事務代行リルデイジーはオンラインでアシスタントが業務を代行し、人手不足を解消するサービスです

給与計算の外部委託:メリット・デメリットから選び方まで

給与計算業務、皆さんの会社ではどのように行っていますか?

多くの企業にとって、給与計算は避けて通れない重要な業務です。しかし、その作業は意外と時間がかかり、ミスも起こりやすいものです。

  • 「毎月の給与計算に膨大な時間がかかってしまう…」
  • 「法改正への対応が追いつかない」
  • 「人事部門の人手が足りない」
  • 「給与計算のミスが頻発して困っている」

こんな悩みを抱えている方は少なくありません。

実は、これらの悩みを解決する強い味方があります。それが「給与計算の外部委託(アウトソーシング)」です。

給与計算の外部委託を活用すれば、業務効率化やコスト削減だけでなく、人事部門の質の向上にもつながります。本記事では、給与計算の外部委託のメリットやデメリット、適切な業者の選び方、さらには具体的なサービス比較までを詳しくご紹介します。

人事業務の負担を軽減し、より戦略的な業務に集中したい方、ぜひ最後までお読みください。きっと、あなたの企業に最適な解決策が見つかるはずです。

目次

事務代行・バックオフィス代行は
女性オンラインアシスタントのリルデイジーへ

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

専属ディレクターによる
業務分析と対応

各企業に専属のディレクターがつき、業務内容を詳しくヒアリング。最適な業務フローを設計し、適切なスタッフをアサインします。

女性スタッフによる
きめ細やかなサポート

リルデイジーのスタッフは全員が女性。女性ならではの細やかな心配りと柔軟なコミュニケーションで、クライアントのニーズに的確に対応。

総勢200人のスタッフによる
安定したサービス提供

フリーランスのクラウドソーシングと違い多数のスタッフが常駐。途中で業務を投げ出されるリスクがありません。

1.給与計算の外部委託(アウトソーシング)とは

1.1 給与計算アウトソーシングの定義

給与計算アウトソーシングとは、企業の給与計算業務を外部の専門業者に委託するサービスです。単純に言えば、「給与計算のプロに任せる」ということですね。

具体的には、以下のような業務を外部に委託します:

  • 毎月の給与計算
  • 賞与計算
  • 年末調整
  • 社会保険や税金の計算と納付

これらの業務を専門家に任せることで、人事部門の負担を大幅に軽減できるんです。

1.2 外部委託できる業務範囲

給与計算アウトソーシングで外部に委託できる業務は、実に幅広いんです。主なものを見ていきましょう:

  1. 基本的な給与計算業務
    • 月次給与計算
    • 賞与計算
    • 年末調整
    • 給与明細の作成と配布
  2. 社会保険関連業務
    • 健康保険・厚生年金の算出
    • 雇用保険・労災保険の計算
    • 各種届出書類の作成と提出
  3. 税務関連業務
    • 所得税の計算と納付
    • 住民税の計算と納付
    • 源泉徴収票の作成
  4. 勤怠管理
    • タイムカードの集計
    • 残業時間の計算
    • 有給休暇の管理
  5. 各種レポート作成
    • 給与支払報告書の作成
    • 社会保険算定基礎届の作成
    • 人件費分析レポートの作成
  6. 従業員からの問い合わせ対応
    • 給与明細に関する質問対応
    • 社会保険や税金に関する一般的な質問対応

これだけ多くの業務を外部委託できるんです。驚きませんか?

ただし、すべての業務を丸ごと外部に任せる必要はありません。自社の状況に応じて、必要な部分だけを委託することも可能です。

次は、どんな企業が給与計算の外部委託を活用すべきなのか、具体的に見ていきましょう。あなたの会社に合っているかどうか、チェックしてみましょう!

2.給与計算の外部委託を活用すべき企業の特徴

給与計算の外部委託、実はどんな企業にもメリットがあるんです。でも、特に以下のような特徴を持つ企業には、より大きな効果が期待できます。

2.1 小規模~中規模の企業

  • 専門の人事部門がない、または少人数で運営している
  • 給与計算の専門知識を持つ社員が限られている
  • 人事業務にかける時間やコストを抑えたい

こんな企業では、外部委託によって専門知識や最新の法改正にも対応できるようになります。

2.2 急成長している企業

  • 従業員数が急速に増加している
  • 新規事業や海外進出など、業務が複雑化している
  • 人事部門の拡大が事業の成長に追いついていない

成長期の企業では、給与計算業務を外部に任せることで、戦略的な人事業務に集中できるようになります。

2.3 人事部門のリソースが限られている企業

  • 少ない人数で多くの業務をこなしている
  • 戦略的な人事業務に時間を割きたい
  • 繁忙期の人員増強が難しい

外部委託により、限られたリソースを有効活用し、より付加価値の高い業務に注力できます。

2.4 コンプライアンスを重視する企業

  • 法令遵守に細心の注意を払いたい
  • 労務関連の最新情報を常にキャッチアップしたい
  • 内部統制の強化を図りたい

専門家による外部委託で、法令順守の徹底と、最新の労務情報への対応が可能になります。

これらの特徴に当てはまる企業では、給与計算の外部委託を検討する価値が大いにあります。「うちの会社にも当てはまるかも」と思った方、さらに詳しくメリットを見ていきましょう。

