事務代行リルデイジーはオンラインでアシスタントが業務を代行し、人手不足を解消するサービスです

記帳代行vs経理代行:あなたに合うのはどっち?

毎日の経理作業、頭を悩ませていませんか?

  • 「領収書の山、どう整理したらいいの…」
  • 「確定申告の時期が近づくと胃が痛くなる」
  • 「経理に時間を取られて、本業に集中できない」

こんな悩み、どこかで聞いたことありませんか?もしかしたら、あなた自身が今まさにこんな思いをしているかもしれません。

実は、これらの悩みを解決する強い味方が2つあるんです。それが「記帳代行」と「経理代行」。

でも、「記帳代行と経理代行、どう違うの?」「うちの会社にはどっちが合ってるの?」そんな疑問も出てきますよね。

大丈夫です。この記事を読めば、きっと答えが見つかるはずです。記帳代行と経理代行の違いから、それぞれのメリット・デメリット、そして選び方まで、わかりやすくお伝えします。

あなたにぴったりの選択肢を一緒に探していきましょう!

次は、記帳代行と経理代行の違いについて詳しく見ていきます。どちらがあなたのビジネスにフィットするか、具体的なイメージが湧いてくるはずです。

目次

事務代行・バックオフィス代行は
女性オンラインアシスタントのリルデイジーへ

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

専属ディレクターによる
業務分析と対応

各企業に専属のディレクターがつき、業務内容を詳しくヒアリング。最適な業務フローを設計し、適切なスタッフをアサインします。

女性スタッフによる
きめ細やかなサポート

リルデイジーのスタッフは全員が女性。女性ならではの細やかな心配りと柔軟なコミュニケーションで、クライアントのニーズに的確に対応。

総勢200人のスタッフによる
安定したサービス提供

フリーランスのクラウドソーシングと違い多数のスタッフが常駐。途中で業務を投げ出されるリスクがありません。

1.記帳代行?経理代行?そもそもどう違うの?

「記帳代行」と「経理代行」、よく聞く言葉だけど、実際どう違うの?そんな疑問にお答えしていきます。

1.1 記帳代行ってこんなサービス

記帳代行は、その名の通り、主に「記帳」に関する業務を代行するサービスです。

  • 日々の取引を仕訳して帳簿に記入
  • 領収書やレシートの整理
  • 会計ソフトへのデータ入力

つまり、経理業務の中でも特に「記録」に関する部分を担当してくれるんです。毎日の細かな作業から解放されるイメージですね。

1.2 経理代行の特徴とは

一方、経理代行はより広範囲の業務をカバーします。

  • 記帳業務(記帳代行の業務を含む)
  • 財務諸表の作成
  • 給与計算
  • 税務申告のサポート
  • 経営分析や助言

経理業務全般を一括して任せられるイメージです。まさに「経理部門丸ごとアウトソーシング」といった感じですね。

1.3 どこが違う?両者を比べてみよう

主な違いをまとめると:

  • 業務範囲:記帳代行は限定的、経理代行は幅広い
  • 専門性:経理代行のほうがより高度な専門知識が必要
  • コスト:一般的に記帳代行のほうが安価
  • 対象:記帳代行は小規模事業者向け、経理代行はより大きな企業にも対応

つまり、記帳代行は経理業務の「入口」を担当し、経理代行はそこから「出口」までをカバーする、といえるでしょう。

では、具体的にどんな業務を頼めるの?次は、それぞれのサービスでお願いできる内容を詳しく見ていきましょう。あなたのニーズにぴったりなのはどちらか、イメージが湧いてくるはずです。

