事務代行リルデイジーはオンラインでアシスタントが業務を代行し、人手不足を解消するサービスです

中小企業必見!バックオフィス業務代行の活用法

目次

1. こんな悩み、ありませんか?中小企業のバックオフィス事情

中小企業の経営者やマネージャーの皆さん、日々の業務に追われて本来の仕事に集中できないと感じていませんか?特にバックオフィス業務は、会社の規模が小さいほど大きな負担になりがちです。

こんな経験、心当たりはありませんか?

  • 「経理の仕事が多すぎて、夜遅くまで残業している」
  • 「人事労務の管理が複雑で、いつも頭を抱えている」
  • 「総務業務に時間を取られて、肝心の営業活動ができない」
  • 「専門知識が必要な業務があるけど、適任者がいなくて困っている」
  • 「繁忙期と閑散期の差が激しくて、人員配置に悩んでいる」

どれか一つでも当てはまるなら、あなたは決して一人ではありません。多くの中小企業が同じような課題を抱えているのです。

そんな悩みを解決する一つの方法として、「バックオフィス業務代行」というサービスがあります。バックオフィス業務代行とは、経理・人事・総務といった管理部門の業務を外部の専門家に委託するサービスのこと。このサービスを活用することで、社内の人材を本業に集中させることができ、業務効率の向上やコスト削減につながります。

次は、バックオフィス業務代行の定義や具体的な業務範囲について詳しく説明します。皆さんの会社でどのような業務を任せられるのか、イメージを膨らませていきましょう。

事務代行・バックオフィス代行は
女性オンラインアシスタントのリルデイジーへ

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

専属ディレクターによる
業務分析と対応

各企業に専属のディレクターがつき、業務内容を詳しくヒアリング。最適な業務フローを設計し、適切なスタッフをアサインします。

女性スタッフによる
きめ細やかなサポート

リルデイジーのスタッフは全員が女性。女性ならではの細やかな心配りと柔軟なコミュニケーションで、クライアントのニーズに的確に対応。

総勢200人のスタッフによる
安定したサービス提供

フリーランスのクラウドソーシングと違い多数のスタッフが常駐。途中で業務を投げ出されるリスクがありません。

2. バックオフィス業務代行とは?

皆さんは「バックオフィス業務代行」という言葉を聞いて、どんなイメージを持ちますか?難しそう、高そう、うちの会社には関係ないかも…そんな風に思った方もいるかもしれません。でも、実はとてもシンプルで、多くの中小企業にとって心強い味方になるサービスなんです。

2.1 簡単解説!バックオフィス業務代行の正体

バックオフィス業務代行とは、簡単に言えば「会社の裏方仕事を外部のプロに任せること」です。経理、人事、総務といった、会社の運営に欠かせないけれど直接的には利益を生まない業務を、専門の会社に委託するサービスのことを指します。

例えるなら、大切な家事を家政婦さんに任せるようなもの。自分でやろうと思えばできるけれど、プロに任せることで時間を節約し、よりクオリティの高い結果が得られる。そんなイメージです。

2.2 どんなことをお願いできるの?

バックオフィス業務代行で外部に委託できる業務は実に多岐にわたります。主な分野を見ていきましょう。

お金の管理はおまかせ!経理業務

  • 日々の帳簿付け
  • 請求書の発行と管理
  • 給与計算
  • 決算書類の作成
  • 税務申告のサポート

人のことならこちら!人事労務業務

  • 採用活動のサポート
  • 社会保険手続き
  • 勤怠管理
  • 給与計算(経理と重複しますが、こちらでも対応可能)
  • 就業規則の作成・更新

会社の裏方さん、総務業務

  • オフィス用品の発注・管理
  • 各種契約書の作成・管理
  • 社内イベントの企画・運営
  • 社内システムの管理
  • 文書管理・ファイリング

これらは一例に過ぎません。実際には、会社ごとのニーズに合わせて、さまざまな業務を柔軟に対応してくれるのがバックオフィス業務代行サービスの魅力です。

「えっ、そんなにたくさんの業務を外部に任せていいの?」と思った方もいるかもしれません。でも、心配はいりません。次は、バックオフィス業務代行を利用することで得られるメリットについて詳しく見ていきます。なぜ多くの中小企業がこのサービスを活用しているのか、その理由がきっと分かるはずです。