外部委託のメリットを知れば、「これは使わない手はない!」と思えるはずです。でも、デメリットもありますよ。両方をしっかり理解して、賢い選択をしていきましょう!

3.給与計算アウトソーシングのメリット

給与計算を外部委託すると、どんないいことがあるのでしょうか?ここでは主なメリットを詳しく見ていきます。

3.1 トータルコストの削減

  • 人件費の削減:専任の給与計算担当者を雇う必要がなくなります。
  • システム投資の軽減:高額な給与計算ソフトの購入や更新が不要になります。
  • 間接コストの削減:給与明細の印刷・配布コストなども削減できます。

実際、多くの企業で20-30%のコスト削減効果が報告されています。

3.2 業務の属人化防止

  • 特定の社員に依存しない体制が作れます。
  • 担当者の退職や異動によるリスクを軽減できます。
  • 標準化されたプロセスにより、一定の品質が保たれます。

「ベテラン社員が辞めたら困る」という心配がなくなりますね。

3.3 コア業務への集中

  • 人事部門が戦略的な業務に集中できます。
  • 従業員の育成や組織開発など、より価値の高い業務に時間を使えます。
  • 経営陣も人事戦略の立案に注力できます。

本来やるべき仕事に集中できる環境が整います。

3.4 法令改正への迅速な対応

  • 専門家が最新の法改正情報を常にキャッチアップします。
  • 複雑な計算や手続きも、正確かつ迅速に対応できます。
  • コンプライアンスリスクを大幅に軽減できます。

法改正の度に社内で勉強会…なんてことがなくなります。

3.5 繁忙期の人員調整が不要に

  • 賞与計算や年末調整時期の業務増加にも柔軟に対応できます。
  • 短期的な人員増強が不要になります。
  • 業務の質を落とすことなく、繁忙期を乗り切れます。

繁忙期の残業地獄から解放されるかもしれません。

いかがでしょうか? 給与計算アウトソーシングには、これだけ多くのメリットがあるんです。 でも、「デメリットは本当にないの?」と思う方もいるはずです。

次は、給与計算アウトソーシングのデメリットについても正直にお伝えします。メリットとデメリットの両方を理解した上で、あなたの会社に最適な選択ができるよう、一緒に考えていきましょう。

4.給与計算アウトソーシングのデメリット

給与計算アウトソーシングには多くのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。ここでは、主な注意点を見ていきましょう。

4.1 社内ノウハウの蓄積が難しい

  • 給与計算の専門知識が社内に蓄積されにくくなります。
  • 将来的に内製化を考えた場合、一から学び直す必要があるかもしれません。
  • 会社特有の給与体系や手当の理解が薄れる可能性があります。

対策:定期的に報告会を設けたり、社内で簡単な勉強会を開催するのも良いでしょう。

4.2 急な変更への対応が困難

  • 突発的な給与計算ルールの変更に即座に対応できない場合があります。
  • 柔軟性が低下し、社内の急な要望に応えにくくなる可能性があります。
  • コミュニケーションに時間がかかり、スピード感が失われることも。

対策:変更がある場合は早めに連絡し、対応方法を事前に相談しておくことが大切です。

4.3 情報セキュリティリスク

  • 従業員の個人情報や給与データを外部に委託するため、情報漏洩のリスクがあります。
  • サイバー攻撃やデータ損失のリスクも考慮する必要があります。
  • 委託先の管理体制によっては、自社の情報管理方針が徹底されない可能性も。

対策:しっかりとしたセキュリティ対策を持つ信頼できる業者を選ぶことが重要です。

これらのデメリットは、適切な業者選びと綿密なコミュニケーションによって、かなりの部分を軽減することができます。

例えば:

  • 定期的な報告会を設けて、社内でも知識を共有する
  • 緊急時の対応方法を事前に決めておく
  • セキュリティ対策の確認を徹底的に行う

などの対策を講じることで、デメリットを最小限に抑えられるでしょう。

給与計算アウトソーシングを検討する際は、これらのメリットとデメリットを天秤にかけ、自社にとってどちらが大きいかを慎重に判断することが大切です。

さて、ここまでで給与計算アウトソーシングの概要がつかめてきたのではないでしょうか。「うちの会社でも導入を検討してみようかな」と思った方もいるはずです。

次は、給与計算アウトソーシングの主な依頼先と料金相場について見ていきます。どんな選択肢があるのか、そしてどのくらいの費用がかかるのか、具体的に探っていきましょう。

