事務代行リルデイジーはオンラインでアシスタントが業務を代行し、人手不足を解消するサービスです

【2024年版】動画の字幕・文字入れ編集アプリ おすすめ10選と活用のコツ

みなさん、こんな経験ありませんか?

「SNS用の動画を作りたいけど、字幕を入れるのが面倒…」
「動画編集って難しそう。どのアプリを使えばいいの?」
「文字入れだけでも時間がかかりすぎて、他の仕事に支障が…」

実は、これらの悩みは珍しくありません。多くの中小企業や個人事業主の方が、動画マーケティングの重要性を感じつつも、実践に踏み出せずにいるんです。

でも、大丈夫。2024年現在、動画編集の世界はどんどん進化しています。初心者でも使いやすいアプリがたくさん登場していて、プロ級の動画が簡単に作れるようになってきているんです。

この記事では、動画に字幕や文字を入れるのに便利なアプリを10個紹介します。無料で使えるものから高機能なものまで、幅広くピックアップしていますよ。

さらに、効果的な文字入れのコツや、忙しい人のための時短テクニックも紹介します。「もう時間がない!」という方には、外注サービスの活用法もお伝えしますね。

動画マーケティングは、もはや大企業だけのものではありません。むしろ、中小企業こそ活用すべき強力なツールなんです。視聴者とのつながりを深め、ブランドの認知度を高める。そんな可能性を秘めているんですよ。

それでは、一緒に動画編集の世界を覗いてみましょう。きっと、あなたのビジネスに新しい風を吹き込むヒントが見つかるはずです。

動画に文字入れするメリット

動画に文字を入れるって、ちょっと面倒くさそうに感じませんか?でも、実はこれ、見逃せないほど大切なポイントなんです。どんなメリットがあるのか、具体的に見ていきましょう。

  1. 音声がなくても内容を伝えられる

最近、電車の中やオフィスでスマホを見ている人、多いですよね。そんな時、音声をオンにできないことってありませんか?
文字入れしておけば、音声なしでも動画の内容をしっかり伝えられるんです。例えば、料理レシピの動画。手順を文字で入れておけば、音声なしでも簡単に理解できますよね。

  1. 動画内の情報を補足できる

話している内容を文字で強調したり、追加情報を入れたりできるんです。
例えば、セミナーの動画なら、話している内容のキーワードを文字で入れると、視聴者の理解が深まります。商品紹介の動画なら、価格や特徴を文字で追加。より詳しい情報を伝えられますよ。

  1. エンゲージメント率の向上

実は、文字入りの動画は視聴者の反応がいいんです。
Facebookの調査によると、字幕付きの動画は、そうでない動画と比べて平均12%長く視聴されるそうです。また、Instagramでは、文字入り動画のほうが、コメントやシェアが増える傾向にあるんだとか。

  1. 多言語対応が簡単

海外展開を考えている企業さんにとっては、これ重要ポイントです。
文字を入れておけば、その部分だけ翻訳するだけで、簡単に多言語対応の動画が作れちゃいます。言語の壁を越えて、より多くの人にメッセージを届けられるんですよ。

  1. SEO対策にも有効

YouTubeなどの動画プラットフォームでは、文字情報も検索の対象になります。
つまり、適切なキーワードを文字として入れておくことで、検索結果で上位に表示される可能性が高まるんです。これ、見逃せないポイントですよね。

このように、動画に文字を入れるメリットは本当にたくさん。少し手間はかかりますが、その効果を考えれば、十分に価値がある作業だと言えます。

でも、「具体的にどうやって入れればいいの?」って思いますよね。大丈夫、次は実際に使えるアプリを紹介していきます。初心者の方でも簡単に使えるものばかりですよ。

さて、いよいよ具体的なアプリの紹介です。2024年現在、おすすめの動画編集アプリを10個ピックアップしました。それぞれの特徴や使い方のポイントをご紹介しますね。

動画に文字入れできるアプリ10選

iMovie

主な特徴
iMovieはAppleが提供する無料の動画編集アプリで、iOSおよびmacOSで利用できます。直感的なインターフェースを持ち、初心者でも簡単に高品質な動画を作成できます。iMovieは、トランジション、タイトル、音楽の追加など基本的な編集機能を提供し、4K解像度の動画編集にも対応しています。また、マジックムービー機能やストーリーボード機能を使って、自動的に動画を作成することも可能です。

主な機能と料金

主な機能料金
基本的な動画編集、トランジション、タイトル、音楽追加、4K対応、自動編集機能無料

InShot

主な特徴
InShotは、iOSおよびAndroid向けの強力な動画編集アプリです。SNS向けの縦型動画編集に特化しており、フィルター、エフェクト、ステッカーの追加が簡単に行えます。使いやすいメニュー構成と手頃な価格が特徴で、初心者から上級者まで幅広く利用されています。ただし、初めてのユーザーには少し使い方が難しいと感じるかもしれません。

