事務代行リルデイジーはオンラインでアシスタントが業務を代行し、人手不足を解消するサービスです

中小企業と大企業の経理の違いを検証!中小の経理はなぜ大変なのか

中小企業の経理担当者の皆さん、こんな悩みを抱えていませんか?

「毎日の業務に追われて、なかなか効率化する余裕がない…」
「大企業と比べて人手が足りず、一人で何役もこなさないといけない」
「専門知識が不足していて、最新の制度改正についていけない」

これらは、多くの中小企業の経理担当者が日々直面している課題です。大企業の経理部門と比べると、中小企業の経理は確かに「大変」と感じる場面が多いものです。

本記事では、中小企業と大企業の経理業務の違いを詳しく検証し、なぜ中小企業の経理が大変だと感じるのか、その理由を探っていきます。さらに、その課題を克服するための効率化のポイントもご紹介します。

経理業務に日々奮闘されている皆さんに、少しでも役立つ情報をお届けできれば幸いです。それでは、中小企業の経理業務の実態から見ていきましょう。

中小企業の経理業務の実態

中小企業の経理業務は、大企業と比べて少人数で幅広い業務をこなす必要があります。ここでは、典型的な中小企業の経理業務を日常、月次、年次、決算、その他の業務に分けて見ていきましょう。

日常業務:
・現金出納管理
・銀行口座の入出金確認
・請求書や領収書の整理
・経費精算処理
・仕訳入力

日々の取引を正確に記録することが、後の月次、年次業務の基礎となります。ある製造業の経理担当者は「毎日の入力作業が遅れると、あっという間に処理すべき伝票が山積みになってしまう」と話します。

月次業務:
・売掛金、買掛金の管理
・固定費の支払い処理
・給与計算・支払い
・月次試算表の作成

月末になると、様々な締め作業が集中します。「月末は残業続きで、他の業務に手が回らない」というのは、多くの中小企業の経理担当者の共通の悩みです。

年次業務:
・年末調整
・法定調書の作成
・償却資産税の申告

年に一度の大きな山場です。特に年末調整は、従業員全員の書類を確認する必要があり、大きな負担となります。

決算業務:
・決算整理仕訳
・財務諸表の作成
・税務申告書の作成

決算期は経理担当者にとって最大の繁忙期です。「決算前は毎日終電近くまで残業。家族との時間もほとんど取れない」と嘆く声も少なくありません。

その他の業務:
・資金繰り管理
・予算策定・管理
・税務調査対応
・社会保険関連の手続き

中小企業の経理担当者は、純粋な経理業務以外にも多くの役割を担っています。「総務や人事の仕事まで兼務している」という声もよく聞かれます。

中小企業の経理業務は多岐にわたり、少人数で対応しなければならないのが現状です。次は、こうした中小企業の経理の「大変さ」を、大企業との違いから詳しく見ていきましょう。

大企業との違いから見る中小企業経理の課題

中小企業の経理が「大変」と感じる背景には、大企業との経営環境の違いがあります。ここでは、その主な違いと、それによって生じる課題を見ていきましょう。

  1. 人手不足

大企業:専門化された部署や担当者が多数いる
中小企業:少人数で幅広い業務をこなす必要がある

ある中小企業の経営者は「うちの経理は1人で全てをこなしています。病気や休暇で不在になると業務が完全にストップしてしまうんです」と話します。人手不足は、中小企業経理の最大の課題の一つといえるでしょう。

  1. 業務範囲の広さ

大企業:経理、財務、税務などの業務が細分化されている
中小企業:経理担当者が幅広い業務を担当

「経理だけでなく、人事や総務の仕事まで任されています。専門性を高める時間がなかなか取れません」という声も多く聞かれます。幅広い知識が求められる一方で、それぞれの業務に十分な時間を割けないというジレンマがあります。

  1. ITツール導入の遅れ

大企業:最新のERPシステムなど、高度なITツールを導入
中小企業:エクセルや紙ベースの管理が多い

「高額なITツールを導入する予算がなく、手作業での処理が多いです」という中小企業は少なくありません。これにより作業効率が上がらず、ミスのリスクも高まります。

  1. 専門知識の不足

大企業:専門部署や外部専門家との連携が容易
中小企業:最新の法改正や会計基準の情報収集が困難

「インボイス制度の導入や電子帳簿保存法の改正など、次々と変わる制度についていくのが大変です」という声も。専門知識を更新する機会や時間の確保が難しいのが現状です。

これらの違いは、中小企業の経理担当者に大きな負担をかけています。ある経理担当者は「大企業の知人と比べると、仕事の量も質も大きく違います。でも、だからこそやりがいもあるんです」と話します。

