事務代行リルデイジーはオンラインでアシスタントが業務を代行し、人手不足を解消するサービスです

失敗しないデザイン発注のコツ!中小企業向けおすすめサービス9選

中小企業の経営者やマーケティング担当の皆さん、こんな悩みを抱えていませんか?

「会社のロゴやWebサイトをリニューアルしたいけど、どうやってデザインを発注すればいいのかわからない…」
「以前デザインを外注したときは、イメージと違うものが出来上がってしまった」
「デザイン発注にかける時間とコストを抑えつつ、質の高い成果物を得たい」

これらは、多くの中小企業が直面している課題です。デザインの重要性は理解していても、適切な発注方法がわからず、失敗のリスクに不安を感じている方も少なくないでしょう。

本記事では、デザイン発注で失敗しないためのコツと、中小企業におすすめのデザイン発注サービス9選をご紹介します。これらの方法やサービスを活用することで、効果的なデザインを手に入れ、ビジネスの成功につなげることができます。

それでは、失敗しないデザイン発注の秘訣を、一緒に見ていきましょう。

デザイン発注の基本的な流れ

デザイン発注を成功させるためには、基本的な流れを理解することが重要です。ここでは、デザイン発注の一般的なプロセスを4つのステップで解説します。

  1. 要件の整理

まず最初に行うべきは、デザイン発注の要件を整理することです。具体的には以下のような項目を明確にしましょう:

  • デザインの目的(例:ブランドイメージの向上、商品の認知度アップ)
  • ターゲット層
  • 希望する雰囲気やイメージ
  • 必要なデザインの種類(ロゴ、Webサイト、パンフレットなど)
  • 予算
  • 納期

これらの要件を整理することで、デザイナーに的確な指示を出せるようになり、イメージのズレを防ぐことができます。

  1. 依頼先の選定

次に、デザインを依頼する先を選びます。選定の際は、以下のポイントを考慮しましょう:

  • ポートフォリオや過去の実績
  • 対応可能なデザインの種類
  • 料金体系
  • 納期の柔軟性
  • コミュニケーションの取りやすさ

複数の候補から比較検討し、自社のニーズに最も合う依頼先を選びましょう。

  1. デザインの発注

依頼先が決まったら、具体的な発注を行います。この際、以下の点に注意しましょう:

  • 整理した要件を明確に伝える
  • 参考にしたいデザインやイメージがあれば共有する
  • 修正回数や追加料金の発生条件を確認する
  • 著作権の帰属や利用範囲について合意する

発注時にこれらの点を押さえておくことで、後々のトラブルを防ぐことができます。

  1. 確認とフィードバック

デザイン案が提出されたら、要件との整合性を確認し、必要に応じてフィードバックを行います。この際のポイントは:

  • 客観的な視点で評価する
  • 具体的かつ建設的なフィードバックを心がける
  • 修正が必要な場合は、理由も合わせて伝える
  • 良い点についても伝え、デザイナーのモチベーションを保つ

このプロセスを丁寧に行うことで、より満足度の高いデザインを得ることができます。

以上が、デザイン発注の基本的な流れです。次は、この流れを踏まえた上で、失敗しないためのより具体的なコツをご紹介します。

失敗しないデザイン発注の5つのコツ

デザイン発注を成功させるためには、いくつかの重要なポイントがあります。ここでは、失敗しないデザイン発注の5つのコツをご紹介します。

  1. 目的とターゲットを明確にする

デザイン発注で最も重要なのは、そのデザインが何のためのものか、誰に向けたものかを明確にすることです。

例えば、「会社のロゴをリニューアルしたい」という場合、単に「かっこいいロゴ」を作ればいいわけではありません。「従来の顧客層を維持しつつ、若年層にも訴求力のあるロゴにしたい」といった具体的な目的を設定しましょう。

ある IT 企業の経営者は「目的を『若手エンジニアの採用増加』と明確にしたことで、魅力的な採用サイトが完成し、応募者が1.5倍に増えた」と語っています。

  1. 具体的な指示を心がける

「おしゃれな感じで」「インパクトのあるデザインで」といった曖昧な指示は避けましょう。代わりに、以下のような具体的な指示を心がけてください:

