事務代行リルデイジーはオンラインでアシスタントが業務を代行し、人手不足を解消するサービスです

総務BPOのメリットとは?中小企業の業務効率化を実現する導入ステップを解説

「総務の仕事が多すぎて、本業に集中できない…」 「人手不足で総務業務が回らない…」 「コスト削減と業務効率化の両立に頭を悩ませている…」

こんな悩みを抱えている中小企業の経営者や管理職の方は少なくないでしょう。総務業務の煩雑さと属人化は、多くの企業が直面している共通の課題です。さらに、人手不足やコスト増加の問題も重なり、状況はより複雑化しています。

こうした課題に対する効果的な解決策として、近年注目を集めているのが「総務BPO(Business Process Outsourcing)」です。総務BPOを導入することで、業務の効率化やコスト削減はもちろん、社内リソースをコア業務に集中させることが可能になります。

本記事では、総務BPOの基本的な概念から、導入のメリット、成功のためのポイントまで、詳しく解説していきます。さらに、主要な総務BPOサービスの比較も行い、中小企業に適したサービス選びのヒントもご紹介します。総務業務の改善を検討されている方は、ぜひ最後までお読みください。

総務BPOとは?

総務BPO(Business Process Outsourcing)とは、企業の総務部門が担当する業務の一部または全部を外部の専門業者に委託することを指します。つまり、日々の企業運営に欠かせない総務業務を、経験豊富な専門家に任せることで、効率化とコスト削減を図る手法です。

総務業務は多岐にわたり、以下のような業務が含まれます:

・文書管理
・備品管理
・社内イベントの企画・運営
・福利厚生の管理
・社内システムの管理
・各種申請書類の処理
・来客対応
・電話応対
・社内外の連絡調整

これらの業務は、企業の円滑な運営には欠かせませんが、直接的な利益を生み出す業務ではありません。そのため、特に中小企業にとっては、これらの業務に多くの時間とリソースを割くことが難しい状況にあります。

総務BPOは、このような課題を解決するための有効な手段として、近年多くの中小企業に注目されています。専門業者にこれらの業務を委託することで、以下のようなメリットが期待できます:

  1. 業務の効率化
  2. コストの削減
  3. 専門知識・スキルの活用
  4. コア業務への集中

特に中小企業にとって、総務BPOは経営資源の最適化を図る上で重要な選択肢となっています。限られたリソースを最大限に活用し、企業の成長と競争力強化につなげることができるのです。

次は、総務BPOがもたらす具体的なメリットについて、さらに詳しく見ていきましょう。

ご指摘ありがとうございます。もう少し親しみやすい表現に修正します。ここでは、3. 総務BPOのメリットの部分を書き直してみます。

総務BPOのメリット

総務BPOを導入すると、中小企業にはうれしいことがたくさんあります。主な5つのメリットを見ていきましょう。

  1. 業務効率化と生産性向上

総務の仕事を専門家に任せると、驚くほど効率よく進みます。例えば、書類の管理や申請処理などの日常業務を外部に任せることで、処理時間が大幅に短縮。ミスも減るんです。ある中小企業では、総務BPOを始めてから、総務関連の仕事にかかる時間が約30%も減ったそうです。

  1. コスト削減

外部の専門家に仕事を任せると、正社員を雇うよりもずっと安上がり。給料だけでなく、福利厚生や研修にかかるお金も節約できます。忙しい時期と暇な時期で仕事量を調整できるので、無駄なお金も使わずに済みます。

  1. 属人化の解消

「○○さんしかわからない」という状況、よくありますよね。でも、BPOを使えばこの問題も解決。仕事の進め方が標準化されるので、特定の人に頼り切らなくても大丈夫。急に誰かが辞めたり、長期休暇を取っても慌てなくて済みます。

  1. 専門知識の活用

総務BPOの会社は、最新の法律や効率的な仕事のやり方をよく知っています。この知識を借りれば、自社だけでは難しい複雑な仕事や、新しい制度への対応もスムーズ。例えば、働き方改革への対応や、在宅勤務の導入支援なども、お任せできちゃいます。

  1. 本業に集中できる

総務の仕事を外部に任せれば、社内のパワーを本業に集中できます。そうすると、会社の強みを伸ばしたり、新しい事業を始めたりする余裕が生まれます。ある IT 企業では、総務BPOを始めてから、新しいプロジェクトの数が年間20%も増えたんだとか。

