事務代行リルデイジーはオンラインでアシスタントが業務を代行し、人手不足を解消するサービスです

事務作業を効率化する7つの方法 | 生産性向上のコツを徹底解説

事務作業に追われて、本業に集中できていませんか?人件費を抑えつつ、業務の効率化を図りたいとお考えではありませんか?中小企業にとって、事務作業の効率化は業績アップのための重要な課題です。

しかし、限られた人員とリソースの中で、どのように効率化を進めればいいのか悩ましいですよね。事務作業は多岐にわたり、自社だけですべてを最適化するのは簡単ではありません。

そこで今回は、中小企業が取り組むべき事務作業の効率化方法を5つご紹介します。自社の状況に合った方法を選択し、スピーディーに効率化を進めましょう。

事務作業の効率化は、一時的なコスト削減だけでなく、従業員の生産性向上やモチベーションアップにもつながります。本業への集中を妨げている事務作業の壁を、一緒に取り除いていきましょう。

きっと、貴社の業績アップに向けた一歩となるはずです。さっそく、5つの効率化方法を見ていきましょう。

事務代行・バックオフィス代行は
女性オンラインアシスタントのリルデイジーへ

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

専属ディレクターによる
業務分析と対応

各企業に専属のディレクターがつき、業務内容を詳しくヒアリング。最適な業務フローを設計し、適切なスタッフをアサインします。

女性スタッフによる
きめ細やかなサポート

リルデイジーのスタッフは全員が女性。女性ならではの細やかな心配りと柔軟なコミュニケーションで、クライアントのニーズに的確に対応。

総勢200人のスタッフによる
安定したサービス提供

フリーランスのクラウドソーシングと違い多数のスタッフが常駐。途中で業務を投げ出されるリスクがありません。

業務の棚卸しと標準化で無駄を削減

業務の棚卸しと標準化で無駄を削減

事務作業の効率化の第一歩は、現状の業務フローを見直すことから始まります。日々の業務に追われていると、ムダな工程があっても見落としがちです。

まずは、業務の棚卸しを行いましょう。各部署の事務作業を洗い出し、業務フローを可視化します。そうすることで、重複している作業や不要なステップが明らかになります。

次に、業務の標準化に取り組みます。事務作業はマニュアル化しやすい部分が多いので、手順書やチェックリストを作成しましょう。これにより、作業のばらつきが減り、品質の安定につながります。

さらに、定型業務のテンプレート化も効果的です。よく使う書類やフォーマットを用意しておけば、作業時間を大幅に短縮できます。

業務の棚卸しと標準化は、地道な作業かもしれません。しかし、無駄を削減する確実な方法です。まずは、ここからスタートしてみましょう。

社内の事務作業をデジタル化

社内の事務作業をデジタル化

業務の見直しが進んだら、次は事務作業のデジタル化に取り組みましょう。アナログな作業が多いと、情報の共有や検索に時間がかかり、非効率の原因となります。

まずは、ペーパーレス化を進めることをおすすめします。書類をスキャンしてデータ化することで、保管スペースを削減できるだけでなく、必要な情報にすぐにアクセスできるようになります。

また、クラウドサービスを活用するのも一つの手です。例えば、ファイル共有サービスを使えば、社内の情報共有がスムーズになります。場所や時間に捉われず、リアルタイムで協働できるのは大きなメリットです。

さらに、テレワークの導入も検討してみましょう。クラウドサービスを利用すれば、自宅や外出先でも業務を行うことができます。通勤時間の削減や、集中できる環境の確保など、従業員の生産性アップにつながります。

加えて、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の活用も効果的です。RPAを使えば、単純な入力作業や定型的な処理を自動化できます。人的ミスの削減や、従業員の工数削減に大きく貢献するでしょう。

事務作業のデジタル化は、業務の効率化に欠かせません。自社に合ったツールを選んで、デジタル化を進めていきましょう。

アウトソーシングを活用した業務の効率化

アウトソーシングを活用した業務の効率化

事務作業の効率化を進めるには、社内リソースだけでは限界があるかもしれません。そんな時は、アウトソーシングの活用を検討してみましょう。

特に、専門性の高い業務は、外部の専門家に任せるのが得策です。例えば、経理や人事労務などの業務は、社内で対応するよりも、専門の事務代行サービスを利用する方が効率的です。

また、繁忙期などの業務ピーク時には、一時的に外部リソースを活用するのも有効です。短期間の人員増強により、業務の滞留を防ぎ、従業員の負担を軽減することができます。

アウトソーシングのもう一つのメリットは、固定費を変動費化できること。社内で人員を抱えるよりも、必要な時に必要な分だけ外部リソースを利用する方が、コスト面でも効率的です。