確かに、課題は多いものの、中小企業ならではの魅力もあります。次は、これらの課題を克服し、効率的な経理業務を実現するためのポイントを見ていきましょう。

中小企業の経理を効率化するポイント

中小企業特有の経理の課題を見てきましたが、ここからはその解決策として、効率化のポイントを紹介します。

  1. 業務プロセスの見直し

まずは現状の業務フローを可視化し、無駄な作業や重複している作業がないか確認しましょう。

ある小売業の経理担当者は「業務フローを図にしてみたら、同じデータを何度も入力していることに気づきました。それを改善しただけで、月に10時間ほど時間が節約できました」と話します。

ポイント:
・業務の棚卸しを行い、フローチャートを作成する
・必要性の低い作業は思い切って廃止する
・似たような作業はまとめて効率化を図る

  1. 中小会計要領の活用

中小企業庁が公表している「中小会計要領」を活用することで、会計処理の負担を軽減できます。

「最初は簡略化して大丈夫かな?と不安でしたが、導入してみると決算作業が格段に楽になりました」という声も。

ポイント:
・中小会計要領の内容を確認し、自社に適用できる部分を検討する
・税理士や会計士に相談し、適切な導入方法を確認する

  1. ITツールの戦略的導入

予算に応じて、効果的なITツールを導入しましょう。全てを一度に導入する必要はありません。

ある製造業の経理責任者は「まずは給与計算ソフトを導入しました。年末調整の作業時間が半分になり、他の業務に集中できるようになりました」と効果を語ります。

ポイント:
・自社の課題に合わせてツールを選定する
・クラウド型のサービスなら初期投資を抑えられる
・導入後の運用体制も考慮して選ぶ

  1. アウトソーシングの活用

全ての業務を社内で行う必要はありません。専門性の高い業務や定型作業は、外部のプロフェッショナルに任せることで、質の向上とコスト削減を同時に実現できます。

「給与計算や経費精算をアウトソーシングしたことで、戦略的な業務に時間を割けるようになりました」というIT企業の経営者もいます。

ポイント:
・自社の強みに集中し、それ以外の業務はアウトソーシングを検討する
・段階的に導入し、効果を確認しながら範囲を広げる
・信頼できるパートナーを選ぶ

これらの方法を組み合わせることで、中小企業の経理業務も大きく効率化できます。次は、実際にこれらの方法を導入して成功した事例を紹介します。

経理業務効率化の成功事例

ここでは、実際に経理業務の効率化に成功した中小企業の事例を紹介します。ITツールの導入とアウトソーシングの活用、それぞれの観点から見ていきましょう。

ITツール導入による改善例:

case 1: 小売業A社(従業員50名)

課題:請求書の発行と管理に多くの時間を要していた

導入したツール:クラウド型の請求書管理システム

効果:
・請求書発行時間が1/3に短縮
・入金管理の正確性が向上し、督促業務が半減
・請求書の保管スペースが不要になり、オフィスが整理整頓

A社の経理担当者は「導入当初は操作に戸惑いましたが、慣れてくると圧倒的に楽になりました。経費精算にも活用できそうです」と話します。

case 2: 製造業B社(従業員80名)

課題:給与計算と年末調整に膨大な時間がかかっていた

導入したツール:クラウド型の給与計算・年末調整ソフト

効果:
・給与計算時間が月あたり2日から半日に短縮
・年末調整作業が1週間から2日に短縮
・人為的ミスが大幅に減少

B社の人事部長は「従業員からの問い合わせ対応も減り、本来の人事戦略に時間を割けるようになりました」と効果を語ります。

アウトソーシング活用による改善例:

case 3: サービス業C社(従業員30名)

課題:経理担当者1名で全ての業務をこなしており、残業が常態化

アウトソーシングした業務:日次の仕訳入力、月次決算書の作成

効果:
・経理担当者の残業時間が月40時間から5時間に激減
・決算書の精度が向上し、経営判断のスピードアップにつながった
・急な休暇取得が可能になり、働き方改革にも貢献

