事務代行リルデイジーはオンラインでアシスタントが業務を代行し、人手不足を解消するサービスです

クラウドソーシングで失敗しない発注方法

インターネットやSNSの普及とともに、クラウドソーシングが注目を集めています。クラウドソーシングとは、不特定多数の人々に仕事を発注し、完了した成果物に対して報酬を支払うシステムのことです。

フリーランスにとっては、自分のスキルを活かして仕事を受注できるメリットがあります。一方、発注者側は、社内で人材を確保するよりも低コストで仕事を依頼できるため、多くの企業がクラウドソーシングを活用するようになりました。

しかし、クラウドソーシングを利用する際には、注意すべき点があります。発注者と受注者が直接会わずにオンライン上でやり取りするため、トラブルに巻き込まれるリスクがあるのです。

実際に、クラウドソーシングを利用した方の中には、「仕事が完了しないまま音信不通になった」「納品物の質が低かった」といった問題に直面した方もいるでしょう。

そこで、この記事では、クラウドソーシングを利用する際の注意点と、トラブルを避けるための方法について解説します。また、リルデイジーの事務代行サービスの利点も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

事務代行・バックオフィス代行は
女性オンラインアシスタントのリルデイジーへ

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

専属ディレクターによる
業務分析と対応

各企業に専属のディレクターがつき、業務内容を詳しくヒアリング。最適な業務フローを設計し、適切なスタッフをアサインします。

女性スタッフによる
きめ細やかなサポート

リルデイジーのスタッフは全員が女性。女性ならではの細やかな心配りと柔軟なコミュニケーションで、クライアントのニーズに的確に対応。

総勢200人のスタッフによる
安定したサービス提供

フリーランスのクラウドソーシングと違い多数のスタッフが常駐。途中で業務を投げ出されるリスクがありません。

クラウドソーシングを利用する際の注意点

クラウドソーシングを利用する際は、いくつか注意すべき点があります。

仕事の内容と報酬の不一致

クラウドソーシングでは、仕事の内容と報酬がマッチしていないことがあります。例えば、高度なスキルが必要な仕事なのに、報酬が安すぎるなどです。仕事を発注する際は、内容に見合った適切な報酬を設定するようにしましょう。

発注者と受注者のコミュニケーション不足

オンラインでのやり取りは、行き違いが生じやすいものです。仕事の内容や期限などを明確に伝え、受注者とこまめにコミュニケーションを取ることが大切です。

受注者のスキル不足や信頼性の欠如

クラウドソーシングでは、受注者のスキルや信頼性を事前に見極めることが難しい場合もあります。過去の実績や評価を確認し、信頼できる人に仕事を任せるようにしましょう。

これらの点に気をつけながら、クラウドソーシングを活用することが重要です。トラブルを防ぐには、発注者と受注者が協力し、スムーズなコミュニケーションを心がけることが欠かせません。

次は、実際にクラウドソーシングでトラブルに巻き込まれてしまったケースを、具体的に見ていきたいと思います。

音信不通・トンズラされるケースの具体例

クラウドソーシングを利用していると、残念ながらトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。ここでは、実際によくあるトンズラのケースをいくつか紹介しますね。

一見すると★5の評価が多い人に依頼しても、音信不通や途中で投げ出される

クラウドソーシングでは、受注者の評価を見て仕事を依頼するのが一般的です。しかし、評価が高くても、実際に仕事を始めてみると連絡が取れなくなったり、途中で放棄されたりするケースがあるんです。

クラウドソーシングは、納品後に評価されるシステム。途中で音信不通になった場合は評価の対象になりにくい

クラウドソーシングのシステム上、評価は仕事が完了した後に行われます。そのため、途中で連絡が取れなくなってしまうと、評価を下げることができないんですよね。

納品物の質が低い、または納品されない

期待していた品質の成果物が届かなかったり、最悪の場合、納品されないこともあります。納期が近づいているのに連絡が取れない、なんてことも。

受注者が途中で音信不通に

仕事の途中で、受注者からの連絡が突然途絶えてしまうこともあります。理由も告げられないまま、音信不通になってしまうんです。

報酬の支払いを求められたが、仕事が完了していない

仕事が完了していないのに、報酬の支払いを要求されるケースもあります。納品物の質が低いのに、全額を請求されたりすることも。払った後に音信不通になることもよくあります。