主な機能と料金

主な機能料金
基本的な動画編集、フィルター、エフェクト、ステッカー、テキスト、音楽追加無料(有料機能あり)

Canva

主な特徴
Canvaは、グラフィックデザインと動画編集を一体化した多機能アプリです。豊富なテンプレートとデザイン素材を提供し、簡単にプロフェッショナルなデザインを作成できます。動画編集機能も充実しており、テキスト、画像、音楽の追加が可能です。特に、ブランドキット機能やチーム共同作業機能がビジネスユーザーにとって便利です。

主な機能と料金

主な機能料金
動画編集、グラフィックデザイン、テンプレート、テキスト、画像、音楽追加無料、Pro版:年間$120

CapCut

主な特徴
CapCutは、TikTokの運営元であるByteDanceが開発した無料の動画編集アプリです。SNS向けの短尺動画編集に特化しており、豊富なエフェクトやフィルター、AIを活用した自動編集機能が特徴です。デスクトップ版も提供されており、クロスプラットフォームでの編集が可能です。

主な機能と料金

主な機能料金
基本的な動画編集、エフェクト、フィルター、AI自動編集、テンプレート無料

VLLO

主な特徴
VLLOは、初心者から上級者まで幅広く利用できる動画編集アプリです。直感的なインターフェースと高度な編集機能を兼ね備えており、レイヤー機能を使った編集やピクチャーインピクチャー機能などが利用できます。著作権フリーのBGMや効果音も豊富に揃っています。

主な機能と料金

主な機能料金
基本的な動画編集、レイヤー編集、テキストアニメーション、エフェクト無料、プレミアム:月額450円

承知いたしました。引き続き、ご提供いただいた内容をそのまま使用して記事を続けます。

KineMaster

主な特徴
KineMasterは、プロフェッショナルな動画編集機能を提供するモバイルアプリです。マルチレイヤー編集やクロマキー機能、精密な音声編集など、デスクトップ級の編集機能を持ちながら、モバイルデバイスでの操作が可能です。初心者からプロまで幅広く利用されています。

主な機能と料金

主な機能料金
マルチレイヤー編集、クロマキー、音声編集、速度調整、4K対応無料(有料版:月額$4.99)

PowerDirector

主な特徴
PowerDirectorは、デスクトップ版の機能を多く搭載したモバイル向け動画編集アプリです。高度な編集機能と使いやすさを両立しており、タイムライン編集やクロマキー機能、360度動画編集などが可能です。AIによる自動編集機能も搭載されています。

主な機能と料金

主な機能料金
タイムライン編集、モーショングラフィックス、クロマキー、360度動画編集無料(有料版:月額$4.99)

Filmmaker Pro

主な特徴
Filmmaker Proは、プロ向けの高度な編集機能を提供するアプリです。4K解像度対応やマルチトラック編集、クロマキー機能、LUTを使用した色補正など、詳細な編集が可能です。直感的なインターフェースで操作も簡単です。

主な機能と料金

主な機能料金
4K対応、マルチトラック編集、クロマキー、LUT色補正、キーフレームアニメーション無料(有料版:月額$5.99)

Adobe Premiere Rush

主な特徴
Adobe Premiere Rushは、Adobe製品との連携が強みのクロスプラットフォーム対応動画編集アプリです。基本的な編集機能に加え、Adobe Stock素材との連携や自動音声同期、クラウド同期などが可能です。モーショングラフィックステンプレートも利用できます。

主な機能と料金

主な機能料金
基本的な動画編集、Adobe Stock連携、自動音声同期、クラウド同期無料(有料版:月額$9.99)

VITA

主な特徴
VITAは、SNS向けの短尺動画作成に特化したアプリです。豊富なテンプレートとエフェクトを提供し、簡単にプロフェッショナルな動画を作成できます。縦型動画にも対応しており、初心者でも使いやすいインターフェースが特徴です。

主な機能と料金

主な機能料金
テンプレート編集、テキストアニメーション、音楽ライブラリ、フィルター無料(有料版:月額$4.99)

いかがでしたか?それぞれのアプリに特徴があって、用途に応じて使い分けられそうですね。
でも、「結局どれを選べばいいの?」って思いますよね。次は、アプリ選びのポイントをお伝えします。自分に合ったアプリを見つける参考にしてくださいね。

