事務代行リルデイジーはオンラインでアシスタントが業務を代行し、人手不足を解消するサービスです

【2024年版】人手不足解消への道筋:中小企業が今すぐ取り組むべき5つの対策

中小企業の経営者や人事担当者の皆さま、こんな悩みを抱えていませんか?

「求人を出しても全然応募が来ない…」
「従業員の残業が増えて、みんな疲れ切っている」
「人手が足りなくて、新しい案件に手を付けられない」

もしかしたら、これらの悩みに頷いている方も多いのではないでしょうか。実は、こうした問題は決して珍しいものではありません。2024年の今、多くの中小企業が深刻な人手不足に直面しているのです。

人手不足は、単に「人が足りない」という問題だけではありません。業務効率の低下、従業員の過重労働、さらには事業拡大の機会損失など、企業経営に大きな影響を与える可能性があります。

しかし、ご安心ください。この記事では、人手不足問題の現状を詳しく分析し、即効性のある5つの対策をご紹介します。特に、アウトソーシングや事務代行サービスの活用方法に焦点を当て、コスト削減と業務効率化を同時に実現する方法をお伝えします。

人手不足解消への道筋は決して遠くありません。一緒に、あなたの会社に最適な解決策を見つけていきましょう。

まずは、人手不足の現状について、最新のデータを交えながら詳しく見ていきます。

人手不足の現状と原因

人手不足と一言で言っても、その実態は意外と知られていないかもしれません。ここでは、最新の統計データを基に、人手不足の現状とその主な原因を探っていきましょう。

■最新統計データによる人手不足の実態

厚生労働省の「労働経済動向調査」によると、2023年第4四半期の従業員過不足判断DIは全産業で+33ポイントとなっています。これは、人手不足と感じている企業が、余剰感のある企業を大きく上回っていることを示しています。

特に、宿泊業・飲食サービス業(+54ポイント)、医療・福祉(+52ポイント)、建設業(+46ポイント)などで顕著な人手不足感が見られます。

■少子高齢化の影響

人手不足の最大の要因として挙げられるのが、少子高齢化による労働人口の減少です。

総務省の人口推計によると、2023年10月1日時点で、65歳以上の高齢者人口は3665万人で、総人口に占める割合は29.1%に達しています。一方、生産年齢人口(15〜64歳)は7390万人で、割合は58.7%まで低下しています。

このトレンドは今後も続くと予測されており、働き手の確保がますます難しくなることが予想されます。

■企業と求職者のミスマッチ

人手不足のもう一つの大きな要因が、企業と求職者のミスマッチです。

例えば、東京商工リサーチの調査によると、企業が求める人材と、実際に応募してくる求職者のスキルや経験が合致しないケースが多く見られます。また、給与や勤務条件などの面でも、企業側の提示と求職者の希望が噛み合わないことが少なくありません。

特に中小企業では、大企業と比べて知名度や待遇面で見劣りすることも多く、優秀な人材の確保に苦戦している実態があります。

このように、人手不足問題は構造的な要因が絡み合って生じています。単純に「人を増やせばいい」という問題ではないのです。

次は、業界別に人手不足の現状を詳しく見ていきましょう。それぞれの業界が抱える固有の課題が見えてくるはずです。

業界別人手不足の現状

人手不足と一言で言っても、業界によってその深刻さや原因は様々です。ここでは、特に人手不足が顕著な5つの業界について、その現状と特徴的な課題を見ていきましょう。

■物流・運送業

物流・運送業界では、eコマースの急成長に伴う需要増加に対し、ドライバーの確保が追いついていません。

  • 現状:全日本トラック協会の調査によると、トラックドライバーの有効求人倍率は2.81倍(2023年)と、全職種平均の1.21倍を大きく上回っています。
  • 特徴的な課題:長時間労働や不規則な勤務形態、車両の運転という肉体労働のイメージが若者の就職希望を妨げています。

■建設業

建設業界では、高齢化と若手の入職減少が大きな問題となっています。

  • 現状:国土交通省の調査によると、建設業就業者の約3分の1が55歳以上である一方、29歳以下は約1割にとどまっています。
  • 特徴的な課題:きつい、危険、汚いという「3K」のイメージが根強く、若手の確保が難しい状況が続いています。

■サービス業(飲食・宿泊)

サービス業、特に飲食・宿泊業では、コロナ禍からの回復に伴い人手不足が顕在化しています。

  • 現状:日本フードサービス協会の調査では、飲食店の約8割が人手不足を感じていると回答しています。
  • 特徴的な課題:シフト制や夜間勤務など不規則な勤務形態、接客によるストレスなどが人材確保の障壁となっています。