事務代行・バックオフィス代行は
女性オンラインアシスタントのリルデイジーへ

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

専属ディレクターによる
業務分析と対応

各企業に専属のディレクターがつき、業務内容を詳しくヒアリング。最適な業務フローを設計し、適切なスタッフをアサインします。

女性スタッフによる
きめ細やかなサポート

リルデイジーのスタッフは全員が女性。女性ならではの細やかな心配りと柔軟なコミュニケーションで、クライアントのニーズに的確に対応。

総勢200人のスタッフによる
安定したサービス提供

フリーランスのクラウドソーシングと違い多数のスタッフが常駐。途中で業務を投げ出されるリスクがありません。

3. バックオフィス業務代行で得られる4つのうれしい効果

バックオフィス業務代行を利用すると、思いもよらないメリットがたくさんあります。ここでは、特に中小企業にとって嬉しい4つの効果を詳しく見ていきましょう。

3.1 財布にやさしい!コスト削減効果

「外部に委託するんだから、きっと高くつくんでしょ?」
そう思った方、実はそうとは限らないんです。

  • 人件費の削減:正社員を雇うよりも低コストで専門的な業務をカバーできます。
  • 残業代の削減:内部での残業が減るため、残業代も自然と減少します。
  • オフィススペースの有効活用:バックオフィス専用のスペースを削減できます。

例えば、経理担当者の年間人件費が500万円だとしましょう。バックオフィス業務代行を利用すれば、その半分以下のコストで同等以上のサービスを受けられることも珍しくありません。

3.2 プロの仕事で品質アップ

「うちの会社の特殊な事情、外部の人に分かるのかな…」
そんな心配は無用です。むしろ、プロに任せることで業務の質が大幅に向上します。

  • 専門知識の活用:会計や労務の専門家が最新の法律や制度に基づいて業務を行います。
  • ミス削減:チェック体制が整った専門会社に任せることで、ケアレスミスが減少します。
  • 業務の標準化:プロのノウハウを活かした効率的な業務フローが導入されます。

3.3 本業に集中できる幸せ

バックオフィス業務に時間を取られすぎて、本来やるべき仕事ができていない…そんな経験はありませんか?

  • 経営戦略への集中:管理業務から解放され、経営戦略の立案や実行に時間を使えます。
  • 営業活動の強化:バックオフィス業務に費やしていた時間を営業活動に充てられます。
  • 商品開発の促進:管理業務の負担が減ることで、新商品や新サービスの開発に注力できます。

3.4 専門家の知恵を借りられる

バックオフィス業務代行は単なる作業の外部委託ではありません。専門家の知見を活用できる絶好の機会なのです。

  • 経営アドバイスの獲得:財務状況を詳しく把握している専門家から、的確なアドバイスがもらえます。
  • 最新情報の入手:法改正や制度変更などの最新情報をタイムリーに教えてもらえます。
  • ベストプラクティスの学習:多くの企業をサポートしている専門家から、業界のベストプラクティスを学べます。

いかがでしょうか?バックオフィス業務代行には、思った以上にたくさんのメリットがありますね。でも、「うちの会社に本当に合うのかな」と迷っている方もいるかもしれません。

次は、バックオフィス業務代行の導入ステップについて解説します。自社に合ったサービスを選ぶコツや、スムーズな導入方法について詳しく見ていきましょう。

4. バックオフィス業務代行、はじめの一歩

「バックオフィス業務代行、確かに魅力的そうだけど、どうやって始めればいいの?」そんな疑問にお答えします。ここでは、スムーズな導入のための3つのステップを詳しく解説します。

4.1 まずは自社の業務を見直そう

バックオフィス業務代行を効果的に活用するには、まず自社の現状をしっかり把握することが大切です。

  • 業務の洗い出し:どんな業務にどれくらいの時間がかかっているか、リストアップしてみましょう。
  • 問題点の特定:どの業務に特に負担を感じているか、どこでミスが起きやすいかを考えます。
  • 優先順位付け:外部委託したい業務の優先順位を決めます。

例えば、「毎月の給与計算に3日もかかっている」「経費精算のミスが多発している」といった具合です。

4.2 どの業務を任せる?決め方のコツ

全ての業務を一度に外部委託する必要はありません。以下のポイントを参考に、委託する業務を選びましょう。

  • 時間がかかる業務:社内で多くの時間を費やしている業務を優先的に検討します。
  • 専門知識が必要な業務:税務や労務など、専門性の高い業務は外部のプロに任せると安心です。
  • 定型的な業務:請求書発行や給与計算など、ルーチンワーク的な業務は外部委託に向いています。

