事務代行リルデイジーはオンラインでアシスタントが業務を代行し、人手不足を解消するサービスです

リモートアシスタントとは?おすすめサービス7選と選び方を徹底解説

最近ではビジネス環境の急速な変化に伴い、多くの中小企業が業務効率化の必要性に直面しています。人材リソースの不足、コスト削減の圧力、そしてコア業務への集中という課題に対する解決策として、「リモートアシスタント」が注目を集めています。

リモートアシスタントとは、オンラインで企業の業務をサポートする代行サービスのことです。従来の常駐型秘書やアシスタントとは異なり、必要な時に必要な分だけ利用できる柔軟性が特徴です。

しかし、「リモートアシスタントにどんな業務を任せられるのか」「信頼できるサービスをどう選べばいいのか」といった疑問を抱える経営者や管理職も多いでしょう。

そこで本記事では、リモートアシスタントの基本から、おすすめのサービス7選、そして効果的な選び方まで徹底的に解説します。

「バックオフィス業務の負担を減らしたい」
「専門的なスキルを持つ人材を柔軟に活用したい」
「コストを抑えつつ業務の質を向上させたい」

このような課題を抱える中小企業の皆様にとって、本記事は必見の内容となっています。リモートアシスタントを活用して、貴社の成長戦略を加速させる方法を一緒に探っていきましょう。

リモートアシスタントとは?

リモートアシスタントとは、インターネットを通じて企業の業務をサポートする外部人材のことです。オンライン秘書やバーチャルアシスタントとも呼ばれ、物理的な出社をせずに様々な業務を代行します。

リモートアシスタントの特徴

  1. 柔軟な働き方:必要な時に必要な分だけ利用可能
  2. 幅広い専門性:多様なスキルを持つ人材が揃っている
  3. コスト効率:正社員雇用に比べて固定費を抑えられる
  4. 迅速な対応:時差を活用した24時間対応も可能

リモートアシスタントに依頼できる主な業務:

  1. 総務・人事関連
  • スケジュール管理
  • 出張手配
  • 会議資料作成
  • 採用関連業務
  1. 経理・財務関連
  • 請求書発行
  • 経費精算処理
  • 給与計算補助
  • 財務資料作成
  1. マーケティング関連
  • SNS運用
  • コンテンツ作成
  • リサーチ業務
  • メールマガジン配信
  1. カスタマーサポート
  • 問い合わせ対応
  • アフターフォロー
  • FAQ作成
  1. データ入力・管理
  • 各種データベース更新
  • エクセル作業
  • 文書作成・校正

これらの業務は一例であり、実際にはさらに幅広い業務に対応可能です。多くの中小企業では、こうした業務を社内で処理するのに苦心していますが、リモートアシスタントを活用することで、本来の事業活動に集中できる環境を整えることができます。

次は、リモートアシスタント活用のメリットについて、より詳しく解説していきます。

リモートアシスタントを採用するメリット

リモートアシスタントを活用することで、企業は様々なメリットを享受できます。ここでは、主な4つのメリットについて詳しく解説します。

  1. コア業務への集中

リモートアシスタントに定型業務や補助的な業務を任せることで、社内の従業員はより重要な戦略的業務に集中できるようになります。例えば、営業担当者が資料作成やデータ入力から解放されることで、顧客との関係構築や新規開拓に多くの時間を割くことができます。

ある IT 企業の経営者は「リモートアシスタントの導入後、社員の営業活動時間が30%増加し、売上が20%向上した」と語っています。

  1. コスト削減

正社員を雇用する場合と比べ、リモートアシスタントは必要な時に必要な分だけ利用できるため、人件費を大幅に削減できます。また、オフィススペースや福利厚生費などの付随コストも抑えられます。

中小製造業のある管理職は「リモートアシスタント活用により、年間の人件費を約25%削減できた」と報告しています。

  1. 専門知識の活用

リモートアシスタントサービスには、様々な分野のエキスパートが在籍しています。これにより、自社では賄いきれない専門的なスキルや知識を必要に応じて活用できます。

例えば、SEO対策やウェブデザインなど、専門性の高い業務を外部の専門家に任せることで、高品質な成果物を得られます。

  1. 柔軟な人材リソース

繁忙期や特定のプロジェクト時など、業務量が変動する際にも柔軟に対応できます。正社員を新たに雇用するほどではないが、一時的に人手が必要な場合に特に有効です。

あるeコマース企業では「季節的な需要の波に合わせてリモートアシスタントの利用時間を調整し、人員配置の最適化を実現している」とのことです。

これらのメリットは、多くの中小企業が直面している課題—人材不足、コスト圧力、専門性の欠如—に対する効果的な解決策となります。

次は、リモートアシスタント活用における注意点やデメリットについて触れていきます。メリットとデメリットを正確に理解することで、より効果的なリモートアシスタントの活用が可能となるでしょう。