これらのメリットは、中小企業の悩みを解決する強い味方になります。でも、成功させるコツは、自社に合ったサービスを選ぶこと。

次は、具体的にどんな仕事を外部に任せられるのか、見ていきましょう。

総務BPOで外部委託できる業務

総務BPOで外部に任せられる仕事は、意外と幅広いんです。ここでは、よくある委託業務を4つのカテゴリーに分けて紹介します。自社でどの業務を外部委託できるか、イメージしやすくなりますよ。

  1. 一般的な総務業務

・文書管理:書類の整理や保管、電子化
・備品管理:オフィス用品の発注、在庫管理
・社内イベントの企画・運営:忘年会やオフサイトミーティングの手配
・来客対応:受付、案内、お茶出し
・電話応対:代表番号への着信対応、取次ぎ
・郵便物の仕分けと配布

これらの業務は、毎日の会社運営には欠かせませんが、専門性が高くないので外部委託しやすい分野です。

  1. 経理関連業務

・経費精算:領収書の確認、データ入力
・請求書発行:作成、送付、管理
・支払い業務:振込手続き、小口現金の管理
・給与計算:勤怠管理、給与データの入力

経理業務は正確さが求められますが、定型的な作業も多いので、BPOの対象としてよく選ばれます。

  1. 人事関連業務

・採用関連:求人広告の作成、応募者対応
・入退社手続き:各種書類の作成、提出
・社会保険関連:加入・脱退手続き、年末調整
・研修運営:会場手配、資料準備

人事業務は機密性が高いので、信頼できるBPO業者を選ぶことが大切です。

  1. その他のバックオフィス業務

・ITサポート:社内システムの管理、ヘルプデスク対応
・データ入力:各種情報のデータベース化
・翻訳・通訳:海外取引先とのやりとり支援
・ウェブサイト管理:更新作業、問い合わせ対応

これらの業務は、専門性が高いものも含まれるので、BPO業者の得意分野をよく確認しましょう。

実は、これらの業務を全部外部委託する必要はありません。自社の状況に応じて、一部の業務から始めるのもいいですし、徐々に委託範囲を広げていくこともできます。

大切なのは、自社の課題やニーズをしっかり把握すること。「どの業務に社内のリソースを集中させたいか」「どの業務を外部の専門家に任せたほうが効率的か」をよく考えて、自社に最適な委託範囲を決めていきましょう。

次は、実際に総務BPOを導入する際の手順について、詳しく見ていきます。

総務BPO導入の手順

総務BPOの導入は、一朝一夕にはいきません。でも、順序立てて進めれば、思ったより簡単です。ここでは、スムーズな導入のための5つのステップを紹介します。

  1. 現状分析と目的の明確化

まずは、自社の総務業務の現状をしっかり把握しましょう。
・どの業務に時間がかかっている?
・どんな課題や非効率な部分がある?
・BPO導入で何を達成したい?

例えば、「経費精算に毎月3日もかかっているから、1日に短縮したい」といった具体的な目標を立てるのがおすすめです。

  1. 外部委託する業務の選定

次に、どの業務を外部に任せるか決めます。
・定型的で量が多い業務
・専門知識が必要だけど、頻度が少ない業務
・社内でやるより外部の方が効率的な業務

こんな視点で業務を見直すと、委託すべき業務が見えてきますよ。

BPO事業者の選定と比較

ここが重要です。複数の事業者を比較検討しましょう。
・対応可能な業務範囲は?
・料金体系は自社に合っている?
・セキュリティ対策は十分?
・実績や評判はどう?

見積もりをもらって、コストパフォーマンスも確認。自社の文化や方針と合う事業者を選ぶのがポイントです。

  1. 導入計画の策定

いよいよ具体的な計画を立てます。
・いつから始める?
・どの業務から着手する?
・社内の担当者は誰?
・どうやって引き継ぐ?

段階的に導入するのか、一気に全部任せるのか、自社に合ったやり方を決めましょう。

  1. 段階的な実施と改善

計画に基づいて、実際に導入を始めます。
・小規模なテスト運用から始める
・定期的に進捗や効果を確認する
・問題点があれば、すぐに改善する

完璧を求めすぎず、走りながら調整していく姿勢が大切です。

これらのステップを踏むことで、自社に最適な総務BPOの導入が可能になります。ただし、導入後も定期的な見直しと改善が必要です。PDCAサイクルを回しながら、より良い総務BPOの活用を目指しましょう。

次は、総務BPOを成功させるためのポイントについて、さらに詳しく見ていきます。

  1. 総務BPO成功のポイント

総務BPOを導入しても、うまくいかないケースもあります。でも、こつさえ押さえれば、成功の確率はグンと上がります。ここでは、総務BPOを成功させるための4つのポイントをご紹介します。