2.記帳代行でお願いできること

記帳代行サービス、具体的に何をやってくれるの?ここでは、依頼できる主な業務内容を見ていきます。

2.1 日々の取引を記録:仕訳と会計ソフト入力

記帳代行の基本中の基本、それが日々の取引の記録です。

  • 売上や経費の仕訳
  • 会計ソフトへのデータ入力
  • 領収書やレシートの整理とデータ化

「えっ、これだけで助かるの?」と思うかもしれません。でも、この作業、意外と時間がかかるんですよ。これだけでも外注できれば、かなりの時間短縮になります。

2.2 帳簿づくりもおまかせ

仕訳やデータ入力をしたら、次は帳簿の作成です。

  • 総勘定元帳の作成
  • 現金出納帳の管理
  • 売掛金・買掛金の管理

これらの帳簿は、後々の経営判断や税務申告に欠かせません。プロに任せれば、正確で見やすい帳簿が手に入りますよ。

2.3 ここまではNG!記帳代行の限界

ただし、記帳代行にも限界があります。以下のような業務は、通常記帳代行では行いません。

  • 決算書の作成
  • 税務申告書の作成
  • 経営アドバイスの提供

これらは、より専門的な知識が必要な業務です。記帳代行では、あくまで「記録」に関する部分が中心となります。

いかがでしょうか?記帳代行を利用すれば、日々の細かな経理作業から解放されることがイメージできたでしょうか。

「でも、もっと幅広くお任せしたいな」と思った方、ご安心ください。次は、経理代行でお願いできる業務範囲を見ていきます。記帳代行との違いが、よりはっきりとわかるはずですよ。

経理代行ならここまでカバー

経理代行は記帳代行よりも幅広い業務をカバーします。どこまでお願いできるのか、具体的に見ていきましょう。

3.1 記帳はもちろん、幅広くサポート

経理代行では、記帳代行の業務内容はすべて含まれます。その上で、以下のような業務も対応してくれます。

  • 月次試算表の作成
  • 資金繰り表の作成
  • 経費精算処理
  • 請求書発行や入金管理

つまり、日々の記録だけでなく、それを元にした財務状況の把握まで、トータルでサポートしてくれるんです。

3.2 決算書類もお任せ

経理代行の大きな特徴は、決算関連の業務もカバーしてくれること。

  • 決算書(貸借対照表、損益計算書など)の作成
  • 法人税申告書の作成サポート
  • 決算説明資料の作成

決算時期の慌ただしさから解放されるのは、経営者にとって大きな魅力ですよね。

3.3 給与計算や社会保険の手続きも

さらに、従業員関連の経理業務まで対応してくれるケースも多いんです。

  • 給与計算
  • 賞与計算
  • 社会保険関連の手続き
  • 年末調整

これらの業務は専門知識が必要で、ミスも許されません。プロに任せられるのは心強いですね。

経理代行を利用すれば、まさに「経理部門丸ごとアウトソーシング」が可能になります。自社で経理担当者を雇うのと同じくらい幅広い業務をお願いできるんです。

「でも、記帳代行と経理代行、どっちがいいの?」そんな疑問が浮かんでくるかもしれません。次は、両者のメリットを比較していきます。あなたの会社に最適な選択肢が見えてくるはずですよ。

4.メリット対決:記帳代行vs経理代行

さて、記帳代行と経理代行、それぞれにどんなメリットがあるのでしょうか。ここで比較してみましょう。

4.1 お財布にやさしいのはどっち?

コスト面で見ると、一般的に記帳代行の方が経済的です。

記帳代行

  • 月額1万円〜3万円程度から利用可能
  • 取引数に応じて料金が変動するケースが多い

経理代行

  • 月額5万円〜10万円程度が一般的
  • 業務範囲が広いため、料金も高めになりがち

ただし、記帳代行+税理士への依頼を考えると、トータルのコストは経理代行と大差ない場合も。自社の状況に応じて検討しましょう。

4.2 どちらがより多くの仕事をカバー?

業務範囲の広さでは、経理代行に軍配が上がります。

記帳代行

  • 日々の仕訳や帳簿作成が中心
  • 基本的な経理業務をカバー

経理代行

  • 記帳から決算、税務申告まで幅広くカバー
  • 給与計算や社会保険関連の業務にも対応可能

経理業務を丸ごと任せたい場合は、経理代行の方が適しているでしょう。

4.3 専門知識の深さを比べてみると

専門性の面では、経理代行の方が一歩リードしています。

記帳代行

  • 基本的な経理知識があれば対応可能
  • 税理士資格は必須ではない

経理代行

  • 高度な会計知識や税務知識が必要
  • 多くの場合、税理士が関与している

より専門的なアドバイスが欲しい場合は、経理代行を選ぶ方が良いかもしれません。

比較ポイント記帳代行経理代行
コスト月額1万円〜3万円程度月額5万円〜10万円程度
業務範囲日々の仕訳や帳簿作成が中心記帳から決算、税務申告まで幅広くカバー
専門性基本的な経理知識で対応可能高度な会計知識や税務知識が必要
税理士の関与必須ではない多くの場合、税理士が関与
適している企業小規模事業者、個人事業主中小企業、成長中の企業