5.給与計算アウトソーシングの主な依頼先と料金相場

給与計算を外部委託する際、どんな選択肢があるのでしょうか。そして、費用はどのくらいかかるのでしょうか。ここでは主な依頼先と料金相場について見ていきます。

5.1 アウトソーシング専門会社

特徴

  • 大規模な処理が可能
  • 専門的なシステムやノウハウを持つ
  • 幅広いサービスを提供

料金目安:従業員1人あたり月額1,000円~3,000円程度

5.2 社会保険労務士事務所

特徴

  • 労務管理全般のアドバイスも受けられる
  • 個別の相談にも対応しやすい
  • 中小企業向けのサービスが充実

料金目安:従業員1人あたり月額1,500円~4,000円程度

5.3 税理士事務所

特徴

  • 税務面のサポートも同時に受けられる
  • 財務・会計と連携したサービスを提供
  • 中小企業に適したサービスが多い

料金目安:従業員1人あたり月額2,000円~5,000円程度

5.4 フリーランス

特徴

  • 柔軟な対応が可能
  • 比較的低コスト
  • 小規模企業や個人事業主に適している

料金目安:従業員1人あたり月額1,000円~3,000円程度

5.5 一般的な料金相場

給与計算アウトソーシングの料金は、主に以下の要素で変動します:

  • 従業員数
  • サービスの範囲(給与計算のみか、社会保険手続きなども含むか)
  • 給与体系の複雑さ
  • 委託先の規模や知名度

一般的な相場としては、以下のようになります:

  • 小規模企業(従業員10名程度):月額2万円~5万円
  • 中規模企業(従業員50名程度):月額8万円~15万円
  • 大規模企業(従業員100名以上):月額15万円~

ただし、これはあくまで目安です。実際の料金は、委託する業務の範囲や企業の特性によって大きく変わります。

重要なのは、単純に価格だけで判断せず、自社のニーズに合ったサービスを選ぶことです。安くても必要な機能がなければ意味がありませんし、高すぎても予算オーバーでは続きません。

次のセクションでは、失敗しない給与計算アウトソーシング業者の選び方について詳しく見ていきます。適切な業者選びのポイントをしっかり押さえて、あなたの会社に最適なパートナーを見つけていきましょう。

6.失敗しない給与計算アウトソーシング業者の選び5つのポイント

給与計算アウトソーシングの成功は、適切な業者選びにかかっています。ここでは、信頼できる業者を選ぶための5つの重要なポイントを詳しく見ていきます。

6.1 業務の対応範囲

  • 自社のニーズに合った業務範囲をカバーしているか
  • 給与計算以外の人事労務業務にも対応可能か
  • 将来的なニーズの変化にも柔軟に対応できるか

ポイント:単に現在の課題解決だけでなく、将来の成長も見据えて選びましょう。

6.2 専門性と正確性

  • 給与計算の専門知識を持つスタッフが在籍しているか
  • 労務関連の最新情報を常にアップデートしているか
  • 過去の実績や顧客からの評価はどうか

ポイント:専門性の高さは、正確な給与計算と法令遵守の基盤となります。

6.3 柔軟性と対応スピード

  • 急な変更要求にも対応できるか
  • 問い合わせへの回答は迅速か
  • カスタマイズ要求にどの程度対応可能か

ポイント:自社の働き方や特殊な給与体系にも対応できる柔軟性が重要です。

6.4 コストパフォーマンス

  • 料金体系は明確で理解しやすいか
  • 隠れたコストはないか
  • 提供されるサービスの質と価格のバランスは適切か

ポイント:単純な価格比較だけでなく、得られる価値とのバランスを考えましょう。

6.5 セキュリティレベル

  • 個人情報保護方針は明確か
  • データ管理やバックアップ体制は万全か
  • セキュリティ認証(ISO27001など)を取得しているか

ポイント:従業員の個人情報を扱うため、セキュリティ対策は最重要項目です。

これらのポイントをチェックする際、以下のような質問を業者にしてみるのも良いでしょう:

  • 「類似の業種での導入実績はありますか?」
  • 「緊急時の対応体制はどうなっていますか?」
  • 「定期的な報告やミーティングは可能ですか?」

適切な業者を選ぶことで、給与計算アウトソーシングの効果を最大限に引き出すことができます。時間をかけてじっくり比較検討し、自社に最適なパートナーを見つけましょう。

次は、具体的におすすめの給与計算アウトソーシングサービスを5つご紹介します。それぞれの特徴や強みを比較しながら、あなたの会社にぴったりのサービスを探していきましょう。