■医療・介護・福祉

高齢化社会の進展に伴い、医療・介護・福祉分野の人材不足は深刻さを増しています。

  • 現状:厚生労働省の推計では、2040年には約69万人の介護職員が不足すると予測されています。
  • 特徴的な課題:身体的・精神的負担の大きさに比べ、給与水準が低いことが人材確保の大きな障壁となっています。

■IT業界

デジタル化の加速により、IT人材の需要が急増しています。

  • 現状:経済産業省の調査によると、2030年にはIT人材が約45万人不足すると予測されています。
  • 特徴的な課題:技術の進歩が速く、常にスキルアップが求められる環境が、人材の確保と定着を難しくしています。

これらの業界別の状況を見ると、人手不足問題は単に「人が足りない」という量の問題だけでなく、働き方や待遇、イメージなど質的な面での課題も大きいことがわかります。

次は、このような人手不足が企業にどのような影響を与えるのか、具体的に見ていきましょう。

人手不足が企業に与える影響:

人手不足は、企業活動に様々な影響を及ぼします。ここでは、特に中小企業が直面しやすい3つの主要な影響について詳しく見ていきましょう。

■業務効率の低下

人手が足りないと、まず目に見えて現れるのが業務効率の低下です。

  • 具体例:
    • 1人あたりの業務量増加により、ミスや手戻りが増える
    • 納期遅延や顧客対応の質低下につながる
    • 新規案件や改善活動に手が回らなくなる

ある製造業の中小企業では、人手不足により品質管理の時間が削られ、不良品率が前年比15%上昇したという事例もあります。

■従業員の過重労働と離職率の上昇

人手不足は、残っている従業員の負担を増大させ、心身の健康に影響を与えかねません。

  • 具体例:
    • 残業時間の増加によるワークライフバランスの崩壊
    • ストレス増加によるメンタルヘルス不調の増加
    • 「ブラック企業」のイメージ定着による更なる人材確保の困難化

ある小売業では、人手不足による過重労働が原因で、1年間で正社員の20%が退職するという事態に陥りました。

■事業拡大の機会損失

十分な人材を確保できないことで、新規事業や市場拡大のチャンスを逃す可能性があります。

  • 具体例:
    • 新規顧客からの注文を断らざるを得ない状況の発生
    • 新商品開発や新規事業立ち上げの遅延
    • 競合他社に市場シェアを奪われるリスク

IT企業のAさんは、「人手不足で新規案件に対応できず、年間で約5000万円の売上機会を逃した」と語っています。

これらの影響は、短期的には売上や利益の減少につながり、長期的には企業の成長や存続そのものを脅かす可能性があります。

しかし、こうした状況に直面しているからこそ、今こそ抜本的な対策を講じるチャンスでもあります。次は、人手不足を解消するための5つの具体的な対策を紹介します。これらの対策を上手く組み合わせることで、人手不足問題を乗り越え、さらなる成長への道を開くことができるでしょう。

人手不足を解消する5つの対策

人手不足問題は深刻ですが、決して解決不可能ではありません。ここでは、即効性があり、かつ持続可能な5つの対策を詳しく見ていきましょう。

a) 採用戦略の見直し

従来の採用方法にこだわらず、新しいアプローチを試してみましょう。

  • 具体策:
  • 求人媒体の多様化(SNSやクチコミサイトの活用)
  • 職務内容や求める人物像の明確化
  • 柔軟な勤務形態の導入(リモートワーク、フレックスタイム等)
  • 福利厚生の充実(社員旅行、研修制度等)
  • 成功事例:
    ある中小IT企業では、「急成長中のベンチャーで自分の力を試したい人募集!」という斬新な求人で、3ヶ月で10名の優秀な人材を獲得できました。

b) 業務プロセスの効率化

無駄な作業を省き、少ない人数でも高い生産性を実現しましょう。

  • 具体策:
  • 業務フローの可視化と分析
  • 不要な会議や報告書の削減
  • 標準化とマニュアル化の推進
  • タスク管理ツールの導入
  • 成功事例:
    ある製造業では、業務プロセスの見直しにより、1日あたりの生産量を20%増加させつつ、残業時間を30%削減することに成功しました。

c) テクノロジーの活用(AI・RPA)