C社の経営者は「最初は外部に任せることに不安がありましたが、むしろ正確性が増して安心感が高まりました」と評価しています。

これらの事例から、適切なITツールの導入やアウトソーシングの活用が、中小企業の経理業務効率化に大きな効果をもたらすことがわかります。

ただし、ツールやサービスの選定には慎重な検討が必要です。自社の状況に合わせて、段階的に導入していくことがポイントでしょう。

次は、中小企業の経理業務効率化を支援するリルデイジーのサービスについて詳しく見ていきます。

リルデイジーの経理アウトソーシングサービス

中小企業の経理業務効率化を強力にサポートする選択肢として、リルデイジーの経理アウトソーシングサービスがあります。ここでは、サービスの特徴、導入メリット、そして活用事例を紹介します。

サービスの特徴:

  1. 専属女性ディレクター制:
    経験豊富な女性ディレクターが担当し、きめ細やかなサポートを提供します。「女性ならではの気配りで、細かな要望にも柔軟に対応してくれる」と、多くの利用企業から好評です。
  2. 幅広い業務範囲:
    経理、総務、人事、Webサイト運用など、バックオフィス業務を網羅的にカバー。「1つの窓口で様々な業務を依頼できるので、管理が非常に楽になった」という声も聞かれます。
  3. リモートワーク対応:
    オンラインでのサポートが基本なので、場所や時間の制約を受けずに業務を依頼できます。
  4. 柔軟な料金プラン:
    必要な時間だけ利用できる料金体系で、コスト効率の良いサービス利用が可能です。

導入メリット:

  1. 業務効率の大幅な向上:
    専門スタッフによる効率的な業務処理で、社内の生産性が向上します。
  2. コスト削減:
    正社員雇用と比較して、人件費や福利厚生費を抑えられます。
  3. 専門知識の活用:
    最新の会計基準や税制改正にも精通した専門家のサポートが受けられます。
  4. 本業への集中:
    経理業務の負担が軽減され、経営者や社員が本業に集中できるようになります。

活用事例:

製造業D社(従業員60名)の場合:

課題:
・経理担当者の急な退職により、業務が滞っていた
・決算期が迫る中、新たな人材の採用・育成が間に合わない

リルデイジー活用後の効果:
・迅速な業務引き継ぎにより、経理業務の停滞を回避
・決算業務を予定通り完了
・前年比で決算関連の残業時間が40%削減
・経営者が財務戦略立案に集中できるようになった

D社の経営者は次のように語っています。「人材採用の手間と時間を省け、しかも専門性の高いサポートが受けられて一石二鳥でした。経理の質が向上し、経営判断のスピードも上がりました」

リルデイジーのサービスは、中小企業が抱える経理の課題を解決し、業務効率化を実現するための強力なツールとなります。自社の状況や課題に合わせて、サービスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

中小企業の経理は人手不足や業務範囲の広さ、ITツール導入の遅れなど、多くの課題に直面しています。しかし、業務プロセスの見直しやITツールの導入、アウトソーシングの活用など、効率化の方法は多くあります。小さな改善から始め、徐々に変化を生み出していくことが重要です。リルデイジーのような専門サービスを活用すれば、より迅速かつ効果的に業務改善を進められるでしょう。経理担当者の皆さん、効率化で生まれた時間を自己研鑽やキャリアアップに活用してください。経理業務の改善について、お困りの点があればリルデイジーにお問い合わせください。皆様の経理業務効率化を全力でサポートいたします。

中小企業の経理について、業務効率化を行いたい方はお気軽にお問合せください

事務のアウトソーシングなら、お気軽にご相談ください







    事務担当が退職を希望したすぐに人手が欲しい月ごとに仕事量が変わるので人を雇えない一つだけでなく複数の業務を依頼したいコストダウンしたい経理や総務も依頼したい


    営業事務・事務経理総務秘書マーケティング・リサーチWebSNS・運用、制作その他






    関連記事

    人事・労務管理業務の負担を減らす方法とは?業務効率化のコツを伝授!

    SNS運用のコツとオンラインアシスタントの企業SNS運用代行をご紹介

    社員一人あたりの本当のコストとは?中小企業のための5つの人件費適正化戦略

    TikTok運用のプロに任せる?2024年注目の代行サービス10選と賢い選び方

    請求業務はプロに任せて効率アップ:代行サービス活用ガイド

    失敗しないデザイン発注のコツ!中小企業向けおすすめサービス9選

    PAGE TOP