7.おすすめの給与計算アウトソーシングサービス5選

ここでは、実際に利用できる給与計算アウトソーシングサービスを5つご紹介します。それぞれの特徴や強みを比較しながら、自社に最適なサービスを探す参考にしてください。

7.1 リルデイジー

事務代行・バックオフィス代行は
女性オンラインアシスタントのリルデイジーへ

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

専属ディレクターによる
業務分析と対応

各企業に専属のディレクターがつき、業務内容を詳しくヒアリング。最適な業務フローを設計し、適切なスタッフをアサインします。

女性スタッフによる
きめ細やかなサポート

リルデイジーのスタッフは全員が女性。女性ならではの細やかな心配りと柔軟なコミュニケーションで、クライアントのニーズに的確に対応。

総勢200人のスタッフによる
安定したサービス提供

フリーランスのクラウドソーシングと違い多数のスタッフが常駐。途中で業務を投げ出されるリスクがありません。

7.2 ジョブカン給与計算(株式会社DONUTS)

特徴

  • クラウドERP「ジョブカン」シリーズの一環として開発
  • 社労士・給与計算担当者の声を反映した使いやすいシステム
  • 他のジョブカンプロダクト(勤怠管理、経費精算など)との連携が可能
  • パートナー社労士による専門的なサポートを受けられる

費用:従業員1名につき400円/月〜

7.3 freee人事労務アウトソース(フリー株式会社)

特徴

  • 給与計算から年末調整、各種手続きまで幅広く対応
  • クラウド会計ソフトfreeeとの連携により、シームレスな経理処理が可能
  • アウトソースした情報がクラウド上に蓄積され、随時確認可能
  • 将来的な内製化への移行もスムーズ

費用:要問い合わせ

7.4 ペイロール(株式会社ペイロール)

特徴

  • 従業員からの問い合わせ対応や各種届出など、人的対応が必要な業務まで代行
  • 専門のコールセンターを設置し、業務の集中化と効率化を実現
  • Webや電話オペレーションで直接従業員のサポートを行う
  • 大規模企業向けの包括的なサービスが特徴

費用:要問い合わせ

7.5 給与プロ(株式会社シスプロ)

特徴

  • 給与計算代行に加え、勤怠管理システムの提案やweb給与明細化など、幅広いサービスを提供
  • 年末調整や経理業務など、バックオフィス業務全体の包括的な代行が可能
  • オプションで賞与計算や年末調整にも対応
  • 中小企業向けの柔軟なサービス設計

費用:初期導入費用55,000円~、給与計算代行業務27,500円〜

これらのサービスは、それぞれに特徴があり、企業規模や業種、求める機能によって最適なものが異なります。自社のニーズや予算に合わせて、じっくり比較検討してみてください。

また、多くのサービスが無料相談や試用期間を設けていますので、実際に使ってみて判断するのも良いでしょう。

まとめ:給与計算の外部委託で業務効率化を実現しよう

給与計算の外部委託は、多くの企業にとって業務効率化の強力な手段となります。導入を検討する際は、以下の点に注意しましょう:

  1. 自社のニーズと課題を明確にする
  2. 複数のサービスを比較検討する
  3. セキュリティ対策をしっかり確認する
  4. 導入後の効果を定期的に検証し、必要に応じて調整する

リルデイジーの給与計算アウトソーシングサービスは、中小企業に特化した柔軟なサポートが特徴です。クラウドベースのシステムで、正確かつ迅速な給与計算を提供し、法改正にも迅速に対応します。

給与計算の負担を減らし、より戦略的な人事業務に集中したい方は、ぜひ一度ご相談ください。

事務のアウトソーシングなら、お気軽にご相談ください







    事務担当が退職を希望したすぐに人手が欲しい月ごとに仕事量が変わるので人を雇えない一つだけでなく複数の業務を依頼したいコストダウンしたい経理や総務も依頼したい


    営業事務・事務経理総務秘書マーケティング・リサーチWebSNS・運用、制作その他






    関連記事

    事業拡大期の事務作業を乗り切る!業務負荷対策のポイント

    プレゼン資料作成を自動化!おすすめAIツール比較12選

    派遣社員のスキルが低かったら!? 交代要請の理由と効果的な代替方法

    中小企業必見!事務作業のコスト削減策5選

    【保存版】総務の7月繁忙期を乗り切る!9つのタスクと効率化のコツ

    庶務と総務の役割の違いとは?課題解決の具体策

    PAGE TOP