「経理業務のうち、まずは請求書発行と経費精算から始めてみよう」といった具合に、段階的に進めるのがおすすめです。

4.3 ぴったりの代行サービスの選び方

いよいよ、バックオフィス業務代行サービスを選ぶ段階です。以下の点に注目して、自社に合ったサービスを探しましょう。

  • 対応可能な業務範囲:自社のニーズに合った業務をカバーしているか確認します。
  • 料金体系:固定料金か従量制か、自社の予算に合うか検討します。
  • 実績と評判:同業他社での導入実績や、利用者の評判をチェックします。
  • コミュニケーション方法:日々のやり取りがスムーズにできるか、確認します。
  • セキュリティ対策:個人情報や機密情報の取り扱いが適切か、確認します。

「うちは製造業だから、在庫管理にも詳しい代行サービスがいいな」「スタートアップだから、柔軟に対応してくれるところがいいな」など、自社の特性に合わせて選びましょう。

バックオフィス業務代行の導入は、決して難しいものではありません。自社の状況をよく見極め、少しずつ進めていけば、必ず良い結果が得られるはずです。

次は、バックオフィス業務代行サービスを選ぶ際の具体的なポイントについて、さらに詳しく解説していきます。失敗しない選び方のコツを押さえて、自社にぴったりのサービスを見つけましょう。

5. 失敗しない!バックオフィス業務代行サービスの選び方

「バックオフィス業務代行サービスを使ってみたいけど、失敗したくないな…」そんな不安を感じている方も多いはず。ここでは、適切なサービスを選ぶための3つのポイントを詳しく解説します。

5.1 どんな業務ができるの?範囲をチェック

まずは、サービスの対応範囲をしっかり確認しましょう。

  • 業務の網羅性:経理、人事、総務など、必要な業務をカバーしているか。
  • 専門性のレベル:税務申告や社会保険手続きなど、高度な専門知識が必要な業務にも対応できるか。
  • カスタマイズの可能性:自社の特殊な業務にも柔軟に対応してくれるか。

例えば、「経理全般はOKだけど、在庫管理はNG」というサービスもあります。自社のニーズとマッチしているか、細かくチェックしましょう。

5.2 コミュニケーションは大丈夫?方法を確認

スムーズな業務遂行には、日々のコミュニケーションが欠かせません。

  • 連絡手段:電話、メール、チャットツールなど、どんな方法で連絡を取り合えるか。
  • 対応速度:質問や依頼にどのくらいのスピードで返答してくれるか。
  • 担当者の安定性:担当者が頻繁に変わることはないか。

「チャットツールで気軽に質問できる」「原則24時間以内に返答がある」といった具合に、自社の働き方に合ったコミュニケーション方法を持つサービスを選びましょう。

5.3 予算に合う?料金と契約のポイント

最後に、料金体系と契約条件をしっかり確認します。

  • 料金体系:固定料金制か従量制か、あるいは両者の組み合わせか。
  • 最低契約期間:短期間のお試しは可能か、長期契約が必要か。
  • 解約条件:どのような場合に、どのようなプロセスで解約できるか。
  • 追加料金:基本料金以外に発生する可能性のある費用はあるか。

例えば、「基本料金+従量制」というサービスなら、繁忙期の対応も柔軟にできて便利かもしれません。一方で、「年間契約が必須」というサービスもあるので、自社の状況に合わせて慎重に選びましょう。

これらのポイントをしっかりチェックすれば、失敗のリスクを大幅に減らすことができます。ただし、完璧なサービスを見つけようとして選択に時間をかけすぎるのも考えもの。まずは小規模な業務から始めて、徐々に範囲を広げていくのも一つの賢い方法です。

次は、実際にバックオフィス業務代行を活用して成功した企業の事例を紹介します。具体的にどんな効果があったのか、リアルな声を通して見ていきましょう。

6. こんなふうに使えます!バックオフィス業務代行の実例集

「バックオフィス業務代行って、具体的にどんな効果があるの?」そんな疑問にお答えするため、実際の活用事例を見ていきましょう。様々な業種や規模の企業が、どのようにバックオフィス業務代行を活用し、どんな成果を上げているのか。リアルな声とともにご紹介します。

