルデイジーは、そんな強力なパートナーになってくれるはず。

属人化に悩む企業は、ぜひリルデイジーのサービスを検討してみてはいかがでしょうか。
専任の担当者によるトータルサポートで、属人化解消への道のりを強力にバックアップします。
働きやすい職場環境の実現に向けて、リルデイジーとタッグを組んでみませんか。

まとめ

事務作業の属人化は、業務効率の低下やモチベーションの低下を招き、会社の生産性を下げる厄介な問題です。しかし、属人化は解消できない問題ではありません。

属人化解消の鍵は、業務の「見える化」とITツールの活用にあります。マニュアルの作成やナレッジの共有、クラウドサービスやワークフローシステムの導入などを進めることで、属人化のリスクを大幅に減らせるでしょう。

ただ、社内リソースだけで属人化解消を進めるのは容易ではありません。そんな時、事務代行サービス「リルデイジー」の活用が効果的です。属人化解消に特化したトータルサポートで、専任の担当者が実践的な解決策を提案します。

属人化の呪縛から解放される第一歩は、意識改革と行動から始まります。3つのアプローチ(業務の「見える化」、ITツールの活用、事務代行サービスの検討)を組み合わせることで、属人化のリスクは着実に減らせるはずです。

リルデイジーのようなパートナーと協力しながら、属人化のない効率的な業務フローを作っていきませんか。働きやすい職場環境の実現は、会社の持続的成長に欠かせません。属人化解消への一歩を、今日から始めてみませんか?

事務作業の属人化を解決したい方はお気軽にご相談ください

事務のアウトソーシングなら、お気軽にご相談ください







    事務担当が退職を希望したすぐに人手が欲しい月ごとに仕事量が変わるので人を雇えない一つだけでなく複数の業務を依頼したいコストダウンしたい経理や総務も依頼したい


    営業事務・事務経理総務秘書マーケティング・リサーチWebSNS・運用、制作その他






    関連記事

    人件費の変動費化で固定費削減!経営効率化のポイントと実践方法

    バックオフィス業務を外注する際の5つのコツ

    領収書整理の悩みを解決!領収書代行サービス活用法

    データ入力外注のすすめ|メリットと選び方

    失敗しないデザイン発注のコツ!中小企業向けおすすめサービス9選

    【実践編】社内サポート業務の生産性を高める3つのツール【無料】とその活用法

    PAGE TOP