  • 使用したい色やフォント
  • 参考にしたい他社のデザイン
  • 避けたい表現や雰囲気

例えば、「青と緑を基調とし、シンプルでモダンな印象を与えるデザイン。○○社の Web サイトのようなレイアウトを参考にしたい」といった具合です。

  1. 必要な情報や素材を適切に共有する

デザイナーが最高のパフォーマンスを発揮するためには、必要な情報や素材を適切に共有することが欠かせません。以下のようなものを準備しましょう:

  • 会社や商品の概要資料
  • ロゴデータ(ある場合)
  • 使用したい写真や図版
  • 競合他社の情報

ある小売業の管理職は「当初は情報共有が不十分で何度も修正が必要でしたが、詳細な資料を用意したことで、修正回数が激減し、納期も短縮できた」と話しています。

  1. 予算と納期を明確に伝える

予算と納期は、デザインの質と密接に関わる重要な要素です。これらを明確に伝えることで、デザイナーは適切なリソース配分を行うことができます。

例えば、「予算は50万円で、2か月後の展示会までに完成させたい」といった具合に、具体的な数字で伝えましょう。また、予算や納期に柔軟性がある場合はその旨も伝えると良いでしょう。

  1. コミュニケーションを大切にする

最後に、デザイナーとのコミュニケーションを大切にしましょう。定期的に進捗を確認し、疑問点があればすぐに質問するなど、密にやり取りを行うことが重要です。

また、デザイナーからの質問や提案にも真摯に耳を傾けましょう。デザイナーの専門知識や経験が、より良い成果物につながることも多いのです。

ある製造業の経営者は「週1回のオンラインミーティングを設けたことで、認識のズレを早期に解消でき、スムーズにプロジェクトを進められた」と成功例を語っています。

これらの5つのコツを意識することで、デザイン発注の成功確率は大きく高まります。次は、これらのコツを踏まえた上で、実際におすすめのデザイン発注サービスをご紹介します。

おすすめのデザイン発注サービス9選

中小企業のニーズに合わせたデザイン発注サービスを、用途別に9つご紹介します。それぞれの特徴を押さえて、自社に最適なサービスを選びましょう。

承知しました。ご指定のサービスについて、特徴と共にサービス内容とおすすめ度を表にまとめました。

承知しました。リルデイジーについて、同様の形式で作成いたします。

リルデイジー

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

リルデイジーは、幅広いバックオフィス業務をサポートするオンラインアウトソーシングサービスです。デザイン発注を含む多様な業務を一括して依頼できる点が特徴で、特に中小企業向けに柔軟なサポートを提供しています。

サービスおすすめ度
デザイン発注管理★★★★☆
SNSの画像作成★★★★★
Webサイト運用・更新★★★★★

リルデイジーの特徴

  • 経験豊富な女性ディレクターによる丁寧なサポート
  • デザイン発注から関連する事務作業まで一括対応
  • 中小企業のニーズに合わせた柔軟な料金プラン
  • チーム制による安定したサービス提供

ココナラ

ココナラは、フリーランスのクリエイターに依頼できるマーケットプレイスです。多様なデザインサービスを提供し、価格や納期の柔軟性が高いのが特徴です。個人クリエイターの多様なスキルを活用できます。

サービスおすすめ度
SNSの画像作成★★★★☆
Webサイトのデザイン★★★★☆
ロゴデザイン★★★★★

クラウドワークス

クラウドワークスは、フリーランス向けの大規模なクラウドソーシングプラットフォームです。幅広いデザイン案件を掲載し、多数のクリエイターから選択できます。多様な人材にアクセス可能なのが特徴です。

サービスおすすめ度
SNSの画像作成★★★★☆
Webサイトのデザイン★★★★★
印刷物のデザイン★★★★☆

Penseur(パンスール)

Penseurは、プロのデザイナーによるWebデザインサービスです。ユーザビリティとデザイン性を重視し、企業サイトやECサイトなど幅広い対応が可能です。高品質なプロフェッショナルデザインが特徴です。