6.1 経理の達人!効率化の成功例

A社(IT企業、従業員50名)の事例:

Before:経理担当者1名で全ての経理業務を担当。月末の締め作業に毎回残業が発生し、ミスも多かった。

After:請求書発行、経費精算、給与計算をバックオフィス業務代行に委託。

結果:

  • 経理担当者の残業時間が月40時間から5時間に削減
  • 入力ミスによる差戻しが90%減少
  • 経理担当者が経営分析に時間を割けるようになり、コスト削減案を提案できるように

A社の経営者の声:「はじめは不安でしたが、むしろ正確性が増して助かっています。経理担当者からは『本来やりたかった仕事ができるようになった』と喜ばれています」

6.2 人事労務はこう変わる!改善のビフォーアフター

B社(小売業、従業員100名)の事例:

Before:人事部長1名と担当者1名で全ての人事労務業務を担当。複雑な勤怠管理や社会保険手続きに追われる日々だった。

After:勤怠管理システムの導入と運用、社会保険手続き、給与計算をバックオフィス業務代行に委託。

結果:

  • 勤怠管理の正確性が向上し、残業代の計算ミスがゼロに
  • 社会保険手続きの遅延がなくなり、従業員の信頼度アップ
  • 人事部長が採用戦略の立案や社員教育に注力できるように

B社の人事部長の声:「専門家のサポートのおかげで、最新の労働法改正にもスムーズに対応できています。人事部の戦略的な役割を果たせるようになりました」

6.3 総務の悩みもスッキリ解決!最適化のヒント

C社(製造業、従業員30名)の事例:

Before:総務担当者不在で、社長秘書が片手間に総務業務を担当。備品管理や契約書管理が煩雑で、重要書類の紛失も発生していた。

After:備品発注・管理、契約書管理、社内規定の整備をバックオフィス業務代行に委託。

結果:

  • 備品の無駄な発注がなくなり、コストが20%削減
  • 契約書の電子化と管理システム導入で、重要書類の紛失がゼロに
  • 最新の法令に準拠した社内規定が整備され、労務リスクが低減

C社の社長の声:「総務の仕事って地味だけど大事。プロに任せたことで会社の土台がしっかりしたように感じます。社員の働きやすさも向上しましたね」

これらの事例からわかるように、バックオフィス業務代行は単なる業務の外部委託以上の価値を生み出しています。業務効率の向上はもちろん、社内リソースの最適化、専門性の向上、さらにはビジネスチャンスの創出にもつながっているのです。

しかし、バックオフィス業務代行にもいくつか注意点があります。次は、導入時に気をつけるべきポイントについて解説します。メリットを最大限に活かし、デメリットを最小限に抑えるコツをお教えしましょう。

7. バックオフィス業務代行の注意点とデメリット

バックオフィス業務代行には多くのメリットがありますが、もちろん注意すべき点もあります。ここでは、よく聞かれる懸念事項とその対策について説明します。これらを理解することで、より効果的にサービスを活用できるでしょう。

7.1 社内のノウハウが蓄積されにくい?対策を考えよう

懸念点: 「外部に任せきりになって、社内に知識やスキルが残らないのでは?」

対策:

  1. 定期的な報告会の実施: 月1回程度、代行サービスから詳細な業務報告を受け、社内で共有します。
  2. マニュアルの作成を依頼: 代行サービスに業務手順のマニュアル作成を依頼し、社内でも共有・保管します。
  3. 社内担当者の設置: 代行サービスとの窓口となる担当者を置き、業務の流れを把握させます。

ある経営者の声:「最初は知識が社外に流出する不安がありましたが、逆に専門家から学ぶことで社内のレベルアップにつながりました」

7.2 コミュニケーションの工夫が必要かも

懸念点: 「外部の人とうまくコミュニケーションが取れるだろうか?」

対策:

  1. 定例ミーティングの設定: 週1回など、定期的なオンラインミーティングを設定し、顔の見える関係を構築します。
  2. コミュニケーションツールの活用: チャットツールやプロジェクト管理ツールを使い、素早く簡単なやり取りができる環境を整えます。
  3. 緊急時の連絡方法の確認: 急を要する際の連絡方法を事前に決めておきます。