こんな風にトンズラに遭ってしまうと、時間もお金も無駄になってしまいますよね。でも、大丈夫です。次は、このようなトラブルを防ぐための対策について、詳しく説明していきます。

音信不通・トンズラを防ぐための対策

クラウドソーシングでトンズラに遭わないためには、どんな対策を取ればいいのでしょうか。ここでは、いくつかのポイントを紹介します。

受注者の過去の実績や評価を確認する

まずは、受注者の過去の実績や評価をしっかりとチェックしましょう。

質が悪い★5が多いフリーランサーは、アンケートなどの簡単な仕事をたくさん受注して評価を水増ししていることが多いです。
単に評価の星の数だけでなく、過去にどんな仕事を受注していたのかを見ることが大切です。簡単な仕事ばかりで高評価を得ているフリーランサーには、注意が必要かもしれません。

仕事の内容と報酬を明確に定義する

仕事の内容と報酬については、事前にしっかりと取り決めておくことが重要です。曖昧なまま仕事を始めてしまうと、後からトラブルになりかねません。

進捗状況を定期的に確認し、コミュニケーションを維持する

仕事の進捗状況は、定期的に確認するようにしましょう。受注者とのコミュニケーションを密に取ることで、問題が起きそうな兆候を早期に発見できます。

しっかりとした対策を取ることで、クラウドソーシングでのトラブルは避けられます。でも正直なところ、対策を取るだけでも、結構な手間がかかりますよね。

そんな時は、リルデイジーの事務代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。次の章では、リルデイジーのサービスの特徴について、詳しくご紹介します。

リルデイジーの事務代行サービスの紹介

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

クラウドソーシングでのトラブルを避けたい、でも自分で対策を取るのは大変…。そんな時は、リルデイジーの事務代行サービスを利用してみませんか?

リルデイジーは、パソコンでできるバックオフィス業務をワンストップで発注できるオンラインアシスタントサービスです。

フリーランスのクラウドソーシングと違い、途中で投げ出すリスクなし

総勢200人以上いる事務・バックオフィス業務のプロ集団。パソコンでできる仕事は何でも請け負える。そのため、一人にお願いするのと違って途中で投げ出したり音信不通になるリスクがありません
リルデイジーは、事務・バックオフィス業務のプロフェッショナルが揃っています。個人に依頼するのとは違い、途中でトンズラされる心配はありません。

女性のオンラインアシスタントサービス

リルデイジーのスタッフは全員が女性。きめ細やかな心配りと柔軟なコミュニケーションが評判で、クライアントのニーズに応えています。
リルデイジーのスタッフは全員が女性なので、細やかな気配りと丁寧なコミュニケーションが期待できます。

専属ディレクターが的確に業務分析とスタッフィング

専属ディレクターが企業の業務内容を詳しくヒアリングし、最適な業務フローを設計。適切なスタッフをアサインすることで、効率的で質の高いサービスを実現しています。
専属ディレクターが業務内容をしっかりと分析し、最適なスタッフを割り当ててくれるので、効率的で高品質な成果が期待できるんです。

クラウドソーシングのリスクを回避できる選択肢

リルデイジーの事務代行サービスなら、クラウドソーシングのようなリスクを避けつつ、質の高い成果物を得ることができます。

クラウドソーシングでトラブルに巻き込まれるくらいなら、信頼できるリルデイジーに任せてみるのはいかがでしょうか。きっと、満足いく結果が得られるはずです。

オンラインアシスタントに興味がある方はお気軽にお問い合わせください

事務のアウトソーシングなら、お気軽にご相談ください







    事務担当が退職を希望したすぐに人手が欲しい月ごとに仕事量が変わるので人を雇えない一つだけでなく複数の業務を依頼したいコストダウンしたい経理や総務も依頼したい


    営業事務・事務経理総務秘書マーケティング・リサーチWebSNS・運用、制作その他






    関連記事

    記帳代行vs経理代行:あなたに合うのはどっち?

    【初級編】バックオフィス業務とは?事務代行のプロが解説

    社員一人あたりの本当のコストとは?中小企業のための5つの人件費適正化戦略

    Instagram(インスタグラム)の商用・企業アカウントで、1000フォロワー獲得する5つの具体的なテクニックと代行業者を紹介

    書類作成代行サービスの費用や業務範囲を徹底解説!おすすめ業者も紹介

    【2024年版】人手不足解消への道筋:中小企業が今すぐ取り組むべき5つの対策

    PAGE TOP