リモートアシスタントのデメリット

リモートアシスタントには多くのメリットがありますが、同時にいくつかの課題やデメリットも存在します。これらを理解し、適切に対処することで、より効果的にリモートアシスタントを活用できます。

  1. コミュニケーションの課題

対面でのやり取りがないため、意思疎通が難しくなる場合があります。特に複雑な指示や微妙なニュアンスの伝達に苦労することがあります。

対策:

  • 定期的なビデオ会議の実施
  • チャットツールの活用
  • 詳細な業務マニュアルの作成

ある小売業の管理職は「最初は指示の行き違いがあったが、週1回のオンラインミーティングを導入して大幅に改善した」と話しています。

  1. セキュリティリスク

社外の人間に情報を共有することになるため、情報漏洩のリスクが懸念されます。

対策:

  • NDA(機密保持契約)の締結
  • アクセス権限の適切な管理
  • セキュリティ対策が充実したサービスの選択

IT企業の経営者は「セキュリティ認証を取得しているサービスを選び、さらに独自の情報管理ルールを設けることで、リスクを最小限に抑えている」と述べています。

  1. 品質管理の難しさ

直接監督できないため、業務の質にばらつきが生じる可能性があります。また、自社の企業文化や業務スタイルに馴染むまで時間がかかることもあります。

対策:

  • 明確な評価基準の設定
  • 定期的なフィードバックの実施
  • トライアル期間の設定

製造業のある管理職は「最初の1ヶ月を試用期間とし、その間に双方の期待値を擦り合わせることで、長期的に安定した品質を維持できている」と語っています。

  1. 自社のノウハウ蓄積が進まない

外部リソースに頼りすぎると、社内に知識やスキルが蓄積されにくくなる可能性があります。

対策:

  • 社内との適切な業務分担
  • リモートアシスタントからの学びを社内で共有
  • 重要なコア業務は社内で対応

サービス業の経営者は「リモートアシスタントの活用と並行して社内研修を強化し、外部の知見を社内に還元する仕組みを作った」と成功例を語っています。

これらのデメリットは、適切な対策を講じることで大幅に軽減できます。重要なのは、自社の状況や目的に合わせて、メリットとデメリットのバランスを考慮しながらリモートアシスタントを活用することです。

次は、これらのメリットを最大化し、デメリットを最小化するための、リモートアシスタントの選び方について詳しく解説していきます。

リモートアシスタントの選び方

適切なリモートアシスタントサービスを選ぶことは、業務効率化の成功に直結します。以下の5つのポイントを押さえて、自社に最適なサービスを見つけましょう。

  1. 対応業務範囲

まず、自社が外注したい業務に対応できるサービスかを確認します。

ポイント:

  • 幅広い業務に対応しているか
  • 専門性の高い業務にも対応可能か
  • 業務の組み合わせや柔軟な対応が可能か

ある IT 企業の経営者は「当初は経理業務のみの依頼でしたが、マーケティングや人事まで幅広く対応できるサービスを選んだことで、後々の拡張がスムーズでした」と語っています。

  1. 実績と評判

サービスの信頼性を判断する上で、実績や評判は重要な指標となります。

確認すべき点:

  • 導入企業数や継続率
  • 口コミや評価
  • 自社と似た規模や業種での導入事例

製造業の管理職は「同業他社での活用事例を確認し、業界特有の課題にも対応できるサービスを選びました」と成功のコツを教えてくれました。

  1. 料金体系

コスト面での透明性と柔軟性は、中小企業にとって特に重要です。

注目ポイント:

  • 明確な料金プラン
  • 最低契約期間や解約条件
  • スポット利用や従量課金制の有無

小売業の経営者は「繁忙期に合わせて利用時間を増やせる柔軟なプランを選んだことで、コストを最適化できました」と話しています。

  1. セキュリティ対策

情報セキュリティは外部リソース活用において最重要事項の一つです。

確認すべき点:

  • 情報セキュリティ認証(ISO27001など)の取得状況
  • データ暗号化やアクセス管理の方法
  • スタッフの教育体制

IT セキュリティ関連の企業では「ISMS 認証を取得しているサービスを選び、さらに独自の機密保持契約を結ぶことで、クライアントからの信頼を得ています」とのことです。

  1. サポート体制

問題発生時の対応や、日常的なコミュニケーションのしやすさも重要です。

ポイント:

  • カスタマーサポートの充実度
  • 担当者の対応スピードと質
  • トライアル期間の有無

サービス業の管理職は「24 時間対応可能なサービスを選んだことで、急な業務にも柔軟に対応できるようになりました」と満足度を語っています。

これらのポイントを総合的に評価し、自社のニーズに最も合致するサービスを選ぶことが重要です。次は、これらの選定基準を踏まえた上で、おすすめのリモートアシスタントサービス7選を紹介します。それぞれのサービスの特徴や強みを比較することで、より具体的な選択の指針が得られるでしょう。

おすすめリモートアシスタントサービス7選

ここでは、多くの中小企業に支持されている7つのリモートアシスタントサービスを紹介します。それぞれのサービスの特徴や強みを比較することで、自社に最適なサービスを選ぶ際の参考にしてください。

リルデイジー

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

リルデイジーは、中小企業向けの包括的なリモートアシスタントサービスを提供しています。

【特徴】
・女性の専属ディレクターによる細やかなサポート
・幅広いバックオフィス業務に対応
・柔軟な料金プランで、必要な時に必要な分だけ利用可能
・オンラインでのリモートワークに対応
・セキュリティ対策の徹底

サービス内容:
・経理(振込、支払い補助代行、記帳代行、経費精算など)
・総務・秘書(備品購入代行、出張手配、予約代行など)
・人事(給与計算、求人広告の出稿と管理、面接スケジュール調整など)
・Webサイト運用・構築(ページ編集、SNS運用代行、ECサイト運用代行など)

項目リルデイジー
サービス内容経理、総務・秘書、人事、Webサイト運用・構築など幅広い業務
最低契約期間1週間(お試しプラン)
料金(税別/月)お試しプラン:10,000円(5時間)、エコノミープラン:30,000円(13-24時間)、スタンダードプラン:45,000円(19-36時間)、プレミアムプラン:150,000円(63-120時間)

リルデイジーは、中小企業のニーズに合わせた柔軟なサービス提供と、経験豊富な女性ディレクターによるきめ細やかなサポートが特徴です。多様な料金プランにより、企業規模や業務量に応じた最適なサービス選択が可能です。

nene

neneは、株式会社neneが運営するオンライン秘書サービスです。

【特徴】
・正社員として雇用されたスタッフが業務を担当
・LINEなど使い慣れたツールで簡単に業務依頼が可能
・情報管理の研修を受けたスタッフによる徹底したセキュリティ管理
・チーム制でのサポートも可能
・スタッフがneneのオフィスで業務にあたり、強固なセキュリティを確保

サービス内容:
リサーチ、メール対応、スケジュール管理、SNS運用、経理など幅広い業務

項目nene
サービス内容リサーチ、メール対応、スケジュール管理、SNS運用、経理など幅広い業務
最低契約期間3ヶ月(ライトプラン、ミドルプラン)
料金(税別/月)ライトプラン(25時間/月):100,000円、ミドルプラン(50時間/月):150,000円、エンタープライズプラン:要問い合わせ

Genny

Gennyは、株式会社クロコが運営する忙しい経営者向けのオンライン秘書サービスです。幅広い業務をオンラインで代行し、効率的なサポートを提供しています。

【特徴】
・自社雇用し、社内研修を受けた優秀な秘書が業務を遂行
・タスク数や利用時間の上限なし、定額制サービス
・最短30分の導入相談でアサイン可能
・2週間のトライアル期間あり
・幅広い業務に対応可能

サービス内容:
・メール確認・返信代行
・名刺管理
・スケジュール管理
・ドライバー手配/配車運行管理
・アポイント調整
・ビジネスランチ/会食予約
・出張手配/管理
・契約書作成補助
・その他、秘書業務全般

項目Genny
サービス内容メール対応、スケジュール管理、出張手配、契約書作成補助など
最低契約期間2ヶ月(Standardプラン)
料金(税別/月)Standardプラン:105,000円、12monthsプラン:98,000円、18monthsプラン:95,000円