  1. 明確な目標設定

「なんとなく効率化したい」では、成功は遠いです。具体的な数字を含む目標を立てましょう。

例:
・総務業務にかかる時間を30%削減する
・経費精算のミスを90%なくす
・社員の総務業務満足度を80%以上にする

こんな具体的な目標があれば、達成度も測りやすくなります。

  1. 適切なパートナー選び

相性の良いBPO業者を選ぶのは、結婚相手を選ぶくらい大切です。

チェックポイント:
・自社の業界や規模に合った実績がある
・コミュニケーションが取りやすい
・柔軟な対応ができる
・セキュリティ対策がしっかりしている

価格だけでなく、これらの点もしっかりチェックしましょう。

  1. 社内の理解と協力

「急に仕事を奪われた」と社員が感じないよう、丁寧な説明が必要です。

ポイント:
・BPO導入の目的と期待される効果を共有する
・社員の不安や疑問に答える機会を設ける
・新しい役割や成長機会について説明する

社員全員がWin-Winだと感じられる状況を作りましょう。

  1. 定期的な評価と改善

導入したら終わり、ではありません。常に見直しと改善を行いましょう。

具体的に:
・月1回はBPO業者との進捗会議を行う
・半年に1回は大きな見直しの機会を設ける
・社員からのフィードバックを積極的に集める

「ここをもっとこうしてほしい」といった要望も、遠慮なく伝えましょう。

これらのポイントを押さえることで、総務BPOの成功確率はグッと上がります。ただし、一朝一夕には完璧にはなりません。試行錯誤を恐れず、少しずつ改善していく姿勢が大切です。

さて、ここまで総務BPOについて詳しく見てきました。次は、実際のサービス選びの参考になるよう、主要な総務BPOサービスの比較を行います。自社に最適なサービスを見つける手がかりになるはずです。

申し訳ありません。ご指示に従い、提供いただいた表と情報を使用して、主要な総務BPOサービスの比較を行います。

主要な総務BPOサービスの比較

総務BPOサービスを選ぶ際、各社の特徴を理解することが重要です。ここでは、主要な総務BPOサービスを比較し、それぞれの特徴をご紹介します。

サービス名提供企業主な特徴対応業務範囲
リルデイジーLildaisy合同会社専属女性ディレクター制、リモートワーク対応幅広い総務業務、経理、人事など
TOPPAN BPOTOPPANホールディングス業務量調査を実施し、ノンコア業務を支援幅広い総務業務
自治体向けBPOサービスアイフォーティー電話催告やSMS活用による効率化国民健康保険料徴収、納税案内
総務BPOサービスヒューマンリソシアオンサイト対応、ナレッジマネジメント税務関連、不動産関連業務
総務BPOサービスゼロイン業務設計から実行まで包括的に対応幅広い総務業務
  1. リルデイジー(Lildaisy合同会社)
    特徴:経験豊富な女性ディレクターが担当する専属制が特徴です。オンラインでのサポートを基本とし、場所や時間の制約を受けずに業務を依頼できます。総務業務だけでなく、経理、人事、Webサイト運用など幅広いバックオフィス業務に対応しています。
  2. TOPPAN BPO(TOPPANホールディングス)
    特徴:業務量調査を実施し、職員でなくても対応可能なノンコア業務を支援します。この approach により、職員は相談や企画といったコア業務に集中できるようになり、行政サービスの品質向上に寄与します。
  3. 自治体向けBPOサービス(アイフォーティー)
    特徴:特に徴収業務や納税案内に強みを持っています。電話催告やSMSを活用した効率的な業務遂行が特徴です。
  4. 総務BPOサービス(ヒューマンリソシア)
    特徴:オンサイトでの業務対応と独自のナレッジマネジメントが特徴です。税務関連や不動産関連業務など、専門性の高い分野にも対応しています。
  5. 総務BPOサービス(ゼロイン)
    特徴:単なる業務代行だけでなく、企画・業務設計から実行まで包括的に対応します。クライアント企業のビジョンや方針との相性を重視し、共に成長していけるパートナーシップを築くことを目指しています。

これらのサービスは、それぞれ異なる強みを持っており、企業や自治体のニーズに応じて選択することが重要です。自社の課題や目標、規模、業種などを考慮し、最適なサービスを選びましょう。