いかがでしょうか? 両者にはそれぞれ特徴があり、一概にどちらが良いとは言えません。大切なのは、自社の状況やニーズに合わせて選ぶこと。

ただし、メリットばかりではありません。次は、それぞれのデメリットについても正直にお伝えします。両面から見ることで、より賢い選択ができるはずです。

デメリットも正しく比較

記帳代行と経理代行、いいことばかりではありません。ここでは、それぞれのデメリットについても正直にお話しします。

5.1 社内の経理力が育たない?

記帳代行

  • 基本的な経理スキルは社内に残りにくい
  • ただし、日々の取引記録は把握しやすい

経理代行

  • より広範囲の経理知識が社内に蓄積されにくい
  • 経理部門を丸ごと外注するため、社内の経理能力が低下する可能性がある

対策:定期的に報告を受け、内容を理解する時間を設けましょう。

5.2 情報漏洩が心配…

記帳代行

  • 取引データを外部に提供するリスクはある
  • ただし、扱う情報は比較的限定的

経理代行

  • より詳細な財務情報を外部に提供することになる
  • 給与情報など、機密性の高いデータも扱う

対策:信頼できる業者を選び、秘密保持契約をしっかり結びましょう。

5.3 やりとりが大変かも

記帳代行

  • 日々の取引データを正確に提供する必要がある
  • コミュニケーションの頻度は比較的少ない

経理代行

  • より多くの情報のやりとりが必要
  • 重要な判断を仰ぐ場面も多く、密なコミュニケーションが求められる

対策:コミュニケーション方法を事前に決め、定期的な報告会を設けるのがおすすめです。

比較ポイント記帳代行経理代行
社内の経理力基本的な経理スキルが社内に残りにくいより広範囲の経理知識が社内に蓄積されにくい
情報セキュリティ取引データを外部提供するリスクありより詳細な財務情報を外部に提供
コミュニケーション日々の取引データの正確な提供が必要より多くの情報のやりとりが必要
対応の柔軟性限定的な業務範囲のため、柔軟性に欠ける幅広い対応が可能だが、細かなカスタマイズに時間がかかる場合も
コスト管理予測しやすいが、取引量増加で急にコストが上がる可能性固定費化しやすいが、初期コストが高い場合も

これらのデメリットは、適切な対策を取ることで最小限に抑えることができます。大切なのは、自社の状況をよく把握し、メリットとデメリットを天秤にかけて判断すること。

「でも、結局いくらくらいかかるの?」そんな疑問も出てくるはず。次は、記帳代行と経理代行の具体的な料金相場を見ていきます。予算に合わせた選択ができるよう、しっかりチェックしていきましょう。

はい、次のセクションに進みましょう。

6.いくらかかるの?料金を比べてみよう

記帳代行と経理代行、気になるのは料金ですよね。ここでは、それぞれの一般的な料金相場を見ていきます。

記帳代行の料金相場

  • 基本料金:月額5,000円〜20,000円程度
  • 仕訳料金:1仕訳あたり50円〜100円程度
  • 例:月間100仕訳の場合、10,000円〜30,000円程度

経理代行の料金相場

  • 小規模事業者向け:月額30,000円〜50,000円程度
  • 中規模事業者向け:月額50,000円〜100,000円程度
  • 大規模事業者向け:月額100,000円以上

ただし、これらはあくまで目安です。実際の料金は、以下の要因によって変動します:

  1. 取引量:仕訳の数が多いほど料金は上がります
  2. 業務内容:給与計算や税務申告のサポートなど、オプション業務を追加すると高くなります
  3. 会社の規模:従業員数や売上規模によって料金が変わることも
  4. 契約期間:長期契約だと割引が適用されるケースもあります

また、料金体系も会社によって異なります:

  • 完全固定制:月額固定で使い放題
  • 従量制:仕訳数に応じて料金が変動
  • 混合制:基本料金+従量制

選ぶ際のポイント:

  1. 自社の取引量を把握し、最適な料金プランを選ぶ
  2. 将来の事業拡大も考慮に入れる
  3. 隠れた費用(初期設定費用、契約解除料など)がないか確認
  4. 無料トライアルや相談を活用して、実際の使用感を確かめる

「うちの会社だと、どのくらいかかるんだろう?」具体的な見積もりは、各サービス提供会社に問い合わせるのがベストです。多くの会社が無料相談を受け付けているので、気軽に問い合わせてみましょう。

料金は大切な要素ですが、それだけで判断するのは危険です。次は、会社の規模や状況に応じて、記帳代行と経理代行のどちらが適しているかを詳しく見ていきます。

7.あなたの会社にぴったりなのは?