文章の続きはないようですので、次のステップに進みましょう。

動画編集アプリの選び方

さて、たくさんのアプリを紹介しましたが、「結局どれを選べばいいの?」と迷っている方も多いのではないでしょうか。ここでは、自分に合ったアプリを選ぶためのポイントをいくつかご紹介します。

  1. 用途に応じた機能の確認
    まず、自分が何のために動画を作るのかを明確にしましょう。SNS用の短い動画なのか、長めのYouTube動画なのか、それとも企業のプロモーション動画なのか。用途によって必要な機能が変わってきます。
  2. 操作性とユーザーインターフェース
    使いやすさは重要なポイントです。特に初心者の方は、直感的に操作できるアプリを選ぶと良いでしょう。無料版を試してみて、自分に合うかどうか確認することをおすすめします。
  3. 価格と予算
    無料で十分な機能があるアプリもあれば、有料版でより高度な機能が使えるアプリもあります。自分の予算と照らし合わせて、最適なものを選びましょう。
  4. デバイスの対応状況
    使用するデバイス(iOS、Android、PC)に対応しているかどうかも重要です。クロスプラットフォーム対応のアプリなら、様々な環境で編集作業ができて便利です。

これらのポイントを参考に、自分に最適なアプリを見つけてくださいね。次は、実際に動画に文字を入れる際のポイントについて解説します。

動画に文字入れするときのポイント

せっかく文字を入れるなら、効果的に使いたいですよね。ここでは、動画に文字を入れる際の重要なポイントをご紹介します。

テロップの長さと表示時間

  • 短すぎず、長すぎず:視聴者が読み切れる長さを心がけましょう。一般的に、1秒あたり4〜5文字が目安です。
  • タイミングを合わせる:話している内容や画面の動きに合わせてテロップを表示させると、より効果的です。
  • フェードイン・アウト:突然表示されたり消えたりするより、少しずつ表示・消去されるほうが自然に見えます。

フォントの選択とカラー

  • 読みやすさを重視:装飾的なフォントは控えめに。基本は読みやすいシンプルなフォントを選びましょう。
  • コントラストを意識:背景色と文字色のコントラストをつけることで、読みやすさが格段に上がります。
  • ブランドカラーの活用:企業PRの動画なら、ロゴやブランドカラーを取り入れるのも効果的です。

配置とレイアウト

  • 画面の邪魔にならない:重要な映像を隠さないよう、配置には注意しましょう。
  • 統一感を持たせる:複数のテロップを使う場合、配置やデザインに一貫性を持たせると見やすくなります。
  • 動きのある文字:静止画だけでなく、動きのあるテロップを使うと視聴者の注目を集めやすくなります。

エフェクトの活用

  • 強調したい部分に:キーワードや重要な数字にエフェクトを加えると、印象に残りやすくなります。
  • やりすぎに注意:派手すぎるエフェクトは逆効果。控えめに使うのがコツです。
  • 内容に合わせる:例えば、楽しい内容なら明るい色や動きのあるエフェクト、シリアスな内容なら落ち着いたデザインを選びましょう。

これらのポイントを意識するだけで、動画の質がグッと上がります。でも、「時間がかかりそう…」と思った方もいるかもしれませんね。大丈夫です。次は、動画編集の時短テクニックをご紹介します。忙しい方必見ですよ!

動画編集の時短テクニック

「動画編集は大切だけど、時間がかかりすぎる…」そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?ここでは、効率よく動画編集を行うためのテクニックをいくつかご紹介します。

  1. テンプレートの活用
  • 多くのアプリが提供:紹介したアプリの多くが、すぐに使えるテンプレートを用意しています。
  • カスタマイズも簡単:テンプレートをベースに、自社のブランドカラーや素材を入れ替えるだけで、オリジナリティのある動画が作れます。
  • 一貫性の維持:同じテンプレートを使い回すことで、ブランドの一貫性を保ちやすくなります。
  1. ショートカットキーの使用
  • 操作の高速化:マウス操作よりもキーボードショートカットを使うと、作業スピードが格段に上がります。
  • アプリごとに確認:使用するアプリのショートカットキーを覚えておくと、効率アップにつながります。
  • よく使う機能から:全てを覚える必要はありません。よく使う機能のショートカットから少しずつ覚えていきましょう。
  1. バッチ処理の活用
  • 一括編集:同じ効果や文字入れを複数の動画に適用する場合、バッチ処理機能を使うと時間短縮になります。
  • 書き出し時間の短縮:複数の動画を一度に書き出せるアプリもあります。夜間に処理を行えば、朝には完成した動画が待っています。
  1. プリセットの作成と活用
  • よく使う設定を保存:文字のスタイルやエフェクトの設定など、よく使うものはプリセットとして保存しておきましょう。
  • 再利用で時間短縮:一度作ったプリセットを使い回すことで、毎回の細かい設定が不要になります。
  1. 音楽や効果音のライブラリ化
  • 素材の整理:よく使う音楽や効果音をライブラリ化しておくと、素材探しの時間が短縮できます。
  • 権利の確認:使用する音楽の著作権には注意が必要です。フリー素材やライセンス購入した素材をまとめておくと安心です。