AIやRPAを活用し、定型業務の自動化を進めましょう。

  • 具体策:
  • 請求書処理や給与計算のRPA化
  • カスタマーサポートへのチャットボット導入
  • データ入力や分析作業の自動化
  • IoTを活用した生産管理
  • 成功事例:
    ある小売チェーンでは、在庫管理にAIを導入し、発注業務の工数を60%削減。同時に欠品率も5%改善しました。

d) 多様な人材の活用(女性・シニア・外国人)

従来の枠にとらわれず、多様な人材の力を借りましょう。

  • 具体策:
  • 女性が働きやすい環境整備(育児支援、復職プログラム等)
  • シニア層の経験を活かせる職務設計
  • 外国人材の積極的採用と教育支援
  • 障がい者雇用の推進
  • 成功事例:
    ある建設会社では、シニア社員をメンターとして若手の教育に活用。技術の伝承と若手の定着率向上に成功しました。

e) アウトソーシングの導入

すべての業務を自社で抱え込まず、外部の力を借りることも検討しましょう。

  • 具体策:
  • バックオフィス業務(経理、人事等)の外部委託
  • 専門性の高い業務(IT開発、デザイン等)の外注
  • 繁忙期の一時的な人材派遣の活用
  • 事務代行サービスの利用
  • 成功事例:
    ある中小企業では、経理・総務業務をアウトソーシングすることで、社内の人的リソースを core 業務に集中させ、売上を前年比30%アップさせました。

これらの対策は、単独でも効果がありますが、複数を組み合わせることでより大きな成果が期待できます。自社の状況に合わせて、最適な組み合わせを見つけていきましょう。

次は、特にアウトソーシングについて、そのメリットと導入時の注意点を詳しく見ていきます。

アウトソーシング活用のメリットと注意点

アウトソーシングは、人手不足解消の有効な手段の一つです。ここでは、アウトソーシングの主なメリットと、導入時に気をつけるべきポイントを詳しく見ていきましょう。

■コスト削減と専門性の確保

  • メリット:
  • 正社員雇用に比べて人件費を抑えられる
  • 社会保険や福利厚生の負担が不要
  • 専門知識やスキルを持つ人材をすぐに活用できる
  • 具体例:
    ある中小企業では、経理業務をアウトソーシングすることで、年間の人件費を約30%削減。さらに、専門家のアドバイスにより税務申告の最適化も実現しました。

■業務の質と効率の向上

  • メリット:
  • 経験豊富なプロフェッショナルによる高品質な業務遂行
  • 最新のツールや技術を活用した効率的な業務処理
  • 社内リソースをコア業務に集中させられる
  • 具体例:
    IT企業のBさんは、「Web制作をアウトソーシングしたことで、納期が平均2週間短縮。クライアントの満足度も向上しました」と語っています。

■柔軟な対応力

  • メリット:
  • 業務量の変動に応じて利用規模を調整できる
  • 新規プロジェクトや一時的な業務増加にも対応可能
  • 24時間対応や海外対応など、自社だけでは難しいサービスの提供
  • 具体例:
    EC事業を展開するCさんは、「繁忙期のカスタマーサポートをアウトソーシングすることで、売上を落とすことなく人件費を最適化できました」と話しています。

■導入時の注意点

アウトソーシングには多くのメリットがありますが、導入時には以下の点に注意が必要です:

  1. 情報セキュリティの確保
  • 個人情報や機密情報の取り扱いルールを明確にする
  • NDA(秘密保持契約)の締結を忘れずに
  1. コミュニケーションの円滑化
  • 定期的な報告会や進捗確認の仕組みづくり
  • オンラインツールを活用した情報共有の徹底
  1. 品質管理
  • 期待する成果物の品質基準を明確に伝える
  • 途中段階でのチェックポイントを設定する
  1. 社内の理解と協力
  • アウトソーシング導入の目的と期待効果を社内で共有
  • 既存社員の業務変更に伴う不安への対応
  1. 適切なパートナー選び
  • 実績や専門性、対応可能な業務範囲の確認
  • 相性の良さや長期的な関係構築の可能性を重視

アウトソーシングを成功させるカギは、これらの注意点を踏まえつつ、自社の状況に最適なサービスを選ぶことです。

次は、人手不足解消に効果的なアウトソーシングサービスの一例として、リルデイジーの事務代行サービスをご紹介します。多くの中小企業が抱える課題を、どのように解決できるのか、具体的に見ていきましょう。

