事務代行リルデイジーはオンラインでアシスタントが業務を代行し、人手不足を解消するサービスです

大学事務のアウトソーシングで業務効率化!メリットと導入事例を徹底解説

大学職員の皆様、日々の業務に追われ、本来の教育支援や学生サービスに十分な時間を割けていないとお感じではありませんか?

「事務作業が多すぎて、学生との対話の時間が減っている」
「新しい制度への対応に追われ、業務が複雑化している」
「人員不足で、一人あたりの仕事量が増える一方だ」

これらは、多くの大学が直面している共通の課題です。その解決策として注目を集めているのが「大学事務のアウトソーシング」です。

東京大学大学経営・政策研究センターの調査によると、コロナ禍を機に「業務量が増えた」と感じる大学職員は6割以上に上ります。一方で、業務の効率化が進んだと感じる人は4割弱にとどまっています。この現状は、大学職員の負担が増加の一途をたどっていることを示しています。

本記事では、大学事務のアウトソーシングについて、その種類から具体的な活用方法、さらには成功事例まで、実践的な内容を段階的に解説していきます。これらの方法を活用することで、貴学の業務効率を向上させ、より質の高い教育サービスの提供に注力できる環境を整えることができるでしょう。

では、効率的な大学運営の実現に向けて、具体的な方法を見ていきましょう。

大学事務アウトソーシングとは

大学事務アウトソーシングとは、大学の事務業務の一部または全体を外部の専門業者に委託することです。単純な業務代行だけでなく、業務の効率化や品質向上を目指す戦略的な取り組みとして捉えられています。

定義と目的
アウトソーシングの主な目的は以下の通りです:

  1. 業務効率の向上
  2. コスト削減
  3. 専門知識・スキルの活用
  4. コア業務への集中

例えば、ある私立大学では入試業務の一部をアウトソーシングすることで、職員の残業時間を30%削減し、オープンキャンパスの企画により多くの時間を割けるようになりました。

大学運営における重要性
大学を取り巻く環境が急速に変化する中、アウトソーシングの重要性は増しています。

  1. 少子化による競争激化
    → 学生サービスの質向上が必須
  2. 大学の国際化
    → 多言語対応など新たなスキルが必要
  3. デジタル化の加速
    → ITシステムの高度化・複雑化
  4. 働き方改革の推進
    → 職員の業務負担軽減が急務

国立大学協会の調査によると、すでに7割以上の国立大学が何らかの形でアウトソーシングを導入しています。私立大学でも同様の傾向が見られ、アウトソーシングは大学運営の効率化に欠かせない手法となっています。

アウトソーシングを適切に活用することで、大学職員は戦略的な業務や学生との直接的なコミュニケーションにより多くの時間を割くことができます。これは単なる業務効率化だけでなく、大学の競争力向上にも直結する重要な取り組みと言えるでしょう。

次は、大学事務アウトソーシングの具体的な種類について詳しく見ていきます。

大学事務アウトソーシングの種類

大学事務のアウトソーシングには、業務の内容や目的に応じていくつかの種類があります。ここでは主要な3つのタイプについて詳しく解説します。

  1. BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)

BPOは、大学の事務プロセス全体または一部を外部業者に委託するものです。

具体例:

  • 入試関連業務(願書受付、データ入力など)
  • 学生サポート業務(問い合わせ対応、証明書発行など)
  • 経理・人事関連業務

メリット:

  • 業務の標準化と効率化
  • コスト削減
  • 専門知識を持つスタッフによる業務遂行

ある国立大学では、BPOの導入により事務処理時間を20%削減し、学生対応の質を向上させることに成功しました。

  1. ITO(インフォメーション・テクノロジー・アウトソーシング)

ITOは、大学のIT関連業務を外部の専門業者に委託するものです。

具体例:

  • 学内ネットワークの管理・保守
  • 学生情報システムの運用
  • オンライン授業のテクニカルサポート

メリット:

  • 最新技術の活用
  • セキュリティ対策の強化
  • IT専門家による迅速なトラブル対応

私立大学の事例では、ITOの導入により年間のシステムダウンタイムを50%削減し、学生満足度の向上につながりました。

  1. KPO(ナレッジ・プロセス・アウトソーシング)

KPOは、高度な分析や専門知識を要する業務を外部に委託するものです。

具体例:

  • 研究支援業務(論文チェック、統計分析など)
  • 戦略立案支援(マーケティング分析、競合他校調査など)
  • 国際化対応(留学生支援、多言語対応など)

メリット:

  • 専門性の高い業務の質向上
  • グローバル視点の導入
  • 教職員の高度な業務への集中

ある中規模私立大学では、KPOを活用して留学生サポート体制を強化し、2年間で留学生数を30%増加させることに成功しました。

これらのアウトソーシングを適切に組み合わせることで、大学の業務効率と質の両方を向上させることが可能です。例えば、定型的な事務作業はBPOで効率化し、ITインフラはITOで最新化を図り、高度な分析や国際化対応はKPOで強化するといった具合です。

次は、大学事務をアウトソーシングすることのメリットについて、より詳しく見ていきましょう。

大学事務をアウトソーシングするメリット

大学事務のアウトソーシングには、様々なメリットがあります。ここでは主要な4つのメリットについて、具体例を交えて詳しく解説します。

  1. コア業務への集中

アウトソーシングにより、大学職員は本来注力すべき業務に時間を割くことができます。

具体例:
ある私立大学では、入試関連の事務作業をアウトソーシングしたことで、職員が学生募集戦略の立案や高校訪問などの core な業務に専念できるようになりました。その結果、志願者数が前年比15%増加しました。

  1. 専門知識・ノウハウの活用

アウトソーシング先の専門的なスキルやノウハウを活用することで、業務の質が向上します。

具体例:
国立大学のケースでは、留学生サポート業務を多言語対応可能な専門業者に委託したところ、留学生の満足度が30%上昇し、中途退学率が5%低下しました。

  1. コスト削減

長期的に見ると、アウトソーシングはコスト削減につながることが多いです。

具体例:
中規模私立大学が経理業務の一部をアウトソーシングした結果、年間の人件費を約20%削減。さらに、業務の正確性が向上し、ミスによる損失も大幅に減少しました。

  1. 業務の柔軟性向上

繁忙期と閑散期の差が大きい大学業務において、アウトソーシングは柔軟な対応を可能にします。

具体例:
ある大学では、入試期間中のみコールセンター業務をアウトソーシング。これにより、通常時の人員を増やすことなく、繁忙期の問い合わせに適切に対応できるようになりました。受験生からの評価も上がり、歩留まり率が5%向上しました。

これらのメリットは、単独でも大きな効果がありますが、複数のメリットが相乗効果を生み出すことも少なくありません。例えば、コスト削減と専門知識の活用により、限られた予算でより高度なサービスを提供できるようになるなどです。

実際、文部科学省の調査によると、アウトソーシングを導入した大学の約70%が「期待通りの効果があった」と回答しています。特に「業務効率の向上」と「職員の負担軽減」での効果が高く評価されています。

しかし、アウトソーシングには注意すべき点もあります。次は、大学事務をアウトソーシングする際の注意点について詳しく見ていきましょう。

大学事務をアウトソーシングする際の注意点

アウトソーシングには多くのメリットがありますが、同時に注意すべき点もあります。ここでは、主要な3つの注意点について詳しく解説します。

  1. 情報セキュリティ管理

大学は学生や教職員の個人情報を多く扱うため、情報セキュリティの管理は極めて重要です。

注意点:

  • 委託先の情報セキュリティ体制の確認
  • データ取り扱いに関する詳細な契約の締結
  • 定期的なセキュリティ監査の実施

対策例:
ある国立大学では、アウトソーシング先に ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証取得を義務付け、さらに年2回のセキュリティ監査を実施しています。その結果、5年間で情報漏洩事故ゼロを達成しています。

  1. 品質管理

業務の質を維持・向上させることは、アウトソーシング成功の鍵となります。

注意点:

  • 明確な品質基準の設定
  • 定期的な業績評価の実施
  • 大学側と委託先とのコミュニケーション強化

対策例:
私立大学のケースでは、月次で業務品質レビューを実施し、KPI(重要業績評価指標)を用いて客観的な評価を行っています。問題点があれば即座に改善計画を立て、実行する体制を整えたことで、学生満足度調査での「事務対応」の評価が導入前比20%向上しました。

  1. 内部ノウハウの蓄積

外部委託することで、大学内部でのノウハウ蓄積が難しくなる可能性があります。

注意点:

  • 委託業務の選定(core な業務は内製)
  • 定期的な業務報告会の実施
  • 職員のスキルアップ計画の策定

対策例:
中規模私立大学では、アウトソーシング先から月次で詳細な業務報告を受け、その内容を内部で共有・分析しています。また、委託業務に関連する研修を職員に実施することで、ノウハウの内部蓄積を図っています。この取り組みにより、アウトソーシングしつつも大学独自の強みを維持・強化することに成功しています。