これらのテクニックを活用すれば、動画編集の時間を大幅に短縮できるはずです。でも、それでも「時間が足りない!」という方もいるかもしれません。そんな方のために、次は動画編集を外注する選択肢について考えてみましょう。

動画編集を外注する選択肢

いくら時短テクニックを駆使しても、「やっぱり自分で編集する時間がない!」という方もいるでしょう。そんな時は、動画編集の外注を検討してみるのも一つの手です。ここでは、外注のメリットと、おすすめのサービスをご紹介します。

  1. 外注のメリット
  • 時間の節約:自分で編集する時間を他の重要な業務に充てられます。
  • プロの技術:専門家による高品質な仕上がりが期待できます。
  • 最新トレンドの反映:プロは常に最新の編集テクニックやトレンドを把握しています。
  • コスト効率:長期的に見れば、自社で編集するより効率的な場合もあります。
  1. リルデイジーの動画編集サービス紹介

そんな外注サービスの中でも、特におすすめなのが「リルデイジー」です。

リルデイジーの特徴

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい
  • 幅広い業務に対応:動画編集だけでなく、様々なバックオフィス業務をサポート。
  • 専属ディレクター制:担当者が固定されるので、やりとりがスムーズです。
  • 柔軟な対応:急な依頼や細かな修正にも対応してくれます。
  • リーズナブルな料金設定:必要な分だけ利用できるので、コスト管理がしやすいです。
  1. 導入事例と効果

A社(EC事業)の場合:
商品紹介動画の制作に悩んでいたA社。リルデイジーに依頼したところ、週1本のペースで高品質な動画が提供されるようになりました。その結果、商品の売上が前年比20%アップ。社内の担当者は、動画の企画立案により多くの時間を割けるようになったそうです。

B社(コンサルティング会社)の場合:
セミナーやウェビナーの録画編集に時間を取られていたB社。リルデイジーに外注することで、編集時間が90%削減。その分、新規クライアントの開拓に時間を使えるようになり、半年で顧客数が1.5倍に増加しました。

このように、動画編集の外注は単に時間を節約するだけでなく、ビジネスの成長にもつながる可能性があります。「でも、外注って高そう…」と思う方もいるかもしれません。しかし、自社で行う場合の人件費や機材・ソフトのコスト、さらには機会損失も考慮すると、意外とリーズナブルな選択肢かもしれません。

動画マーケティングの重要性が増す中、効率的な動画制作は避けて通れない課題です。自社の状況に合わせて、内製と外注をうまく使い分けていくことが大切ですね。

承知しました。もう少し控えめで自然な表現に修正いたします。

まとめ

動画に文字を入れることの重要性、適切なアプリの選び方、効果的な文字入れのコツ、そして時短テクニックまで、幅広く見てきました。動画マーケティングは、中小企業にとっても強力なツールとなります。適切な文字入れで、より多くの人にメッセージを届けられるでしょう。

ただ、全てを自社で行うのは大変かもしれません。そんな時は、リルデイジーのような外部サービスの活用がおすすめです。プロの力を借りることで、高品質な動画を効率的に制作でき、本来の業務により集中できます。

動画制作は始めてみると意外と楽しいものです。この記事を読んで興味を持った方は、ぜひチャレンジしてみてください。もし時間や技術的な制約を感じたら、私達リルデイジーにご相談ください。

動画の字幕・文字入れをご希望の方は、お気軽にご相談ください

事務のアウトソーシングなら、お気軽にご相談ください







    事務担当が退職を希望したすぐに人手が欲しい月ごとに仕事量が変わるので人を雇えない一つだけでなく複数の業務を依頼したいコストダウンしたい経理や総務も依頼したい


    営業事務・事務経理総務秘書マーケティング・リサーチWebSNS・運用、制作その他






    関連記事

    請求業務はプロに任せて効率アップ:代行サービス活用ガイド

    事務コストを抑えて利益率アップ!経営者が知るべき業務効率化のコツ

    中小企業の育休対応、どうすれば?課題と具体的な解決策を徹底解説

    社員一人あたりの本当のコストとは?中小企業のための5つの人件費適正化戦略

    記帳代行vs経理代行:あなたに合うのはどっち?

    【コスト削減】総務業務を事務代行に任せて、賢くリソースを活用!

    PAGE TOP