リルデイジーの事務代行サービス紹介

パソコンで出来る業務なら何でもお任せ下さい

人手不足解消の強力な味方として、ここではリルデイジーの事務代行サービスをご紹介します。リルデイジーは、中小企業の皆様の業務効率化を全面的にサポートする、オンラインベースの事務代行サービスです。

■サービスの特徴と強み

  1. 女性専属ディレクター制
    • きめ細やかな対応と柔軟な発想で、あらゆる業務をサポート
    • 女性ならではの視点で、細部まで行き届いたサービスを提供
  2. オンラインでの業務代行
    • 場所や時間を選ばず、必要な時に必要なだけサポートが受けられる
    • コロナ禍でも安心して利用可能
  3. 幅広い業務に対応
    • バックオフィス業務全般をカバー
    • 経理、総務、人事から、Webサイト運用まで多岐にわたるサポート
  4. チーム制のサポート
    • 複数のスタッフがバックアップするので、安定したサービスを提供
    • 急な対応や大量の業務にも柔軟に対処可能

■対応可能な業務範囲

  • 経理業務:請求書発行、支払い管理、経費精算、給与計算など
  • 総務業務:スケジュール管理、備品発注、各種手配、データ入力など
  • 人事業務:採用サポート、社会保険手続き、研修企画など
  • Webサイト運用:ページ更新、SNS運用、ECサイト管理など

■導入事例と効果

事例1:IT企業A社(従業員50名)
課題:経理担当者の退職により、業務が滞っていた
解決策:リルデイジーに経理業務を全面委託
効果:

  • 経理業務の遅延を解消
  • 経理コストを20%削減
  • 社内スタッフがコア業務に集中できるようになり、新規案件獲得数が1.5倍に

事例2:小売業B社(従業員30名)
課題:繁忙期の人手不足で、顧客対応が追いつかない
解決策:リルデイジーにカスタマーサポート業務を委託
効果:

  • 顧客満足度が15%向上
  • 繁忙期の残業時間を40%削減
  • 売上が前年比25%アップ

事例3:建設業C社(従業員80名)
課題:採用活動に時間がかかり、core 業務に支障が出ている
解決策:リルデイジーに採用関連業務を委託
効果:

  • 採用にかかる時間を半減
  • 質の高い人材の獲得に成功(内定承諾率20%向上)
  • 人事担当者の負担が軽減され、社員教育に注力できるように

リルデイジーの事務代行サービスは、単に人手不足を補うだけでなく、業務の質を向上させ、企業の成長をサポートします。人材採用や教育にかかるコストと時間を考えると、リルデイジーの活用は非常に効率的で、即効性のある解決策といえるでしょう。

まとめ

ここまで人手不足の現状と対策について見てきましたが、いかがでしたか? 確かに簡単な問題ではありませんが、諦める必要は全くありません。

大切なのは、自社の状況をしっかり把握し、できることから一つずつ取り組んでいくことです。採用の工夫、業務の効率化、テクノロジーの活用、そしてアウトソーシングなど、選択肢は意外と豊富にあります。

特に、アウトソーシングは即効性があり、多くの中小企業で成果を上げています。例えば、リルデイジーのような事務代行サービスを利用すれば、経理や総務などの業務を柔軟に外部委託できます。人材採用や教育のコストを考えると、かなり効率的な選択肢と言えるでしょう。

もし「うちの会社にも使えるかな?」と少しでも興味を持たれたなら、まずは気軽に相談ください。

人手不足の解消は、会社の未来を左右する大切な課題です。この機会に、新しい一歩を踏み出してみませんか? きっと、素晴らしい変化のきっかけになるはずです。

人手不足を解消したい企業様はお気軽にご相談下さい

事務のアウトソーシングなら、お気軽にご相談ください







    事務担当が退職を希望したすぐに人手が欲しい月ごとに仕事量が変わるので人を雇えない一つだけでなく複数の業務を依頼したいコストダウンしたい経理や総務も依頼したい


    営業事務・事務経理総務秘書マーケティング・リサーチWebSNS・運用、制作その他






    関連記事

    【初級編】バックオフィス業務とは?事務代行のプロが解説

    経理代行で本業に集中!個人事業主向けに解説

    名寄せの効率的な方法とは?エクセル活用のコツから外注活用まで徹底解説

    スタートアップが事務作業を外注すべき5つの理由とは?

    人事・労務管理業務の負担を減らす方法とは?業務効率化のコツを伝授!

    Instagram(インスタグラム)の商用・企業アカウントで、1000フォロワー獲得する5つの具体的なテクニックと代行業者を紹介

    PAGE TOP