サービスおすすめ度
Webサイトのデザイン★★★★★
ECサイトのデザイン★★★★★
コーポレートサイトのデザイン★★★★★

しろくまデザイン

しろくまデザインは、シンプルで使いやすいWebデザインを提供するサービスです。固定価格制で分かりやすい料金体系とスピーディーな納品が特徴です。

サービスおすすめ度
Webサイトのデザイン★★★★☆
シンプルなデザイン制作★★★★★
短納期のWebデザイン★★★★★

BRISK(ブリスク)

BRISKは、トレンドを取り入れた洗練されたWebデザインを提供するサービスです。レスポンシブデザインに対応し、SEO対策も考慮したデザイン提案が特徴です。

サービスおすすめ度
Webサイトのデザイン★★★★★
レスポンシブデザイン★★★★★
SEO対策を考慮したデザイン★★★★☆

ASOBOAD(アソボアド)

ASOBOADは、名刺やチラシなどの印刷物デザインに特化したサービスです。オンラインでデザインから印刷まで一括対応が可能で、テンプレートを活用した手軽なデザイン作成が特徴です。

サービスおすすめ度
名刺デザイン★★★★★
チラシデザイン★★★★☆
オンラインでの印刷発注★★★★★

グラフィック

グラフィックは、プロのデザイナーによる高品質な印刷物デザインサービスです。ロゴやパンフレットなど幅広い印刷物に対応し、クライアントの要望に合わせたオリジナルデザインを提供します。

サービスおすすめ度
ロゴデザイン★★★★★
パンフレットデザイン★★★★★
オリジナル印刷物デザイン★★★★☆

チラシファクトリー

チラシファクトリーは、チラシデザインに特化したサービスです。豊富なテンプレートを用意し、デザインから印刷まで一貫したサービスを提供するのが特徴です。

サービスおすすめ度
チラシデザイン★★★★★
テンプレートを使用したデザイン★★★★☆
デザインから印刷までの一貫サービス★★★★★

これらのサービスは、それぞれ特徴が異なります。自社のニーズや予算、求めるデザインの品質などを考慮して、最適なサービスを選びましょう。

次は、デザイン発注時によく起こるトラブルとその対処法についてご紹介します。

デザイン発注でのトラブルと対処法

デザイン発注では、時としてトラブルが発生することがあります。ここでは、よくあるトラブルのケーススタディとその対処法をご紹介します。これらを知っておくことで、トラブルを未然に防いだり、発生時に適切に対応したりすることができるでしょう。

イメージの食い違い

ケース:
依頼者が想像していたデザインと、実際に納品されたデザインのイメージが大きく異なっていた。

対処法:

  • 事前に参考となるデザインやイメージ画像を具体的に提示する
  • 中間段階でのチェックポイントを設け、早めの修正を心がける
  • デザイナーとのコミュニケーションを密に取り、認識のズレを早期に発見する

納期の遅延

ケース:
合意した納期までにデザインが完成せず、プロジェクト全体のスケジュールに影響が出てしまった。

対処法:

  • 余裕を持ったスケジュールを組む
  • 途中段階での進捗確認を定期的に行う
  • 遅延の可能性が見えた時点で、早めに対策を講じる
  • 緊急時の代替案を事前に用意しておく

予算超過

ケース:
当初の見積もりを大幅に超える請求が来て、予算管理に支障をきたした。

対処法:

  • 契約時に料金体系と追加料金の発生条件を明確にする
  • 作業範囲(スコープ)を具体的に定義し、文書化する
  • 変更や追加要望が発生した場合は、都度費用の確認を行う

コミュニケーション不足

ケース:
デザイナーとのコミュニケーション不足により、プロジェクトが滞ってしまった。

対処法:

  • 定期的なミーティングやチェックポイントを設ける
  • 使用するコミュニケーションツールを事前に決めておく
  • 質問や疑問点はすぐに確認する習慣をつける
  • 口頭での伝達は必ず文書でも残す