記帳代行と経理代行、それぞれの特徴がわかってきたところで、どちらを選べばいいのか考えてみましょう。会社の規模や状況によって、最適な選択は変わってきます。

7.1 個人事業主なら

個人事業主の方には、多くの場合、記帳代行がおすすめです。

  • メリット
    • コストが抑えられる
    • 基本的な経理業務から解放される
    • 確定申告の準備が楽になる
  • 注意点:
    • 税務申告は自己責任
    • 経営判断に必要な財務分析は自分で行う必要がある

ただし、事業規模が大きい場合や、複雑な取引が多い場合は、経理代行も検討する価値があります。

7.2 小さな会社の場合

従業員10人未満程度の小規模企業の場合、状況に応じて選びましょう。

記帳代行を選ぶケース:

  • 経理の基本は押さえているが、日々の作業を軽減したい
  • コスト削減が最優先課題

経理代行を選ぶケース:

  • 経理の知識が乏しく、専門家のサポートが必要
  • 今後の事業拡大を見据えている

7.3 ある程度大きな会社の場合

従業員数が数十人を超える中規模以上の企業なら、経理代行がおすすめです。

  • メリット
    • 幅広い経理業務をカバーできる
    • 専門的なアドバイスが得られる
    • 内部統制の観点からも有効
  • 注意点:
    • コストは比較的高め
    • 社内の経理スキル低下に注意が必要

重要なのは、自社の現状と将来の展望をしっかり見据えること。今の規模だけでなく、3年後、5年後の姿を想像して選択しましょう。

また、記帳代行と経理代行を併用するハイブリッド型の選択肢もあります。例えば、日々の記帳は記帳代行に任せ、月次決算や税務申告は経理代行や税理士に依頼するなど、自社に合わせてカスタマイズすることも可能です。

次は、記帳代行や経理代行のサービスを選ぶ際のポイントを詳しく解説します。失敗しない選び方のコツをしっかり押さえていきましょう。

8.失敗しない!選び方のコツ5つ

記帳代行や経理代行のサービスを選ぶとき、どんなポイントに注目すればいいのでしょうか。ここでは、失敗しない選び方のコツを5つご紹介します。

8.1 どんな仕事を頼めるか確認

まずは、サービスの範囲をしっかりチェック。

  • 自社のニーズに合った業務をカバーしているか
  • 将来的に必要になりそうな業務にも対応可能か
  • カスタマイズや追加サービスの有無

ポイント:単に現在の課題解決だけでなく、将来の成長も見据えて選びましょう。

8.2 料金の仕組みをチェック

わかりやすい料金体系かどうかも重要です。

  • 固定料金制か従量制か、どちらが自社に適しているか
  • 初期費用や隠れたコストはないか
  • 契約期間や解約条件は適切か

ポイント:見積もりをもらう際は、具体的な数字で試算してもらいましょう。

8.3 セキュリティ対策はバッチリ?

財務情報を扱うので、セキュリティは特に重要。

  • データ暗号化やアクセス制限などの基本的な対策
  • プライバシーマークやISO27001などの認証取得状況
  • 情報漏洩時の補償内容

ポイント:口頭での説明だけでなく、文書で確認するのがベストです。

8.4 スムーズなコミュニケーションのために

日々のやりとりがスムーズにできるかも大切なポイント。

  • 担当者は固定か、チーム制か
  • 連絡手段(電話、メール、チャットなど)と対応時間
  • 緊急時の対応体制

ポイント:自社のコミュニケーションスタイルに合うかどうかも考慮しましょう。

8.5 実績と評判をしっかりリサーチ

最後に、サービスの信頼性をチェック。

  • 同業他社や類似規模の企業での導入実績
  • クライアントの評判や口コミ
  • 業界での知名度や評価

ポイント:可能であれば、実際に利用している企業の声を聞くのも良いでしょう。

これらのポイントをしっかりチェックすれば、自社にぴったりのサービスを見つけられるはずです。ただし、完璧なサービスを探そうとして選択に時間をかけすぎるのも考えもの。ある程度絞り込めたら、実際に問い合わせてみるのがおすすめです。