ただし、アウトソーシングを検討する際は、情報セキュリティにも十分注意しましょう。機密情報の取り扱いについては、しっかりとルールを定め、徹底することが大切です。

事務作業の効率化に向けて、アウトソーシングは強力な味方となります。自社の状況に合わせて、うまく活用していきましょう。

業務効率化のPDCAサイクルを回す

PDCA

事務作業の効率化は、一度で完了するものではありません。継続的な改善が欠かせません。そのためには、PDCAサイクルを回すことが重要です。

まず、Plan(計画)の段階では、効率化の目標を設定しましょう。現状の課題を整理し、達成したい目標を明確にします。

次に、Do(実行)の段階で、実際に効率化の取り組みを行います。業務の棚卸しやデジタル化、アウトソーシングの活用など、計画した内容を実践に移します。

Check(評価)の段階では、効率化の取り組みの成果を検証します。目標に対する達成度を確認し、うまくいった点や改善すべき点を洗い出します。

最後に、Act(改善)の段階で、評価結果をもとに改善策を立てます。うまくいかなかった部分を修正し、さらなる効率化につなげていきます。

PDCAサイクルを回す際は、従業員の意見を取り入れることも大切です。現場の声を反映させることで、実態に即した効率化策を立てることができます。

また、小さな改善を積み重ねていくことも重要です。一度に大きな変革を行うのは難しくても、少しずつ改善を続けることで、大きな効果を生み出すことができるのです。

事務作業の効率化は、PDCAサイクルを回し続けることで、より高いレベルを目指せます。地道な取り組みが、会社の業績アップにつながるはずです。

自社の事務作業をアウトソーシングするメリットは何ですか?

自社の事務作業をアウトソーシングすることで、コストの削減や業務の効率化が期待できます。特に、専門性の高い業務は、外部の専門家に任せた方が品質も向上し、社内リソースを本業に集中させることができます。また、繁忙期の一時的な人員増強にも対応しやすく、固定費を変動費化できるのも大きなメリットです。

事務作業の効率化に取り組む際、従業員の反発にはどう対応すればいいですか?

事務作業の効率化を進める際は、従業員の理解と協力が不可欠です。効率化の目的や方法を丁寧に説明し、従業員の不安や懸念に耳を傾けることが大切ですね。また、効率化によって生み出された時間を、従業員のスキルアップや働きがいのある業務に充てることで、モチベーションの維持にもつなげられます。従業員を巻き込みながら、効率化を進めていきましょう。

事務代行サービス「リルデイジー」で効率化を加速

経理・人事・総務などバックオフィス業務を代行

ここまで、中小企業が取り組むべき事務作業の効率化方法を4つご紹介してきました。しかし、自社だけですべてを実践するのは、なかなか大変ですよね。
そこでおすすめしたいのが、事務代行サービス「リルデイジー」の活用です。リルデイジーなら、幅広い事務作業を柔軟にアウトソーシングできます。
経理や人事、営業事務など、様々な業務を専門スタッフが代行。豊富な実績と高いスキルを持ったプロフェッショナルが、質の高いサービスを提供してくれます。
リルデイジーの大きな魅力は、コストパフォーマンスの高さ。自社で専任の担当者を雇用するよりも、低コストで効率的に業務を遂行できます。固定費の削減にも貢献してくれるでしょう。
また、リルデイジーでは、セキュリティ対策も万全。機密情報の取り扱いには細心の注意を払っているので、安心して業務を任せられます。
事務作業の効率化に本腰を入れたいなら、ぜひリルデイジーの活用を検討してみてください。プロのサポートを得ることで、効率化の取り組みを加速できるはずです。
自社の事務作業を見直し、リルデイジーに任せられる業務を切り分ける。それだけで、業務効率化への第一歩になります。
中小企業の皆様の業績アップを、リルデイジーがしっかりとサポートいたします。ぜひ一度、お問い合わせください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

事務作業の効率化 アウトソースで改善できます。お気軽にお問い合わせください

事務のアウトソーシングなら、お気軽にご相談ください







    事務担当が退職を希望したすぐに人手が欲しい月ごとに仕事量が変わるので人を雇えない一つだけでなく複数の業務を依頼したいコストダウンしたい経理や総務も依頼したい


    営業事務・事務経理総務秘書マーケティング・リサーチWebSNS・運用、制作その他






    関連記事

    TikTok運用のプロに任せる?2024年注目の代行サービス10選と賢い選び方

    中小企業必見!バックオフィス業務代行の活用法

    中小企業必見!事務作業のコスト削減策5選

    X(旧Twitter)の商用・企業アカウントで、1000フォロワー獲得する12の具体的なテクニックと代行業者を紹介

    「一人経理」のリスクと対策とは?中小企業の経営者必見!効率化と安全性の両立

    文字起こし・テープ起こし業者9社を徹底比較!選び方と精度を上げるコツを解説

    PAGE TOP