これらの注意点に適切に対処することで、アウトソーシングのリスクを最小限に抑えつつ、そのメリットを最大限に活用することが可能になります。

実際、日本私立大学協会の調査によると、アウトソーシングを成功させている大学の約80%が「リスク管理と品質管理の徹底」を重要な成功要因として挙げています。

次は、具体的にどのような大学事務業務がアウトソーシング可能なのか、詳しく見ていきましょう。

アウトソーシング可能な大学事務業務の具体例

大学事務には様々な業務がありますが、多くの業務でアウトソーシングが可能です。ここでは、主要な6つの分野について、具体的な例を挙げて説明します。

  1. 教務事務
  • 時間割作成支援
  • シラバス入力・チェック
  • 成績処理・管理
  • 卒業判定資料作成

例:追手門学院大学では、シラバス作成業務の一部をBPO化しました。https://www.empstaff.co.jp/client/case/interview/2955.html

  • シラバス提出窓口を一括化し、各学部の進捗を一元管理できるようになりました。
  • チェック項目や基準を統一化しました。
  • これにより、学生に開示する際の情報の差異をなくすことができました。
    1. 学籍管理
    • 学生データ入力・更新
    • 各種証明書発行
    • 学籍異動処理
    • 卒業生データ管理

    例:国立大学のケースでは、証明書発行業務をアウトソーシングし、自動発行機を導入。窓口での待ち時間が平均15分から3分に短縮され、学生満足度が向上しました。

    1. 入試業務
    • 願書受付・データ入力
    • 合否通知発送
    • 入試関連問い合わせ対応
    • 入試統計資料作成

    例:中規模私立大学が入試関連のコールセンター業務をアウトソーシングした結果、受験生からの問い合わせ対応率が98%に向上し、志願者数が前年比10%増加しました。

    1. 経理・人事業務
    • 給与計算・支払処理
    • 経費精算処理
    • 予算・決算資料作成
    • 人事評価データ集計

    例:ある大学が経理業務の一部をアウトソーシングしたところ、処理時間が30%短縮。さらに、ミスによる修正作業が80%減少し、業務効率が大幅に向上しました。

    1. 広報業務
    • 大学案内・パンフレット制作
    • ウェブサイト管理・更新
    • SNS運用
    • プレスリリース作成・配信

    例:私立大学がSNS運用をアウトソーシングした結果、投稿頻度が3倍に増加し、フォロワー数が半年で50%増加。オープンキャンパスへの参加者も20%増えました。

    1. 情報システム管理
    • ネットワーク・サーバー管理
    • ヘルプデスク運営
    • セキュリティ対策
    • システム開発・更新

    例:国立大学がIT支援デスクをアウトソーシングしたところ、対応時間が24時間365日に拡大。教職員や学生からの満足度が40%向上しました。

    これらの業務をアウトソーシングすることで、大学職員は戦略立案や学生との直接的なコミュニケーションなど、より core な業務に注力できるようになります。

    文部科学省の調査によると、国立大学の約90%が何らかの形でアウトソーシングを導入しており、私立大学でも同様の傾向が見られます。特に、定型的な業務や専門性の高い業務でのアウトソーシング活用が進んでいます。

    次は、このようなメリットを最大限に活かすために、アウトソーシング先をどのように選べばよいか、具体的なポイントを見ていきましょう。

    アウトソーシング先の選び方

    大学事務のアウトソーシングを成功させるには、適切なパートナーを選ぶことが極めて重要です。ここでは、アウトソーシング先を選ぶ際の3つの重要なポイントについて解説します。

    1. 経験と実績

    大学事務の特殊性を理解し、豊富な経験を持つ業者を選ぶことが重要です。

    チェックポイント:

    • 大学事務アウトソーシングの実績数
    • 類似規模・種類の大学での導入事例
    • クライアントからの評価や推薦状

    大学の規模や特性に合った実績を持つ業者を選定することで、スムーズな導入と高い業務品質を期待できます。

    1. セキュリティ対策

    個人情報や機密情報を扱う大学事務では、セキュリティ対策は最重要事項の一つです。

    チェックポイント:

    • 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)認証の取得状況
    • データ保護に関する具体的な方針と対策
    • セキュリティ事故の対応プラン

    セキュリティ対策が充実している業者を選ぶことで、情報漏洩のリスクを最小限に抑えることができます。

    1. カスタマイズ能力

    各大学の特性や要望に合わせたサービスの提供が可能かどうかも重要なポイントです。

    チェックポイント:

    • 柔軟なサービス内容の調整
    • 大学固有のシステムやプロセスへの対応能力
    • 継続的な改善提案の実績

    大学の独自性に対応できる業者を選定することで、より効果的なアウトソーシングが実現できます。

    選定プロセスの例:

    1. RFP(提案依頼書)の作成と配布
    2. 書類審査(提案内容、実績、セキュリティ対策など)
    3. プレゼンテーションの実施
    4. 現地視察や参考校へのヒアリング
    5. 最終選考と契約交渉

    注意点:
    価格だけでなく、品質やセキュリティ、将来的な発展性なども含めた総合的な評価が重要です。最低価格を提示した業者が必ずしもベストな選択肢とは限りません。

    適切なアウトソーシング先を選ぶことで、大学事務の効率化と質の向上を同時に実現できます。次は、これらの条件を満たし、大学事務のアウトソーシングに特化したサービスを提供するリルデイジーについて詳しく見ていきます。

    リルデイジーの大学事務アウトソーシングサービス

    リルデイジーは、大学事務の効率化と質の向上を支援する専門的なアウトソーシングサービスを提供しています。ここでは、リルデイジーのサービスの特徴、対応可能な業務範囲、導入のメリットについて詳しく解説します。

    サービスの特徴

    1. 専門性の高い人材
      リルデイジーでは、大学事務経験者や専門的なスキルを持つスタッフが業務を担当します。これにより、大学特有の業務フローや要件を理解した上での高品質なサービス提供が可能です。
    2. フレキシブルな対応
      大学ごとに異なるニーズや既存のシステムに柔軟に対応します。カスタマイズされたソリューションを提供することで、各大学の独自性を維持しながら業務効率化を実現します。
    3. 最新技術の活用
      デジタル化やAI技術の導入により、業務の自動化や効率化を積極的に推進します。これにより、人為的ミスの削減や処理速度の向上が期待できます。

    対応可能な業務範囲

    1. 教務事務支援
    • 時間割作成補助
    • 成績処理・管理
    • シラバス管理
    1. 学生サポート
    • 各種証明書発行
    • 学生相談対応
    • 留学生支援
    1. 入試関連業務
    • 願書受付・データ入力
    • 入試関連問い合わせ対応
    • 合否通知発送
    1. 経理・人事業務
    • 給与計算支援
    • 経費精算処理
    • 人事データ管理
    1. 広報支援
    • Webサイト更新
    • SNS運用支援
    • 広報資料作成補助

    導入のメリット

    1. 業務効率の向上
      定型業務の外部委託により、職員の業務負担が軽減され、core業務に集中できる環境を整備します。
    2. コスト最適化
      必要な時に必要な分だけのリソースを活用することで、人件費の最適化が図れます。
    3. サービス品質の向上
      専門知識を持つスタッフによる対応で、学生や教職員への支援の質が向上します。
    4. 最新技術の導入
      リルデイジーが持つ最新のITソリューションを活用することで、大学のデジタル化を促進します。

    リルデイジーは、単なる業務代行ではなく、大学の戦略的パートナーとして、継続的な改善提案や新たな価値創造を目指します。大学の独自性を尊重しつつ、効率的で質の高い事務サービスの実現をサポートします。

    まとめ

    大学事務のアウトソーシングは、増加する業務量と人材不足に対応し、効率化と学生サービス向上を両立させる有効な手段です。教務事務、入試業務、経理・人事など、幅広い業務に適用可能で、コア業務への集中や専門知識の活用、コスト削減などのメリットがあります。

    しかし、情報セキュリティや品質管理には十分な注意が必要です。適切なパートナー選びが成功の鍵となり、経験、セキュリティ対策、カスタマイズ能力を重視すべきです。

    リルデイジーは、専門性の高い人材とフレキシブルな対応、最新技術の活用により、大学の独自性を尊重しながら効率的で質の高い事務サービスの実現をサポートします。大学事務の改善をお考えの方は、ぜひリルデイジーにご相談ください。

    大学事務のアウトソーシングをご検討の方は、お気軽にご相談ください

    事務のアウトソーシングなら、お気軽にご相談ください







      事務担当が退職を希望したすぐに人手が欲しい月ごとに仕事量が変わるので人を雇えない一つだけでなく複数の業務を依頼したいコストダウンしたい経理や総務も依頼したい


      営業事務・事務経理総務秘書マーケティング・リサーチWebSNS・運用、制作その他






      関連記事

      【2024年最新】生成AI初心者が業務に使えるおすすめツール比較13選

      アウトソーシングって何?メリットからデメリットまでわかりやすく解説

      【2024年版】動画の字幕・文字入れ編集アプリ おすすめ10選と活用のコツ

      書類作成代行サービスの費用や業務範囲を徹底解説!おすすめ業者も紹介

      プロに任せるInstagram運用術|代行サービスの選び方ガイド

      派遣社員のスキルが低かったら!? 交代要請の理由と効果的な代替方法

      PAGE TOP