Gennyは、経営者の業務効率化を支援し、コアワーク以外の雑務を効果的に処理することができます。定額制で利用でき、トライアル期間もあるため、導入しやすいサービスとなっています。

メリービズ

メリービズは、企業の経理業務をサポートする「バーチャル経理アシスタント」サービスを提供しています。完全在宅で、全国どこからでも(海外含む)業務を行うことが可能です。

【特徴】

  • 採用率1%の厳選された優秀なスタッフが在籍
  • 高い専門スキルと豊富な実務経験を持つ累計1,400名以上のリモート経理スタッフ
  • 専属のプロジェクトチームによるサポート
  • 業務の継続性を確保する体制
  • 無料のお試しプランあり

サービス内容:

  • 経費精算
  • 帳票、仕訳入力
  • 請求書発行
  • 売掛、買掛管理
  • 月次決算
  • その他、顧客の会計・経理の生産性向上や効率化を支援する業務
項目メリービズ
サービス内容経費精算、帳票・仕訳入力、請求書発行、売掛・買掛管理、月次決算など
最低契約期間記載なし
料金(税込/月)情報なし

メリービズは、企業の経理業務をプロとして支援・代行し、人材不足や毎月の経理業務による業務圧迫を緩和することを目指しています。高いスキルを持つスタッフが、企業のニーズに合わせて柔軟に対応し、業務の効率化と生産性向上を実現します。

i-STAFF

i-STAFFは、ファイブスターネット株式会社が運営するオンライン秘書・オンラインアシスタントサービスです。幅広いバックオフィス業務をサポートし、高品質なサービスを提供しています。

【特徴】
・採用率1%の厳選された優秀なスタッフが在籍
・業界唯一の返金保証付きサービス
・無料のお試しプランあり
・満足度調査で3冠を受賞
・徹底したセキュリティ体制

サービス内容:
・秘書業務
・経理
・人事
・Web運用サポート
・スケジュール管理
・会食手配
・お中元・お歳暮の手配
・その他バックオフィス業務全般

表形式でまとめると以下のようになります:

項目i-STAFF
サービス内容秘書業務、経理、人事、Web運用サポート、スケジュール管理など
最低契約期間6ヶ月(推定)
料金(税込/月)ベーシックプランあり(具体的な金額は不明)

i-STAFFは、高品質なサービスと柔軟な対応が特徴で、顧客満足度が高いサービスとして評価されています。また、経理特化型のサービス「i-Staff Accounting」も提供しており、経理業務に特化したサポートも可能です。

ビズアシ

ビズアシは、クラウドワークスが提供するオンラインアシスタントサービスです。600万人以上のデータベースから最適な人材を提案し、幅広い業務に対応しています。

特徴:

  • 固定の担当アシスタントが業務に対応
  • 契約前の経歴書確認とオンライン商談でミスマッチを防止
  • 稼働開始時のオンボーディングや担当者によるフォロー体制あり

項目ビズアシ
サービス内容秘書、人事、経理、Webサイト運用など
最低契約期間情報なし
料金(税込/月)月60時間から(具体的な金額は不明)

CASTER BIZ

CASTER BIZは、幅広いバックオフィス業務を小ロットから依頼できるリモートアシスタントサービスです[1][2]。日常業務から専門領域まで、あらゆる仕事をサポートしています。

特徴:

  • 採用率「1/100」の優秀な人材が業務をサポート[2]
  • 24時間365日対応可能[3]
  • 事務・秘書などのバックオフィス業務に加え、経理・人事・採用なども対応可能[1]
  • 累計4,500社以上の導入実績[2]

項目CASTER BIZ
サービス内容秘書、事務、人事、経理サポート、カスタマーサポート、サイト監視、データ処理など[1][3]
最低契約期間6ヶ月[1]
料金(税込/月)6ヶ月プラン:145,200円、12ヶ月プラン:132,000円[1]

CASTER BIZは、企業のニーズに応じて時間追加やカスタマイズが可能な柔軟なサービスを提供しています。

リモートアシスタント活用事例

リモートアシスタントサービスの具体的な活用方法をイメージしやすくするため、ここではいくつかの成功事例を紹介します。これらの事例を参考に、自社での活用方法を検討してみてください。

  1. IT企業A社の事例:業務効率化による売上向上

従業員50名のIT企業A社では、営業担当者の事務作業負担が大きく、新規開拓の時間が十分に取れないことが課題でした。リモートアシスタントサービスを導入し、以下の業務を委託しました。