ある管理職の声:「はじめは戸惑いましたが、こまめに連絡を取り合うことで、社内の人以上に頼れる存在になりました」

注意点を押さえた上で、以下のようなアプローチを取ることをおすすめします:

  1. 段階的な導入: 一度にすべての業務を委託するのではなく、少しずつ範囲を広げていきます。
  2. 定期的な見直し: 3ヶ月に1回程度、サービスの効果を検証し、必要に応じて調整します。
  3. 社内体制の整備: 外部サービスを上手に活用するための社内ルールを整えます。

バックオフィス業務代行は、使い方次第でデメリットを最小限に抑え、大きな効果を得ることができます。これらの注意点を意識しながら、自社に最適な活用方法を見つけていきましょう。

さて、ここまでバックオフィス業務代行について詳しく見てきました。最後に、これらの情報を踏まえて、どのように自社に取り入れていくべきか、まとめていきましょう。

8. バックオフィス業務代行で会社が変わる!次のステップへ

ここまで、バックオフィス業務代行について詳しく見てきました。その定義、メリット、導入方法、注意点など、多くの情報を得られたと思います。では、これらの知識を踏まえて、どのように行動に移せばいいのでしょうか?ここでは、バックオフィス業務代行の導入に向けた具体的なステップをご紹介します。

まずは自社の現状を見直そう

  1. 業務の棚卸し: 現在どんな業務にどれくらいの時間がかかっているか、リストアップしてみましょう。
  2. 課題の洗い出し: どの業務に特に負担を感じているか、どこでミスが起きやすいかを特定します。
  3. 優先順位付け: 外部委託したい業務の優先順位を決めます。

小さく始めて、徐々に拡大

  1. 試験的導入: 最も負担に感じている業務1つを選んで、短期間の試験導入をしてみましょう。
  2. 効果測定: 導入前後で、作業時間やミスの発生率などを比較し、効果を確認します。
  3. 段階的拡大: 効果が確認できたら、徐々に他の業務にも範囲を広げていきます。

社内の理解と協力を得る

  1. 目的の共有: なぜバックオフィス業務代行を導入するのか、会社としての目的を明確にし、社員と共有します。
  2. 担当者のフォロー: 特に、これまで該当業務を担当していた社員のキャリアプランを一緒に考えます。
  3. 定期的な報告: 導入後の効果や変化について、定期的に全社で共有します。

リルデイジーと一緒に、あなたの会社にぴったりの解決策を見つけましょう

バックオフィス業務代行の導入は、単なる業務の外部委託ではありません。それは、あなたの会社をより強く、より効率的に、そしてより働きやすい場所にする大きなチャンスなのです。

リルデイジーは、こうした変革の旅に寄り添い、サポートする心強いパートナーとなります。私たちの経験豊富なスタッフが、あなたの会社の特性や課題を深く理解し、最適なソリューションを提案します。

  • 柔軟なサービス設計:あなたの会社のニーズに合わせて、サービス内容をカスタマイズします。
  • 段階的な導入サポート:小規模な試験導入から、全面的な業務移管まで、ステップバイステップでサポートします。
  • 継続的な改善提案:導入後も定期的に効果を検証し、さらなる改善点を提案します。

バックオフィス業務の効率化で悩んでいませんか?経理、人事、総務の負担を軽減し、本業に集中したいとお考えではありませんか?ぜひ、リルデイジーにご相談ください。私たちと一緒に、あなたの会社の未来を描いていきましょう。

事務のアウトソーシングなら、お気軽にご相談ください







    事務担当が退職を希望したすぐに人手が欲しい月ごとに仕事量が変わるので人を雇えない一つだけでなく複数の業務を依頼したいコストダウンしたい経理や総務も依頼したい


    営業事務・事務経理総務秘書マーケティング・リサーチWebSNS・運用、制作その他






    関連記事

    【コスト削減】総務業務を事務代行に任せて、賢くリソースを活用!

    経理業務フローの改善で効率アップ!作成手順と効果的な活用法

    経理代行で本業に集中!個人事業主向けに解説

    「一人経理」のリスクと対策とは?中小企業の経営者必見!効率化と安全性の両立

    事務部門の人材不足を解消する方法とは?経営者が知るべき対策を紹介

    業務改善提案書の作り方:パワーポイントで説得力のある資料を作成するコツ

    PAGE TOP