これらのトラブル対処法を意識することで、デザイン発注のリスクを大幅に軽減できます。しかし、こうした管理や対応に時間を割くのが難しい場合もあるでしょう。次は、デザイン発注を含む総合的なビジネスサポートの重要性と、それを実現するサービスについてご紹介します。

  1. デザイン発注と関連業務の効率化

デザイン発注は、多くの場合、他のビジネス活動と密接に関連しています。例えば、新商品のパッケージデザインは、マーケティング戦略と連動し、Webサイトのリニューアルは、オンライン販促活動全体に影響を与えます。そのため、デザイン発注を単独で考えるのではなく、関連する業務も含めて総合的に効率化を図ることが重要です。

デザイン発注を含む総合的なビジネスサポートの重要性

  1. 一貫性のある戦略実行:
    デザイン、マーケティング、販促活動を一体的に管理することで、ブランドイメージの一貫性を保ちやすくなります。
  2. リソースの最適配分:
    複数の業務を俯瞰的に見ることで、人材やコストの配分を最適化できます。
  3. スピーディーな意思決定:
    関連業務を一括管理することで、情報の共有がスムーズになり、意思決定のスピードが上がります。
  4. コスト削減:
    複数の業務を一括して外部委託することで、個別に依頼するよりもコストを抑えられる可能性があります。

リルデイジーのサービス紹介

このような総合的なビジネスサポートを提供するサービスとして、リルデイジーがあります。

リルデイジーの特徴:

  1. 幅広い業務対応:
    デザイン発注管理だけでなく、SNSの運用、Webサイトの更新、マーケティング関連の事務作業など、幅広い業務をカバーします。
  2. 柔軟なサポート体制:
    チーム制を採用しているため、繁忙期や緊急時にも安定したサポートを提供できます。
  3. 経験豊富なスタッフ:
    様々な業界での実務経験を持つスタッフが、専門知識を活かしてサポートします。
  4. コスト効率の良さ:
    必要な時間だけ利用できる料金体系により、コストを抑えつつ質の高いサポートを受けられます。

リルデイジーのようなサービスを活用することで、デザイン発注を含む様々な業務を効率的に管理し、本業により集中できる環境を整えることができます。中小企業にとっては、限られたリソースを最大限に活用する手段として、特に有効でしょう。

まとめ

本記事では、失敗しないデザイン発注のコツと、中小企業におすすめのデザイン発注サービスについて解説しました。

デザイン発注を成功させるためのポイントを簡潔にまとめると:

  1. 目的とターゲットを明確にする
  2. 具体的な指示を心がける
  3. 必要な情報や素材を適切に共有する
  4. 予算と納期を明確に伝える
  5. コミュニケーションを大切にする

これらを意識しつつ、自社のニーズに合ったデザイン発注サービスを選ぶことが重要です。また、デザイン発注を含む総合的なビジネスサポートの活用も検討してみてください。

リルデイジーのようなサービスを利用することで、デザイン発注だけでなく関連業務も効率化し、本業により集中できる環境を整えることができます。

デザイン発注は、単なる外注作業ではなく、ビジネス戦略の一環として捉えることが大切です。本記事の内容を参考に、効果的なデザイン発注を実現し、ビジネスの成功につなげてくださいね。

デザイン発注でお困りの方は、お気軽にお問合せ下さい

事務のアウトソーシングなら、お気軽にご相談ください







    事務担当が退職を希望したすぐに人手が欲しい月ごとに仕事量が変わるので人を雇えない一つだけでなく複数の業務を依頼したいコストダウンしたい経理や総務も依頼したい


    営業事務・事務経理総務秘書マーケティング・リサーチWebSNS・運用、制作その他






    関連記事

    事務代行の料金相場はいくら?サービス内容と価格の関係を解説

    「一人経理」のリスクと対策とは?中小企業の経営者必見!効率化と安全性の両立

    事務作業の生産性を上げる事務自動化ツール10選

    文字起こし・テープ起こし業者9社を徹底比較!選び方と精度を上げるコツを解説

    【保存版】総務の7月繁忙期を乗り切る!9つのタスクと効率化のコツ

    【コスト削減】総務業務を事務代行に任せて、賢くリソースを活用!

    PAGE TOP