次は、記帳代行や経理代行サービスを実際に導入する際の流れと、必要な準備について解説します。スムーズな導入のためのポイントをおさえていきましょう。

9.記帳代行・経理代行サービスの導入手順

記帳代行や経理代行サービスの導入を決めたら、どんな準備が必要でしょうか。ここでは、スムーズな導入のための手順とポイントをご紹介します。

チェック表形式になっているので、よかったら使ってくださいね。このチェックリストを使用することで、導入プロセスを段階的に確認しながら進めることができます。各項目にチェックを入れていくことで、進捗状況も一目で分かるようになりますよ。

記帳代行・経理代行サービス導入チェックリスト

□ 1. 現状の棚卸し
□ 現在の経理業務の流れを整理した
□ 課題や改善したい点をリストアップした
□ 月間の取引量や仕訳数を把握した

□ 2. サービス選定
□ 複数のサービスを比較検討した
□ 見積もりや提案書を取得した
□ 無料相談や体験版を利用した(必要に応じて)

□ 3. 契約内容の確認
□ 料金プランや支払い条件を確認した
□ 契約期間や解約条件をチェックした
□ 秘密保持契約(NDA)を締結した

□ 4. 導入準備
□ 必要書類を準備した(過去の帳簿、決算書など)
□ データ移行の方法と手順を確認した
□ 社内での役割分担を決定した

□ 5. キックオフミーティング
□ サービス提供者と顔合わせをした
□ 具体的な業務フローを確認した
□ コミュニケーション方法を取り決めた

□ 6. 運用開始
□ 段階的に業務を移行している
□ 初期の intensive な確認期間を設けている
□ 必要に応じて微調整を行っている

□ 7. 定期的な見直し
□ 月次や四半期ごとの報告会を設定した
□ KPIを決めて効果測定している
□ 必要に応じてサービス内容を調整している

導入時のポイント:

  • 焦らず段階的に進める
  • 社内の関係者にもしっかり説明し、理解を得る
  • 初期段階では頻繁にコミュニケーションを取る
  • 問題点は早めに指摘し、改善を図る

記帳代行や経理代行サービスの導入は、単なる業務の外部委託ではありません。自社の経理業務を最適化し、経営の質を向上させるチャンスでもありますよ。

まとめ:ベストな選択で経理の悩みから解放されよう

記帳代行と経理代行、それぞれの特徴を見てきました。

  • 記帳代行:日々の取引記録に特化
  • 経理代行:記帳から決算、税務申告まで幅広く対応

選択のポイントは、自社の規模、必要な業務範囲、予算、そして社内の経理スキルです。どちらを選んでも本業に集中できる時間が増えますが、社内の経理スキル低下には注意が必要です。

導入時は段階的に進め、こまめなコミュニケーションと定期的な見直しが大切です。

リルデイジーのサービスのご紹介

リルデイジーは、個人事業主から中小企業まで幅広く対応。貴社に合わせた専属女性ディレクターが、貴社の現状をヒアリングした上で記帳代行・経理代行を担当させていただきます。

経理の悩みから解放され、事業成長に集中したい方は、ぜひ一度ご相談ください

事務のアウトソーシングなら、お気軽にご相談ください







    事務担当が退職を希望したすぐに人手が欲しい月ごとに仕事量が変わるので人を雇えない一つだけでなく複数の業務を依頼したいコストダウンしたい経理や総務も依頼したい


    営業事務・事務経理総務秘書マーケティング・リサーチWebSNS・運用、制作その他






    関連記事

    【コスト削減】総務業務を事務代行に任せて、賢くリソースを活用!

    属人化で悩む事務作業の効率化策!業務の「見える化」と外部リソース活用のすすめ

    名寄せの効率的な方法とは?エクセル活用のコツから外注活用まで徹底解説

    アウトソーシングって何?メリットからデメリットまでわかりやすく解説

    事務コストを抑えて利益率アップ!経営者が知るべき業務効率化のコツ

    SNS運用のコツとオンラインアシスタントの企業SNS運用代行をご紹介

    PAGE TOP