  • 営業資料の作成と更新
  • 顧客データベースの管理
  • 見積書・請求書の作成

結果:

  • 営業担当者の事務作業時間が約40%削減
  • 顧客訪問回数が月平均30%増加
  • 新規契約数が25%向上し、売上が20%増加

A社の営業部長は「リモートアシスタントの活用で、営業担当者が本来の仕事に集中できるようになり、会社全体の生産性が大幅に向上しました」と話しています。

  1. 小売業B社の事例:経理業務の効率化

従業員20名の小売業B社では、経理担当者1名が退職し、急遽経理業務の対応に迫られました。リモートアシスタントサービスを活用し、以下の業務を委託しました。

  • 日次の仕訳入力
  • 月次決算資料の作成
  • 給与計算補助

結果:

  • 経理業務の遅延をなくし、適時の財務報告が可能に
  • 経営者の経理業務負担が月40時間から5時間に削減
  • 採用コストを抑えつつ、専門性の高い経理業務をカバー

B社の社長は「急な人員不足に対して、リモートアシスタントが即戦力として機能してくれました。経営判断に必要な財務情報を遅滞なく得られるようになり、経営の質が向上しました」と評価しています。

  1. サービス業C社の事例:カスタマーサポート体制の強化

従業員30名のサービス業C社では、問い合わせ対応の遅れが顧客満足度低下の原因となっていました。リモートアシスタントサービスを導入し、以下の業務を委託しました。

  • メールでの顧客問い合わせ対応
  • FAQ作成と更新
  • カスタマーサポート業務の分析とレポート作成

結果:

  • 問い合わせへの平均応答時間が24時間から4時間に短縮
  • カスタマーサポート満足度が20%向上
  • 既存顧客の契約更新率が15%上昇

C社のカスタマーサポート責任者は「リモートアシスタントの導入により、24時間365日の対応が可能になりました。また、データ分析に基づく改善提案も受けられ、サービス品質の向上につながっています」と語っています。

これらの事例から、リモートアシスタントサービスが様々な業種や規模の企業で効果的に活用され、業務効率化や売上向上、顧客満足度の改善などに貢献していることがわかります。自社の課題に合わせて適切にリモートアシスタントを活用することで、大きな成果を得られる可能性があります。

まとめ

リモートアシスタントは、中小企業の業務効率化と生産性向上に大きく貢献するサービスです。活用のポイントは以下の通りです:

  1. 自社の課題を明確にする
  2. 適切なサービスを選択する
  3. 段階的に導入する
  4. コミュニケーションを重視する
  5. 継続的な改善を行う

これらのポイントを押さえつつ、自社に最適なリモートアシスタントサービスを選ぶことが成功の鍵となります。

その中でも、リルデイジーは中小企業のニーズに特化した柔軟なサービス提供と、経験豊富な女性ディレクターによるきめ細やかなサポートが特徴です。幅広いバックオフィス業務への対応、柔軟な料金プラン、高品質なサポート、そして徹底したセキュリティ対策により、多くの中小企業から支持されています。

業務効率化と企業成長を実現したい方は、ぜひリルデイジーのサービスをご検討ください。まずは無料相談から始めてみませんか? 専門スタッフが貴社の課題やニーズをヒアリングし、最適なプランをご提案いたします。

リモートアシスタントをご検討の方は、お気軽にご相談ください。

事務のアウトソーシングなら、お気軽にご相談ください







    事務担当が退職を希望したすぐに人手が欲しい月ごとに仕事量が変わるので人を雇えない一つだけでなく複数の業務を依頼したいコストダウンしたい経理や総務も依頼したい


    営業事務・事務経理総務秘書マーケティング・リサーチWebSNS・運用、制作その他






    関連記事

    文字起こし・テープ起こし業者9社を徹底比較!選び方と精度を上げるコツを解説

    名寄せの効率的な方法とは?エクセル活用のコツから外注活用まで徹底解説

    事務コストを抑えて利益率アップ!経営者が知るべき業務効率化のコツ

    「一人経理」のリスクと対策とは?中小企業の経営者必見!効率化と安全性の両立

    プロに任せるInstagram運用術|代行サービスの選び方ガイド

    サムネイル制作のプロ外注で集客力アップ!おすすめ依頼先と相場を解説

    PAGE TOP