次は、リルデイジーの総務BPOサービスについて、より詳しく見ていきます。中小企業にとってどのようなメリットがあるのか、具体的に説明していきます。

リルデイジーの総務BPOサービス紹介

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

リルデイジーは、中小企業の業務効率化や人材不足解消に特化した総務BPOサービスを提供しています。ここでは、リルデイジーの特徴と強み、対応可能な業務範囲について詳しく見ていきましょう。

サービスの特徴と強み:

  1. 専属女性ディレクター制:
    経験豊富な女性ディレクターが担当するため、きめ細やかなサポートが受けられます。企業の課題やニーズを深く理解し、最適な解決策を提案します。
  2. リモートワーク対応:
    オンラインでのサポートを基本としているため、場所や時間の制約を受けずに業務を依頼できます。全国どこからでも利用可能で、柔軟な働き方にも対応しています。
  3. 幅広い業務範囲:
    総務業務だけでなく、経理、人事、Webサイト運用など、バックオフィス業務全般をカバーしています。企業の様々なニーズに一括で対応できるのが強みです。
  4. 中小企業向けの柔軟なサービス:
    大手企業向けのサービスとは異なり、中小企業の実情に合わせた柔軟なサポートを提供します。必要な業務だけを選んで依頼できるので、コスト面でも効率的です。
  5. チーム制でのサポート:
    複数のスタッフがチームとなって業務にあたるため、欠員があっても業務が滞らない安定したサービスを提供します。

対応可能な業務範囲:

  1. 総務業務:
  • 文書管理
  • 備品管理
  • 社内イベントの企画・運営
  • 来客対応
  • 電話応対
  • 社内外の連絡調整
  1. 経理業務:
  • 経費精算
  • 請求書発行
  • 支払い業務
  • 給与計算
  1. 人事業務:
  • 採用関連業務
  • 入退社手続き
  • 社会保険関連手続き
  • 研修運営
  1. Webサイト運用:
  • コンテンツ更新
  • SNS運用
  • 問い合わせ対応
  1. その他バックオフィス業務:
  • データ入力
  • スケジュール管理
  • 各種資料作成

リルデイジーのサービスを利用することで、中小企業は以下のようなメリットを得られます:

  1. コア業務への集中:煩雑な事務作業から解放され、本業に注力できます。
  2. コスト削減:正社員雇用に比べ、必要な分だけ利用できるため、コストを抑えられます。
  3. 業務の質の向上:専門知識を持つスタッフが対応するため、業務の質が向上します。
  4. 柔軟な対応:繁忙期や閑散期に合わせて、利用量を調整できます。

中小企業の経営者の方々、自社の業務効率化やコスト削減にお悩みではありませんか?リルデイジーの総務BPOサービスを活用することで、これらの課題を解決し、企業成長への道を開くことができます。まずは無料相談から始めてみませんか?

まとめ

総務BPOは、中小企業の業務効率化と競争力強化に大きな可能性を秘めています。業務効率の向上、コスト削減、属人化の解消など、多くのメリットがあります。

導入の際は、自社の課題を明確にし、適切なパートナーを選ぶことが成功の鍵です。段階的な導入と定期的な評価・改善も忘れずに。

特に中小企業の皆様、リルデイジーの総務BPOサービスをぜひ検討してみてはいかがでしょうか。専属の女性ディレクターによる丁寧なサポート、リモートワーク対応、幅広い業務範囲など、中小企業のニーズに寄り添ったサービスを提供しています。

総務業務の効率化でお悩みなら、まずはリルデイジーに無料相談してみてはいかがでしょうか。あなたの企業に最適な解決策を一緒に見つけていきます。

総務BPOをご検討の方は、お気軽にご相談下さい

事務のアウトソーシングなら、お気軽にご相談ください







    事務担当が退職を希望したすぐに人手が欲しい月ごとに仕事量が変わるので人を雇えない一つだけでなく複数の業務を依頼したいコストダウンしたい経理や総務も依頼したい


    営業事務・事務経理総務秘書マーケティング・リサーチWebSNS・運用、制作その他






    関連記事

    請求業務はプロに任せて効率アップ:代行サービス活用ガイド

    【実践編】社内サポート業務の生産性を高める3つのツール【無料】とその活用法

    大学事務のアウトソーシングで業務効率化!メリットと導入事例を徹底解説

    派遣社員のスキルが低かったら!? 交代要請の理由と効果的な代替方法

    プロに任せるInstagram運用術|代行サービスの選び方ガイド

    クラウドソーシングで失敗しない発注方法

    PAGE TOP